前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
日本学生野球憲章・13条
皆様ご存知の通り、
高校野球連盟が“スポーツ特待制度”の問題で実態調査に乗り出している。
これは、西武の裏金問題から端を発し
世間では、高校野球だけがなぜ?といった疑問が広がっている。

また、他の競技では当たり前になっている制度に対し高野連は
『野球を対象にした特待生制度は未成年の部員にとって
野球偏重の生活になる』との見解をだしており
『高校野球は教育の一環』という姿勢を貫く方針のようである。

改めて特待生制度を禁じた
“日本学生野球憲章・13条”について説明しよう。
この憲章は、1946年に制定され、第13条で

①選手又は部員は、いかなる名義によるものであっても、
 他から選手又は部員であることを理由として支給され又は貸与されるものと
 認められる学費、生活費その他の金品を受けることができない。
 但し、日本学生野球協会審査室は、本憲章の趣旨に背馳しない限り、
 日本オリンピック委員会から支給され又は貸与されるものにつき、
 これを承認することができる。

②選手又は部員は、いかなる名義によるものであつても、
 職業野球団その他のものから、
 これらとの入団、雇傭その他の契約により、
 又はその締結を条件として契約金、若しくはこれに準ずるものの前渡し、
 その他の金品の支給、若しくは貸与を受け、
 又はその他の利益を受けることができない。

と規定している。
ただ、全学生を対象とした特待生制度や奨学金制度において、
野球部員であるという理由でなければ、奨学金を受け取ることは認められる。
とはいえ学業成績優秀者や家庭の経済事情による奨学金制度までは
禁じておらず、曖昧な部分を残している。

また、特待生としてこれまで受けていた費用について、
『趣旨は制度の中止であり、さかのぼって返金を求めるものではない』
といっているが、私に言わせれば当たり前のことである。
高野連は違反を今まで放置し、この問題を今になって騒いでいるのか
理解に苦しむ。

高野連は『高校野球は教育の一環』と唱えながらも、その一方で
『学生のスポーツの才能を伸ばす事を目的とした特待生はダメだ』と
矛盾した事を述べている。

スポーツの才能を“特待生”として伸ばす事は“教育”ではないのだろうか?
高野連は『高体連に加盟していないのだから高校の他のスポーツとは違う』
という事で批判を避けようとしているようだ。

高野連は高校球児の為に、高校野球の未来の為に存在するものだ。
学力も野球も優秀な者が特待生扱いを受けて入学しても良いではないか!
例え野球だけが優秀であっても特待生の扱いを受けても良いではないか!
特待生となった中学生の家庭の中には
経済的に恵まれていない家庭だって存在するはずだ。
『高校野球は教育の一環』と言っているが、
どのスポーツも同じで練習の成果を試合で発揮し、
その結果で人間力を身に付けてゆく。
それが、本人や家族や高校側が選んだ『教育』なのだ。

不明確であり、誰もが納得できない制度に高野連の権限は無い!
高校野球連盟は、
今現在、一生懸命に野球に取り組んでいる子供達、指導者、家族のことを
真剣に、そして本気で考えているとは思えない。
野球部を解散した高校、大会を辞退した高校に
今年の春の地区大会は二度と訪れない。

今やるべきことは、実態調査までに止めておき
明確な制度が確立したのち、
最低でも3年間の猶予期間を設け、
誰もが納得した上で実施すべきだと考える。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-29 12:08 | 【番外編】
野球旅~ジュン
暖かな日差しと鶯の囀り、
そして緑に囲まれた素晴らしい環境のグランドで
e0089732_0182570.jpg

「野球も学校も寮生活も楽しいです!」
というジュンの言葉を聞いて嬉しくもあり、自身の心が癒された。
e0089732_019777.jpg

望の同級生でもある監督、そしてコーチ、部長の方々とも
楽しい会話をさせていただき、
一時間程度で帰る予定が、ついつい長居をさせてもらった。

十数年ぶりに岡山へやってきた。
私が3年間過ごした街、夢を実現させるために頑張ってきた街である。
e0089732_0325574.jpg

ジュン!
青山出身で一番遠い高校だけども俺にとっては近くに思える。
岡山での想い出が、そうさせてくれる。

この三年間で想い出をつくれよ!
がんばれ!
心に刻まれる本当の想い出をつくるために!

東京から、かなりの距離はあるが遠くから応援している。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-12 23:49 | 【前田日記】
野球旅 ~ リョウ
本日6人目の野球旅はリョウ!

