前田日記(写真集)
ブログトップ
カズの言葉
「この夏も楽しかった!」

「また投げられるのがうれしかった」
9回、背番号「9」の赤坂和幸選手(3年)は再びマウンドに立った。
球の威力は落ちていたが、気迫を全面に出し三者凡退に抑えた。
最後は外角の直球で見逃し三振に打ち取り、味方の反撃を待った。

この日、赤坂選手は先発したが、
6回で鎌田優選手(同)にマウンドを譲った。
しかし8回、鎌田選手が1点を失う。
森士監督は9回をどうするべきか捕手の阿部雅人主将(同)に聞いた。
「もう一度、赤坂でお願いします」
森監督は再登板を告げた。

赤坂選手は不調だった埼玉大会の後、フォームの調整に取り組んだ。
「上体だけで投げていたが体重移動がうまく出来るようになった」
球威、制球力を取り戻し、
「こっちにきてから赤坂の出来がよかった」(森監督)と、
甲子園での先発を任された。

1回、威力のある直球で奪三振2の立ち上がり。
阿部捕手も「直球は走っていた」と話す。
しかし制球に苦しみ、5回の失点は2死からの四球がきっかけだった。

昨夏の甲子園、2年生ながら背番号1をつけた。
失点7の内容だったが「打たれて悔しかったけど楽しくて仕方なかった」
だからこそ、絶対また来ようと誓った。

しかし、新チームで「エースで4番」の重責が重くのしかかった。
秋の県大会を制するも関東大会は初戦敗退。
森監督が「赤坂に頼るな」と檄を飛ばした。
個々の選手が成長し、どこからでも得点できる打線ができたことで
赤坂選手への負担は減った。

昨夏に続く初戦敗退。それでも赤坂選手は
「甲子園はやっぱり楽しかった。二度もやれて幸せです」
最後の夏も甲子園で勝てなかった。
「この先の野球人生に、この悔しさを生かしたい」

・・・朝日新聞社 記事より
[PR]
by maeda_takashi | 2007-08-16 06:45 | 【前田日記】