前田日記(写真集)
ブログトップ
全ては“心”から
私達は自らの野球体験と教育を基に
青山シニアの指導に携わってきた。

2002年、全てのスタッフや父兄の方々、また関係者の方々の力を借りて
青山シニアを立ち上げることができた。

その頃の私達は、後には戻れない“立上げ”という目標に
全力を注ぐ毎日だった。
今、改めて思う。立ち上げることができて本当に良かったと。


実際に指導していくなかで、スタッフ夫々の苦労もあった。
しかし、それを忘れさせてくれるものが
子供達の笑顔であり、頑張りであった。
その姿が私達の心を、より深いものにしてくれた。

その後、青山を離れ“野球旅”に出たのは、
指導してきた中学生が高校野球という世界の中で、
どのように頑張っているか?
私達が掲げてきた“高校野球につながる野球”は
間違ってはいなかったか?
それを、確かめるためには高校野球を、
『この目で見ることでしか方法がない』と判断したからだ。

高校球児の夢は“聖地”であろう。
甲子園へ出場した7名の青山球児へは、
心から『おめでとう』と言える。
しかし、私達は野球でも他のスポーツでも、
たとえスポーツをしていなくても、
人間として、立派な大人になってほしいと願いを込めて
高校へ送り出してきた。

彼らの人生で最も多感で大切な時期を
野球というスポーツの中で、共に過ごしてきたことに喜びを感じる。
また、同じ気持ちで指導してきた青山のスタッフにも感謝している。

この先も永遠に
“心の野球“と”心の教育“を指導できる仲間でいてほしい。

そして、私達の背中を見てきた子供達が、
将来、チームやリーグ、学年に関係なく私達と同じ思いで、
未来の子供達へと“心の指導を”受継いでくれると願っている。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-05-22 13:23 | 【前田日記】