「ほっ」と。キャンペーン
前田日記(写真集)
ブログトップ
カテゴリ:【二期生へ】( 56 )
楽しめよ!高校生活
e0089732_14432816.jpg

2月5日(土)
卒団おめでとう!

去年は、陰で涙を流した。
今年は、みんなの前で涙を流した。

前チンも歳をとるごとに涙腺が緩んでしまっているようだ。
格好悪かったが、俺の素直な姿だ。

君達の言葉、君達の涙。
本当に感動した。
君達を指導することができて幸せだと感じた。
本当に幸せだ。

君達に『頑張れ』という言葉は好きではないと言った。
そのきっかけとなった事は、こうだ。
現役当時、同級生に素晴らしい選手がいた。
手首の怪我で、何度も手術をし
アメリカまで行き、手術を繰り返していた。
彼が、初めて試合に参加する前に
俺は、『頑張れよ!』と声をかけた。
そのとき、彼から返ってきた言葉は
『俺、頑張ってるんだ!お前なら、もうこれ以上怪我をするなよ!と
言ってくれると思ったよ』
と言われた。
そう言われたときから、気安く『頑張れよ!』と云えなくなった。

しかし、今
俺が君達に云える言葉は
心の底から『頑張れよ!』しかない。
みんな!頑張っていこうぜ!
e0089732_13435096.jpg

[コンへ]:率先垂範
人の先頭に立って模範を示せ!
 
[カズへ]:堅忍不抜
我慢強く耐え忍び、動揺するな!
 
[ハマへ]:狷介孤高
自分の意思をかたくなに守って妥協するな!
 
[ミッキーへ]:臥薪嘗胆
苦労を重ね、苦労をいとわず努力せよ! 

[ナオキへ]:不撓不屈
いかなる困難にあっても、ひるんだり挫けたりするな!
 
[リョウへ]:一意専心
他に心をとらわれることなく、そのことのみに心を砕け! 

[ハタケへ]:不失正鵠
物事の要点をしっかり把握して見失うな!

[シュンへ]:粒々辛苦
事を成すにあたり、コツコツと苦労、努力を重ねろ!
 
[スマイリーへ]:豪放磊落
気持ちを広く大きくし、小さなことにこだわるな!
 
[エビへ]:直情径行
人の思惑や周りを気にせず自分の思い通りに行動せよ!
 
[ギューへ]:初志貫徹
初めに志した望みを徹底して貫き通せ!
 
[ヒロへ]:出藍之誉
師を超える能力を身につけよ!

[デラへ]:粉骨砕身
骨を粉にし、身を砕くほど全力を尽くして努力せよ!


高校での三年間を精一杯努力し、楽しめよ!
苦しい時は、仲間の顔を思い出し
たまには、父親、母親の顔を思い出し
年に一度は、俺達の顔も思い出せよ(笑)

二十歳になったら飲みに行こうな!
その時、俺は四十二歳だ(笑)

最後に一言

みんな。
命あっての人生だよ。
今、みんなで会えることも生きている証拠だ。
楽しいのも、悲しいのも生きている証拠だ。

俺は残り50年は生きたい。
君達は残り90年は生きてくれ!

みんな”いい男になったよ!

またな!

                   以上

本日で三年生へのコメントを終了します。

[父母の方々へ]:
おめでとうございます。

皆様と共に子供達が成長してゆく姿を見守る事ができ
本当に嬉しく思います。

今後も、彼らの大きな夢に向かって突き進んでゆく姿を
陰ながら応援してまいります。

これからも引き続き
青山シニアの応援を宜しくお願い致します。
e0089732_13442442.jpg

[PR]
by maeda_takashi | 2005-02-05 20:11 | 【二期生へ】
もうすぐ
1月31日(月)
[全員へ]:
今週末は卒団式だな。

