前田日記(写真集)
ブログトップ
青柳さんと副団長の野球旅
青柳さんと副団長が、
専修大学と東京農大との東都大学春季リーグ戦を観戦したようだ。

副団長は農大出身ではあるが、
勿論、直樹と泰成がいる専大を応援するために旅に出たのだろう!?

直樹はオープン戦から調子が良く、試合に出場していた。
しかし、不運な怪我により2回目の手術を終えたばかりだ。

このような辛さ、悔しさ、苦しみは、経験した本人でしか分からない。
逆に本人でしか分からないほうが良い。

人生、過去はすべて経験となる。
どんなに辛い過去であっても、どんなに楽しい過去であっても、
それは全て過ぎ去った出来事、経験である。
その経験したという事実を生かすも殺すも本人の意思一つで決まる!
どうせなら、辛い経験ほど生かすべきだし、生かさなければならない。
その結果、
耐え抜いて生かしたことが更に良き大きな素晴らしい経験となってゆく。
e0089732_14315794.jpg

先日、電話で話をした時、
直樹が、それを生かそうとしている気持ちを
私は十分に感じ取ることができた。

過ぎ去った辛い出来事は将来、喜びを与えてくれる。
その時にその出来事を振り返ってみよう。
そうすれば決して後悔とはならない。
がんばろうぜ!直樹!

副団長と青柳さんは、泰成には会うことができなかったようだが、
先日の泰成との電話では、
爽やかでもあり、ハキハキとしたキレのある声を聞かせてくれた。
充実した日々を送っていると感じさせてくれる声でもあった。
中学時代とはまた違った先輩後輩の関係を築き上げてゆくことだろう。
がんばれ!泰成!

また、もう一人。
久しぶりに友と会うことができたようだ。
副団長から写真が送られてきたのだが、
あの頃からは想像がつかないくらいに凛々しい大人の顔になっていた。
友といっても友達の友ではない(笑)
重松友である。

当時、友は頻繁に私に質問をしてくれていた。
そして、アドバイスしたことをすぐに実行する選手だった。
目がクリっとしていて優しい顔をしていたが、
確りとした目標を持ち、積極性もあり、いつも前向きな少年だった。
e0089732_14322387.jpg

残念ながらその先、指導することができなかったが、
今、こうして元気でいることが何より嬉しい。

逞しくなった友の姿を一度は見に行きたいと思う。
がんばれよ!友!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-06 14:29 | 【前田日記】