前田日記(写真集)
ブログトップ
4期生達へ
4期生達!そして5期生も6期生も、みんな頑張った!

あどけない顔をして
東京青山シニアに入部してきた時から6回目の夏を迎えた4期生達!
それまでには何度も廻ってきた春、秋、冬と、
それぞれの想い出があると思う。
春の為の冬だったり、夏のための春だったり、一年後の為の今日だったり・・・

長い人生の中の一つの夏、3年生にとっては高校生最後の夏が終わった。
あの頃と今の彼らでは思った以上に見違えるほど心が成長していた。

ここまでくるには、悔しいことや苦しいこと、辛いことがあっただろう。
それは、
これからもっと逞しくなってゆく為の素晴らしい経験だった。

この先、彼らは大人になり父親になり御爺さんになってゆく。
人間として素晴らしい男になるための準備が整った。
また、新しい夢を追い続けるための準備が整ったとも云える。

さぁ!
将来の大きな夢を掴むための夏が始まった。
これからも、
どんなに悔しいことがあっても、
どんなに苦しいことがあっても、
どんなに辛いことがあっても、
どんなに哀しいことがあっても、

この夏を精一杯やってきた彼らだから、
そんな苦労を跳ね返す力が十分に備わったと確信している。
みんな、次の目標に向かって一生懸命に頑張ってほしい。

“夢に敗れうつむいた時、足元に新しい夢が見つかる”


彼らと出会った頃のことを書こう。

[正児]
青茶色い瞳と八重歯をキラキラさせて、ハキハキとした返事を返してくれた。

[侑希]
ノックを終えた私に、いち早く麦茶や冷シボを持ってきてくれた。

[乃基]
男は黙って〇〇という雰囲気をもって少し照れながら話しかけてくれた。

[龍之介]
闘争心むき出しだったグランド内を離れると
ニコニコしながら私の顔を見てくれた。

[祐樹]
無類の負けず嫌いであり悔しさを表に出せる選手で、
私に根拠ある主張をして感心させてくれた。

[貴]
すばり!私を癒してくれた。
ノックで失われた私の体力を貴の声や表情が回復させてくれた。

[直人(重谷)]
すきあらば、私にイタズラをしたいのか、不敵な微笑みを送ってくれた。

[庸多]
控え目な性格かと思いきや、ときには野生児のような表情を見せて
驚かせてくれた。

[裕太]
貴重な存在であり、私に日々いろいろな発見をさせてくれた。

[博之]
確りとした考えを持ち、率直で明確な返答をしてくれた。
博之!
今、一生懸命に取り組んでいることを、これからも頑張っていこうな!

[淳]
いつもニコニコしていて、優しくて爽やかに接してくれた。

[直人(吉田)]
キョトンとした丸い目で、興味津々に私を見つめてくれた。

以上(^_^)


夢の舞台!
聖地!甲子園へ向かう庸多へ!

辛いことやプレッシャーを見事に跳ね除けてきたな。
優勝した瞬間!
それは、庸多が背負ってきたことのすべてが解き放たれた最高の瞬間だった。
マウンドでの姿、打席、ガッツポーズ、そして最後に見せた涙・・・。

みんなの心も一緒に甲子園へ連れて行ってくれよ!
かつて、10人の先輩達が、そうしてきたように。
また、5期生の孝至!健人!
甲子園のすべてを肌で感じてきて来年に繋げてほしい。


今年も私は彼らに感動させてもらった。
感動させてくれたことに感謝したい。
いい男になった彼らを、これからも応援してゆこう。


蛍!
蛍への想いは明日、日記に書く。
読んでくれよ!
[PR]
by maeda_takashi | 2009-07-31 07:06 | 【前田日記】