前田日記(写真集)
ブログトップ
野球旅~柾海
神宮球場のスタンドから、グランドに立つ柾海の姿を追い、
その姿をこの目にしっかりと焼付け、心の底から応援したいと思う。

■西東京大会 準決勝
神宮球場

早大学院 VS 早稲田実(12:30)

がんばれ!柾海!


・・・昨日の夜から悩んでいたことが、2つあった。
それは、今日の準決勝戦終了後に柾海に会うか会わないかということと、
どの場所から柾海を応援しようかということだった。

応援する場所は昨日の夜、寝る前に決めることができた。
外野スタンドからにしようと・・・

それは、スタジアム全体を見渡せる場所から
敢えて柾海一人だけの姿を見つめてみよう。
背番号6を後ろからじっと応援してみよう。という思いからだった。
e0089732_8552880.jpg


e0089732_8553954.jpg


e0089732_8555327.jpg

試合前のアップやキャッチボール、ペッパー、
そして、試合を外野席から見ていると、
柾海の後方に映る満員の内野スタンドが、
これまでの柾海の頑張りを見守ってくれているような気がした。

柾海の打席・・・
柾海の守備・・・
柾海の走塁・・・
柾海の心・・・

その全てを追いかけた。
e0089732_858958.jpg


e0089732_8582078.jpg

一打席目を見て、今日も柾海は絶対に打てる!と思った。
毎打席、『柾海!打てー!ここまで打てー!』と言葉に発した。
最終打席、『頼む!打ってくれ!』と願った・・・

ファーストベースへと走る姿を見ながら、柾海の気持ちを察した。

悔しい・・・
情けない・・・
高校生最後の打席になるかもしれないこの打席で・・・

私も悔しかった。

『私の悔しさは、柾海を応援している者としての悔しさだ。
柾海自身の悔しさは、これからの人生の支えだ』
そう自分に言い聞かせた。


試合終了後、
両校のエール交換を見届けながらも、
昨日のもうひとつの悩みは自分の中で結論が出ていなかった。

今日の試合に勝って、
決勝戦進出が決定した場合には、会わないでいよう。
ということだけは決めていた。
しかし、負けた場合のことで迷っていた。

今、柾海に会ったら私は涙を流してしまうだろう・・・
一緒に頑張ってきた仲間達と涙を流してほしい・・・

そう思って、柾海に会いたくてたまらない気持ちを抑えた。


柾海!
かっこよかったぞ!
モニター画面に映ったアップの表情も、凛々しかったぞ!

時間が経ち、
今日の試合のことを話せるようになった時、色々な話をしような!

がんばったな!
柾海!
e0089732_8585734.jpg

今日の試合に駆けつけてくれた大志母様のお陰で
炎天下の中、楽しく応援をすることができた。

大志も来年の春と夏に向けて頑張っているようですね。
今日は本当にありがとうございました。
e0089732_8591058.jpg

外野スタンドで応援をしていると、龍之介からの電話が鳴った。
電話にでるとすぐに、同じ神宮球場にいることがわかった。

『おぅ、龍之介!』
「こんにちは!」
『こんにちは!どこだ?』
「内野席の一番上のところです」
『そうか!
バックスクリーン右横のキリンの看板下で手を振っているのが見えるか?』
「・・・あっ!わかりました!」
『そうか!じゃぁ待ってる』
「はい!行きます!」

龍之介と合流し、久しぶりの再会に握手を交わした。

「柾海、巧くなっていますね」
『そうだな!巧いなー。でも、龍之介先輩ほどではないだろ(笑)』

「高校野球に戻りたい」という龍之介は今、新しい目標に向かっている。
しっかり者の龍之介だから、必ず目標を達成することだろう。

龍之介!
これからも、がんばろうぜ!

P.S:
髪の毛は、あまり陽に焼かないように!
(^_-)-☆
e0089732_8593688.jpg

突然、「前田さん!」と後ろから声がかかった。

それは、聖望学園戦で投打に活躍した山内優輝選手の父様だった。

ここまで会いに来てくださったんだ・・・
驚きと嬉しさで胸がいっぱいになり感動した。
そして、何度も握手をして、お礼を言わせていただいた。
e0089732_8595821.jpg

優輝父様は、あの頃の優輝と私の写真をプレゼントしてくださった。

こんなに小さかった少年が、
あんな立派な高校球児になってくれていることが夢のようで嬉しかった。

また、その中に健人と優輝の写真や
私のユニフォーム姿の写真もあった!
e0089732_935391.jpg


e0089732_94535.jpg


e0089732_941226.jpg

私の教え子と私を応援してくれた子供同士が試合終了後、
お互いの健闘を称え合いながら握手をしている・・・

あの頃、未来で、こんなことがあるなんて予想も出来なかったことだ。
e0089732_944579.jpg


e0089732_945981.jpg

しかも、今日は優輝の18歳の誕生日だ。

優輝が少年の頃、私を応援してくれた。
これからは私が優輝を応援してゆこうと思う。


今日、柾海が私に感動を与えてくれた。

小学生だった柾海と知り合い、
中学、高校と頑張ってきて、最後の夏に準決勝まで勝ち上がり、
たくさんの観客の前でプレーする姿、テレビに映る姿、
何もかも成長したその姿を見て、感動した。

また、今日、この神宮球場で試合をしてくれたお陰で、
今日という日を私の忘れられない日にしてくれた。

柾海!
感動をありがとう!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-07-24 07:20 | 【前田日記】