君たちが、入部してきた頃のことを思い出すよ。
君たちが、悔し涙を流したときを思い出すよ。
君たちが、喜んだときの笑顔を思い出すよ。

素晴らしい卒団式になることだろう。
久しぶりに全員揃って騒ごうな!
[PR]
by maeda_takashi | 2005-01-31 23:50 | 【二期生へ】
コンディション
1月24日(月)
[全員へ]:
土日の練習、お疲れさん!
高校入学まで2、3度は体を張らせ
3月中旬にはベストコンディションにもっていきなさい。
                       
[PR]
by maeda_takashi | 2005-01-24 22:51 | 【二期生へ】
子守唄
1月16日(日)
[全員へ]:
高校へ向けての体、頭、心になってきたかな!?
これからも怪我や病気は十分に気に使い
万全を維持してくれよ!

[ギューへ、ヒロへ]:
娘の寝かしつけ、ありがとう。
今度は俺に子守唄を歌ってくれ(笑)
[PR]
by maeda_takashi | 2005-01-16 22:34 | 【二期生へ】
鳥篭秘話
1月11日(火)
[全員へ]:
①鳥篭で話したことは、肝に銘じておきなよ。
②出来る限りの努力をして高校へ入学しろよ。
③卒団式では騒ごうな!
[PR]
by maeda_takashi | 2005-01-11 21:35 | 【二期生へ】
明けましておめでとう
1月1日(土)
明けまして、おめでとう。

夏から今まで
みんなの練習に対する姿勢や礼儀、
人を想う気持が感じられるた5ヶ月間だった。
体も大きくなりパワーも技術もスピードも身についてきた。
高校入学まで気を引き締め、充実した日々をおくってくれ。

また最近、いい男になってきたなと感じる。
その証拠に君達が年末に書いた作文がある。
下記の通りだ。

『親へ』
 僕は、これから高校生になります。早いものでもう15歳です。
まだ、つい最近まで幼稚園にいた時の記憶も頭に残っているのに、もうあと5年で成人です。そしたら父さんや母さんに叱られなくなるのかと思うと、嬉しいような寂しいような。
よく、うざいとか思うよな、とか言われるけど、やっぱ思っちゃうことはあります。彼女のこととか言われたときは、“何言ってんだ”って思ったこともありました。
でも、これから高校に入ると野球漬けの毎日になると思います。ていうかなるでしょう。○○さんに言われたけどやっぱり俺は、だらしないと思うし、まだまだなっちゃいないと思うけど、俺なりに頑張ってみようと思う。
素直なまっすぐな心で夢を膨らませ実現にむけ、この高校生活3年間を全力で
一所懸命に野球に打ち込んでいきます。
あの詩にもあるように“苦を恐れ楽を喜ぶ者は多い。しかし、苦という季節の中には常に楽という未来が待っている。冬のあとにやってくる喜びの春。夏の後にやってくる実りの秋。さあ夢を膨らませなさい。”という詩を見て信じていきたいと思います。
 僕が生まれた時、家族は笑ってくれたと思います。
おじいちゃんもおばあちゃんも初孫だったので笑ってくれたと思います。
なのでこうやって大きくなった今も父さんや母さんが笑ってくれているような人でありたいです。
じいちゃんやばあちゃんにも、お世話になっているので、家にいる間は、ばあちゃん達を守り家族みんなが笑顔でいられるような家にしていきたいです。
 これから練習も遅くなり、母にも迷惑がかかると思います。私立に通うと思うので、お金がかかって父さんにも迷惑がかかると思います。でも真剣に取り組みしっかりやるので勘弁してください。
でもやるからには一番目指します。小・中学校では2番手投手だったので高校では1番を取り、ガンガン投げて親孝行していきたいと思う。
 最後に感謝とかよくわからないけど、丈夫な体に生んでくれてありがとうございます。これからも宜しくお願いします。


