前田日記(写真集)
ブログトップ
野球旅~直人 祐樹 龍之介 正児 貴 & 遠隔応援 庸多 孝至 柾海 健人
一昨日の旅の疲れもなんのその、
昨日からの野球旅も神宮球場から始まった。

直人に感動!
アップからシートノック、そして試合中全てに存在感があり、
直人の動きや声が止まることがない。
素晴らしいプレーヤーになっている。

コーチャーズボックスにいても、ベンチにいても、
神宮のグランドを我が庭の如く、元気いっぱいに野球をしている姿が、
驚きと感動を与えてくれた。
次もがんばれ!直人!
e0089732_314138.jpg


e0089732_3142389.jpg


e0089732_3143284.jpg


春に続き、エースナンバーを背負い、チームの柱となった祐樹。
昨年のマウンドとは違った雰囲気を感じた。
落ち着いていると云ったらよいのか、集中力が増したと云ったらよいのか、
背番号1に相応しい夏を迎えたと感じる。
次もがんばれ!祐樹!
e0089732_3145820.jpg


e0089732_31574.jpg


e0089732_3151630.jpg

神宮球場では、
祐樹父様、孝至父様と会うことができた。
記念撮影を忘れてしまった。
m(_ _)m
そして、昨日も会うことができたスーパー美女軍団とも会うことができた。
蛍母様!
乃基母様!
侑希母様!
最高―!\(~o~)/
e0089732_315397.jpg

直人と祐樹の勝利を確信し府中市民球場にいる龍之介のもとへ。
球場に到着し、
内野手を見ても守備位置に就く選手の中に龍之介がいない。
すると、
将平母様と会うことができ、龍之介のことを教えてくれた。
どうやら、体が万全ではなくベンチスタートのようだ。
将平母様は夜行バスでの陸奥野球旅の疲れもなさそうで(笑)
元気いっぱいだった。
e0089732_316945.jpg

そこへ、坊主頭の好青年が現れた。
「前田コーチ!こんにちは!」
『おー!元気にやっとるか!』
自分に気合を入れているのだろうか?(笑)
大学生になっても坊主頭である(^_-)-☆

寮生活では、1年は起床も早く主夫状態のようだが、
大学野球が楽しくてたまらない!といった表情をしている。
泰成!直樹先輩のいう事を、ちゃんと聞くんだぞ(笑)
高校生からは少し脱皮して、大人に近づいたイイ顔になっていた。
泰成!これからもがんばれよ!
e0089732_3164533.jpg

私は一目、龍之介の姿を見ようと、
相手側のスタンドから三塁側ベンチ内を捜すと、すぐに龍之介とわかり、
ベンチにいても、立派なキャプテンに成長した姿を見せてくれた。
回は進み、次の移動のことを考えて、そろそろ出発しよう!と思ったとき!
「りゅうのすけーーーっ!
「おおかわーーーーっ!」
という声で三塁側スタンドが歓声に沸いた。
なんだ!この声援は!
この声援こそ、龍之介への信頼の表れなのであろう。

『よし!代打だ』
e0089732_3543352.jpg


e0089732_3544638.jpg

泰成母様と私は立ち上がって出場を喜んだ。
しかも、チャンスの場面!
大きく、ゆっくり打席に向かう龍之介を見ながら祈った。
そして、しっかりと捉えた打球は内野手の間を抜け、
タイムリーヒット!!
e0089732_3551262.jpg

泰成母様と私は跳び上がって喜んだ
\(^o^)/
龍之介母様と抱き合って喜んだ
\(^o^)/
龍之介!次もがんばれ!
e0089732_3175141.jpg


e0089732_318338.jpg

そして、龍之介の勝利を祈りながら
富士北麓野球場にいる正児のもとへ向かった。

渋滞での焦りを壮大な景色で紛らしながら、無事に富士山の麓に到着。
バックスクリーンの真後ろに雄大な富士の山を望む球場である。
球場に着くと一回裏の攻撃が始まるところだった。
『正児はどこだ?』
と、また独り言を言っている自分を自分で褒めてやりたい
m(__)m
『いた!いた!』
中学時代と同じ仕草をする姿で、すぐに正児と分かったので、
ファーストベースコーチをしている正児の近くに行った。
試合は圧勝であったが、
気を緩めず大きく手を広げてランナーに指示をしていた。
大きくなった背中を見ながら、正児の頑張りを感じた。

辛かった高校1年の時期を乗り越え、ここまで来ている。
乗り越えたからここにいるんだ。
自分の力で乗り越えたから・・・

正児!頑張れ!と願いを込めて強く握手を交わした。
正児!次もがんばれ!
e0089732_318416.jpg


e0089732_3185137.jpg


e0089732_319138.jpg

また、正児母様と正児お姉さんとも会うことができた。
山梨までの応援も、もうひと踏ん張りなので、がんばってほしい。
e0089732_3192664.jpg


柾海が中学1年の頃、私は柾海に
『 いい1番バッターになれよ!』 と言った。
これは今でも全く変わっていない。
柾海の性格とセンスは、1番バッターとして申し分ない!
と判断していたからだ。

1番バッターは 自軍の先頭を切って攻撃を仕掛ける。
観察力や洞察力、そして気持ちを強くもてる選手でなければならない。
ましてや柾海は左打者で俊足である。
柾海の来春が楽しみでならない。
柾海!がんばれ!


