前田日記(写真集)
ブログトップ
3期生 VS 4期生
各地で春季大会が開催されている。

既に負けてしまった者達もいるが、それまでの努力、その時の気持ち、
その全ての経験が今後の人生に必ず活きてくる。
だから、これからも諦めることなく頑張ってほしい。

現在、関東大会への出場が決定しているのは祐弥と庸多の二人である。
しかし、千葉経大附と帝京との対決は組合せにより、
お互いに決勝進出が条件となる。
また、関東大会開催地である山梨県では、
蜂と蝉が負けてしまったため昆虫旅行は延期にした。

乃基と裕太、正児、淳がベンチ入りしているのか分からないが、
千葉経大附、東海大甲府は関東地区大会出場決定。
岡山理大付は中国地区大会出場まで残り2勝となっている。

各地の予選では3期生達に劣らず、
4期生の庸多、龍之介、祐樹の活躍をよく耳にした。
重谷2号もチームを引っ張りながら頑張っているようだ。
他の者達も夫々の道で頑張っていることだろう。
夏には一回り大きくなった彼らを見に行きたいと思う。


先週は和幸と話すことができた。
キャンプでの疲労も回復し、
プロ初登板から徐々に調子を上げてきているようだ。
4回目の登板となった4月29日には、
200勝まで残り7勝となった山本昌投手の後を引き継ぎ好投した。
目の前にいる一流選手、
球速よりも速く感じられる球のキレ、抜群のコントロール。
その姿を間近で見ることで自分に取り入れることが沢山あったのだろう。
ワクワクしていた電話の声からは目標を追いかける男の声を感じた。

その世界でしか味わうことが出来ない喜びを得る為に、
どんなに辛いことがあろうとも、前を向いて志を貫いてゆくことを願う。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-05-01 06:45 | 【前田日記】