『親へ』
 最近俺はあんまりムカツクことがありません。
それは俺との距離が近づいたからだと思います。何故、そう思ったかというと、
よくしゃべるようになったからです。話す内容は彼女の話とか青春時代の思い出とかで、とても良い相談者とも思っています。
でも、俺は最近、反省しなくちゃなぁと思います。それは帰ってくる時間がどんどん遅くなっていることです。友達と遊んだり彼女と遊んだりと歯止めが利かずに、いつも夜遅くなってしまいすいませんでした。
それと小っちゃい時から今まで育ててくれてありがとう。高校では1年から、いや入った瞬間からあいつ、すごい1年だなぁと言わせる1年になり、そして1年から堂々とレギュラーをはりたいと思います。で、甲子園をわかせたいと思います。応援ヨロシクお願いいたします。
 そして、いずれは大学・プロになって親孝行したいと思います。
今はちょっと遊んでばっかりだけど、今しか出来ない思い出、今しか味わえない喜び・楽しさだから今は大目に見てください。でもやることはやるので許して下さい。
 最後に本当に今までありがとうございます。俺は野球が好きで、この世界に入りました。俺は俺にしか出来ないプレー、俺にしか出来ないバッティング、ピッチング、将来プロで夢を与えるプレイヤーになることを夢にして頑張ります。そしてこの親孝行はNever forget


『親へ』
 僕が生まれてきた日から、今日この日まで、大切に育ててくれました。
僕にとって両親はとても大切な存在です。今まで何回も反抗することがありました。しかし、それは親への感謝が足りなすぎるのだと思います。今は親への感謝の気持ちはよくわかりません。けれども、その内に突然わかることがあると思うので、それまでは感謝の気持ちに対して深く考えたいと思います。
 小さい時から、野球の日には集合場所まで車で送ってくれたり、朝が早いにもかかわらず、僕のために弁当を作ってくれたりしました。でも僕はそれを当たり前のように感じてしまっていました。
僕のために色々なことをしてくれる両親に対して、もっと深く感謝しなければなりません。いつも近くにいて指導をしてくれたり自分の話を聞いてくれることは本当にありがたいことだと思っています。
また、僕のためになるような意見を常に言ってくれるのは本当に嬉しいことだと思う。だからもっと早い段階で聞く耳を持つべきだったと思います。
本当に申し訳ないです・・・。
 これからは高校という新しい世界へ飛び込みますが、この素晴らしい高校へ行けるのも全て両親のおかげだと思います。ありがとうございます。
高校へ入ったら今までやってきたことを発揮し父親が1度立ったあの甲子園へ出場して父親を超えたいと思います。それが両親に対しての感謝の気持ちでもあり、親孝行であると考えています。
 今まで本当にありがとうございました。これからも一生懸命頑張ります。


『親へ』
 僕の両親は僕が生まれて来た時から15年間ずっと僕のことを大切に育ててくれています。
僕は今野球チームに所属していて、とても充実した日々を送っています。それも両親の支えがあるからだと思っています。僕の所属しているチームは週4日の練習があります。平日の日は練習から帰ってきたら、ユニフォームを次の日に着られるように真夜中まで洗濯してくれています。土日は朝早く起きてお弁当を作ってくれます。こうやって親はいつも僕のために尽くしてくれています。
しかし、日々の生活を送れてきたのは親へのおかげだけではありません。友達や地域の人々の支えもありました。僕も来年から高校生。自分のことはなるべく自分でやろうと思っています。「自立」というものを高校三年間で見つけたいです。
 僕の夢はプロ野球選手です。プロ野球選手になって今まで苦労をいっぱいかけてきた親に親孝行し、野球をやっている子供達に夢を与えられるような立派な選手になりたいです。そのためには文武両道をモットーとした高校生活を送り大学に行って自分を磨き、みんなから何事でも尊敬され、そして素直に人に「ありがとう」と言える人になりたいです。


『親へ』
 自分の考えとしては、親と子は形としては親と子だとしても、友達ぐらいの仲の良さでいたいと思っているものです。
でも毎日一緒に暮らしているのだから喧嘩っぽくなることも多々あります。そのほとんどが野球のことです。しかもほぼ毎日のように叱られます。こうして毎日叱られれば自分でも嫌になってしまいます。
今はそういう心を持っているかもしれないけど、そのうち感謝の心を持てる時がくると思います。そのときには、親にたくさんの恩返しをしてあげたり、その為には将来大好きな野球を楽しくやり、たくさんお金(言い方が悪いかもしれないけど)をもらえるようにならなくてはいけない。その為には日頃の努力をすることです。そう考えると、今親が野球のことで口うるさく言う理由がわかります。そう思うと親は、本当にかけがえのない人だと思います。これからも口うるさく言われ、嫌な気分になると思うけど、それはそれでその言葉を忘れないでこれからの野球人生を迎えていきたいです。そして逆の意味で親を見返してやりたいです。
やれば出来る子な人だと!!