さぁ、3連休最後の目的である貴のもとへ向かった。
移動中にみる山々は、清々しく爽やかさを与えてくれた。
あっという間に松本市野球場に到着。

到着後すぐにブルペンに向かった。
投球練習を受けていた貴の背中をジーっと見ていると、
背中に何かを感じたのか?
後ろを振り向き見つかってしまった(笑)
e0089732_3205685.jpg

さぁ、試合開始!
終始、貴はリリーフ投手の準備を手伝っている。
ときには、マウンドにいる投手の練習投球を受けている。

試合は常に相手ペースで進んでおり、
私は、落ち着かず大きなスタンドの端から端までを歩き回った。
しかし、どの場所からも貴の姿に目を向けていた。
5点をリードされたときも、貴は投手の準備をしている。

貴に守ってもらいたい・・・

最後まで相手優位で進んできた最終回。
私は、反対側からベンチにいる貴の姿を見つめた。
ベンチからここまで届く声は貴の声だった。
e0089732_321244.jpg

打順は上位である。
貴に打席はないのか・・・
最後の夏に・・・

ゲームセットの瞬間、
一度、空を見上げた後、グランドに視線を戻し、貴の姿を追った。

貴に会ったら、どんな言葉を掛けてやればいいのか分からない。
球場から出てきた貴に、
『貴!』 と声をかけた。

涙が溢れている目をみながら、私は握手をした。
「すいませんでした・・・」と言う貴を抱きしめながら、
私も涙が溢れてきた。

『すいませんなんて無い』

『がんばったな・・・
がんばった・・・ 
こんなに遠くに来て
最後までよくがんばった・・・』

貴は、何度も何度も
『すいませんでした』と言っていた。
いや、言ってくれた・・・

チームの勝利のこと・・・
今日の自分のこと・・・
今日までの自分のこと・・・
e0089732_322524.jpg

貴!
今日はいいんだ・・・
泣いていいんだ・・・

貴!明日からがんばろうぜ!

貴父様とも記念にと、今日の日を写真にした。
e0089732_3244012.jpg

今日の日が人生で最も想い出に残る日の一つとなり、
今日までの努力が報われる日、
その日が必ずやってくると私は信じている。

・・・前田 隆

応援団員(兼名カメラマン)である陽夏は、
私の涙を見てウルウルしていた。

応援団員の爽は、
「なんで?父ちゃんが泣いてる!」というような、
この世のものとは思えない、
不思議の世界に迷い込んだ顔をしていた(笑)
e0089732_327116.jpg

移動中の車の中では、みんなの顔を思い出していた。
また、龍之介や貴と電話で話をすることができた。
正児は携帯禁止にも慣れてきたので、
一生携帯要らずで通してみては?(笑)
旅では、いろんなことを見たり感じたりすることができる。

これまでに御会いすることできた方々に感謝している。
そして、感動を与えてくれる子供達にも感謝している。
明日からも、みんな!がんばろう!

その他の写真集は明日の夜、前田日記(写真集)に載せよう!
今日はもう休むとしよう。


【東東京大会】3回戦 神宮球場 

二松学舎大付
11=211013030
 6=010000500
東京都市大付


【西東京大会】2回戦 府中市民球場

専大付
3=000000300
1=000000001
久留米西


【山梨大会】3回戦 富士北麓球場

峡南
 0=00000
10=9100×
東海大甲府
(5回コールド)


【西東京大会】2回戦 上柚木公園野球場

私武蔵
6=100023000
5=001200020
早大学院


【長野大会】4回戦 松本市野球場

東京都市大塩尻
3=001110000
8=20030300×
松本第一


【東東京大会】4回戦 神宮球場
日大一
 0=000000
10=430003×
帝京
(6回コールド)


【岡山大会】2回戦 倉敷市営球場

岡山理大付vs興譲館
(雨天中止)


【埼玉大会】4回戦

羽生一
2=0020000
9=061200×
聖望学園7回コールド


・・・前田隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2009-07-20 23:46 | 【前田日記】