前田日記(写真集)
ブログトップ
第82回選抜高校野球大会~佳蓮 孝至
21日に甲子園球場で開幕した”第82回選抜高校野球大会”

7年ぶり2回目の出場となった盛岡大付の佳蓮が、
昨日の2試合目に登場した。

天候は良くなかったが、甲子園球場の芝生、そして土を肌で感じ、
グランドでは歓を尽くすことができたことだろう。

【1回戦】11:30

盛岡大付(岩手)
4=020100001
5=21010010×
中京大中京(愛知)

佳蓮の元気な声がテレビから聞こえてきた。
(^_^)
負けはしたが、甲子園球場に大声を刻み込み、
仲間との良き経験となったことだろう。

最後の夏に向けて突き進め!

・・・前田隆

【記事】
◇ひたむきな姿勢、自慢の声で鼓舞--奥泉佳蓮内野手

打席の槻舘洋弥捕手に向かって叫んだ。
「心で勝負しろ」。
その声に後押しされるかのように打球は左前へ。
勝ち越しの走者が生還すると、三塁脇でガッツポーズを繰り返した。
「今までの野球人生で一番うれしかった」。
昨秋の東北大会準決勝。
八回表の仲間の活躍をそう振り返る。

新チーム結成以降、公式戦すべてでサードコーチャーを務めた。
例え試合でプレーする機会は無くても、
練習ではレギュラーと同じメニューをこなしてきた。
「自分の役割を全力で果たす」。
ひたむきな姿勢と自慢の声でチームを鼓舞する。
・・・毎日新聞社


そして今日は、
3年ぶり14回目の出場となる帝京の孝至が、
2試合目に登場する。

キャプテンとしてチームを引っ張ってきたことに誇りをもって、
堂々と、そして晴れやかに甲子園に立っていることだろう。

【1回戦】11:30

帝京(東京)VS神戸国際大学付(兵庫)

孝至!
がんばれ!

・・・前田隆

【記事】
◇帝京ナイン堂々入場 小林主将「甲子園を実感」

二十一日開幕した選抜高校野球大会の開会式で、
帝京は出場32校のうち8番目に登場。
久保田大智選手(三年)の掛け声に合わせ、
大きく腕を振り上げながらグラウンドの土を踏みしめた。

小林孝至(たかゆき)主将(同)は
「黒土がふかふかで球場の整備のすごさに驚いた。
いよいよ甲子園だと感じた」と話した。
初戦は大会第4日、神戸国際大付が相手だ。
・・・東京新聞社


【1回戦】11:30

帝京(東京)
3=000000120
2=011000000
神戸国際大学付(兵庫)


【2回戦】9:00
三重(三重)
2=0110000000
3=0010000011×
帝京(東京)

延長10回


【準々決勝】
興南(沖縄)
5=001001300
0=000000000
帝京(東京)

エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-03-24 06:55 | 【前田日記】