『親へ』
 僕が生まれて、今日まで育ててくれてありがとうございます。
今日まで僕が生きてこられたのもお父さん、お母さんのおかげです。
お父さん、僕は最初サッカーをやっていました。でもお父さんが「野球の方が長くやっていけるぞ」と言われてから野球を始めました。それから毎日と言うほど、親子で野球の練習をやりました。いつもいつも喧嘩して殴られたり蹴飛ばされたけど、今の僕がいるのはお父さんがいたからだと思います。
いつも練習をしていたので練習するのが当たり前。お父さんが色々やってくれるのも当たり前だとつい最近まで思っていました。でもこんなに一生懸命に子供に対して尽くしてくれるお父さんは珍しいと思うし、とてもありがたく思います。
お父さんは僕をいつも励ましてくれるし、いつも一緒に悩んでくれる今は何もしてあげられない。むしろ迷惑をかけているけど、ずっと先になるけど、僕が大人になったら絶対に幸せに出来るように、今頑張って高校に通用するようなバッティングと守備、体力を作る為にこれからも練習お願いします。
お母さん、いつも僕のご飯や色々なことをしれくれてありがとうございます。
お母さんとはあまり話す時間が少ないけど、その少ない時間の中で話している時はとても楽しいです。お母さんに何か頼まれると僕はいつも嫌な顔をしていたけど、今思うととてもお母さんがかわいそうに思えます。なのでこれからは絶対にそんな顔をしないで喜んでやりたいと思います。
両親へ
今は野球をするような体じゃないけど、これからも今以上に迷惑をかけると思うけど、これからもお願いします。僕は、僕の夢は家族の夢だと思うので、絶対プロに行って絶対に両親を幸せにしたいと思います。今までありがとうございました。
 これから先よろしくお願いします。


『親へ』
 僕の親は幼い頃かなり厳しい“しつけ”をしていたと思う。
特に三人の子供の中で一番多く両方の親に怒られたのが僕だった。よく正座で壁に向かい反省をしたり、外に出されたのが印象に残っている。その頃は毎日同じようなことで叱られ壁に向かっていた。しかし、それがあるからこそ、少しはまともな人になれてきたのだと思う。今の東京青山に入部させてくれて今はすごく感謝している。はっきり言って弁当から当番などすごく大変だったと思う。普段は、なにくわない顔をしていたけど、夜寝る前にありがたいなと思っていた。
 これからは○○高校に行くが、親になって自分の好きなことが出来るのは約2年半です。あと2年半辛いかもしれないけれども僕の好きなことに付き合ってください。違った方向に走っていたら注意してください。立派に三年間高校生活を送り、東京青山シニアのコーチ達のように野球を教えながら迷惑をかけた分だけ親孝行していきたいと思っています。これからも手間のかかる息子だけれどもよろしくお願いします。


『親へ』
 生まれてきてから今日まで、本当に育ててきてくれてありがとうと言いたい。
小学校の3年生から野球を始めてから、野球の日には弁当を作って練習が終わったらユニフォームを洗ってくれた。でも小学校の時はわからなかった母親の気持ちが中学校という一歩大人になってその気持ちが少しずつわかってくれるようになってきたと自分の中では思っている。毎日の仕事に休日は僕の野球について来てくれることが当たり前というか、それが普通だと思っていた。でもそれがどれだけ大変なことか、すごいことなのか全く知っていなかった。というか考えていなかったと言ったほうが正しい。そんな親に僕は何をしてきたのか、手伝いや親孝行をしてきたのかと思ったらほとんどしていなかった。したとしてもたいしたことはできていない。そんな自分が恥ずかしい。
僕は○○の高校に行くことになり、親とは3年間離れてしまうけど、自分が頑張っている所や姿を1日でも早く見せられるように全力で練習に取り組んで甲子園を目指していきたい。そして今からでも親のありがたみをよく知って精一杯の親孝行をしていきたい。とりあえず今までの生活を支えてくれて、育ててくれてありがとう。本当にありがとう。


『親へ』
 僕は生まれてから今日まであまりまわりのみんなと違うし
嫌だと思ったことはあまりない。
それは親が一生懸命働いてくれたからだと思う。自分が学校に通っている時も、遊んでいるときも親は働いてくれていた。
だが、僕は親にいつもありがとうなどと言った感謝の気持ちを伝えたことがあまりない。言ったほうがいいのかもしれないが恥ずかしくてなかなか言えない。
だが、僕は最低あと3年は親に手伝ってもらわなければ生活していけなくなってしまう。親が働くのをやめてしまえば自分は高校にもいけなくなってしまう。野球も出来なくなってしまう。僕が親にしてあげられることは何かないだろうか?と考えた時、何事にも全力で取り組むということが出てくる。勉強も親がお金を稼いで学費を払ってもらっているから出来るのだから授業をまじめに受けてしっかり勉強していきたいし、お金を払ってやらせてもらっている野球も今以上にしっかりやっていきたいと思う。
そして将来いい仕事について恩返しが出来ればいいと思います。
何事にも一生懸命やることが言葉でありがとうというくらい意味ある恩返しの仕方であると思う。これから僕は高校に進んで野球をやっていくけど、また親達に迷惑をかけることもあるけど、言葉でもありがとうを言っていきたいし、態度でもしっかり伝わるくらい一生懸命やっていきたいと思います。

『みんなへ』
涙がでるくらい嬉しい。
君たちと野球を通じ関わってこれたことが
本当に嬉しく思う。
[PR]
by maeda_takashi | 2005-01-01 00:38 | 【二期生へ】
ビデオ研究
12月26日(日)
ビデオ研究では
自分達の欠点、美点が分かったと思う。
中学生にしては素晴らしいところが多いと思うよ。

中学最後の冬を、技術と体力のレベルアップを課題としてほしい。
それと感謝心の継続!

君たちは、技術も心も成長してきた。
本当に嬉しく思う。

大晦日は、みんなで乾杯しようぜ!
君たちの飲み物は勿論、ソフトドリンクだよ(笑)
[PR]
by maeda_takashi | 2004-12-26 20:09 | 【二期生へ】
声にだして「ありがとう」
12月16日(木)
18日の選手忘年会では、思う存分楽しんでくれよ。
一つの目標に向かって、みんなで頑張ってきたよな!
そんな仲間との想い出を時間が尽きるまで語り合ってくれ。

また、19日の親子大会では、君達を心のそこから応援してくれた親に
感謝しながら楽しんでほしい。
日頃は、恥ずかしくて言えなかった「ありがとう!」の言葉を
かけてみては、どうかな!
[PR]
by maeda_takashi | 2004-12-16 21:11 | 【二期生へ】
有意義に
12月12日(日)
中学生活、最後の冬休みを
有意義に過ごそう!
野球も!勉強も!親孝行も!恋も!(笑)
[PR]
by maeda_takashi | 2004-12-12 23:14 | 【二期生へ】
清掃活動
12月4日(土)
[参加者へ]:
清掃活動お疲れさん!

合宿期間に三年生対後輩の紅白戦が
出来そうになってきたな!?

ヒロの友達、ハタケの友達、静岡の友達が
来れるようになれば可能だね。

最近は黙っていても
素晴らしい取り組みをしていると思う。

最後の合宿で
全てのパワーアップを目指そうな!

太って来いよ(笑)
[PR]
by maeda_takashi | 2004-12-04 19:15 | 【二期生へ】