アップ終了後、こちらへ走ってくるリョウの頭をポン!とたたき
「がんばっているか!」と声をかけると、
「ハイ!」と、あの頃と同じ笑顔で答えてくれた。

卒団以来、初めて会うことができ
嬉しかった。
リョウが小学生だったあの頃の姿を思い出すと、
顔がほころんでしまう。
可愛い顔をして、グランドを駆け回っていた。

中学時代は、多くの苦労を経験し、挫けそうな時もあったが、
今こうして高校野球を続けている。
私は、それだけで嬉しいのだ。

二年ぶりにお会いした監督とも
約一時間の会話をさせていただいた。
怪我も完治し試合に出場していると聞いたので、本当に安心した。

別れ際、ショートを守っているリョウに
”ガッツポーズ”を送ってグランドを後にした。
またな!リョウ!

暖かな日差しの中、
一日に6人もの青山高校球児の姿を見ることができた。

リョウ父様とも会うことができ、再会を約束し
副団長と夕日を見ながら、帰宅のドライブで締めくくった(笑)
e0089732_13295618.jpg

最後の夏に向けて
精一杯の努力をすることだろう。
応援しているぞ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-07 17:14 | 【前田日記】
野球旅 ~ ハチ&セミと三人の先輩達
またまた続きまして、二期生と昆虫達!

こうして教え子達が、試合や練習試合で顔をあわせることも
私達の嬉しさの一つである。

一緒にチームメートとして頑張ってきた仲間が、
今こうして互いに良きライバルになっている。
この両者の会話を聞いていると不思議な感覚で楽しい。
また、先輩後輩の関係も、見ていて楽しい。

いつか全員で記念写真を撮る日がくるだろう。
e0089732_1332196.jpg


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-07 12:32 | 【前田日記】
野球旅 ~ ナオキ
続きまして、ナオキ!

いやー、順調にきている。
心の強さをと目標への志を、しっかりと感じさせてくれる。
会話ではなく、グランドの中で、そう感じさせてくれる。

これは経験。
経験がそうさせてくれるのだろう。
辛い経験をした時、嬉しい経験をした時、
その時、その後に自分が起こした行動だ。
自分が感じ判断した行動や気持ちが
今後の人生を幸せへと導いてくれる。

また、由布姫様とも挨拶を交わすことができた(笑)
e0089732_13304090.jpg

最後の夏に向けて
精一杯の努力をすることだろう。
応援しているぞ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-07 12:19 | 【前田日記】
野球旅 ~ ハタケ
続きまして、ハタケ!

見るたびに、元気になっている。
苦労していた昨年、
実は私は、ハタケのことを心配していた。
前回会ったときも
『本当の笑顔ではないな~。悩んでいるな~』と感じていた。
ハタケの気持ちに対し、なかなか良い言葉が見つかららず、
ありふれた言葉しか掛けられなかった。
しかし、今日は違っていたように思う。
いつもの元気なハタケだった。

俺達がグランドを後にした直後に
特大ホームランを打ったと連絡を受けた。
俺達が居たときは、力んでいたため
帰った途端にリラックスできたのかな(笑)

この先、夏までにもう一度、乗り越えなければならない事があると思う。
その時、自分を信じ、仲間を信じ、
後ろを振り向かず明日に進んでほしい。

ハタケ父様、母様、
またお会いしましょう。
e0089732_13311366.jpg

最後の夏に向けて
精一杯の努力をすることだろう。
応援しているぞ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-07 12:10 | 【前田日記】
野球旅 ~ カズ
さあ、夏に向けての野球旅!
e0089732_1332499.jpg

副団長と早朝のドライブを楽しみながら、カズのグランドに到着。

さっそく、カズが駆け寄ってきて
高校球児、最上級生らしい挨拶をかけてきた。

野球そのものの技術は、素晴らしい成長を遂げていたし
なにより監督が、
カズの人間的な成長を褒めていたことが嬉しかった。

また、昨年の夏以来、カズ父様と母様にも会うことが出来た。
e0089732_13285540.jpg

最後の夏に向けて
精一杯の努力をすることだろう。
応援しているぞ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-07 12:06 | 【前田日記】
甲子園という目標
今までに、
甲子園という聖地に辿り着いた者は7名になる。

青山OBの甲子園通算成績は
試合数(15)
勝試合(10)
勝率(.666)
打数(17)
安打(6)
打率(.352)
本塁打(2)
この先、この数字が増えていくことを期待しよう。

また、彼らが中学を卒業する前に、このような抱負を語っている。

ナオキ(青柳直樹)
高校ではシニアよりも練習が辛くなると思うけど
シニアでやってきた以上に努力を続け、
なんとしてもレギュラーを取りたいと思う。
また、監督をはじめコーチの方々に教えたもらったことを生かして
高校でも「がむしゃら」&「がんばる時はいつも今」をモットーに
頑張ります。

タケ(竹島弘晃)
高校での目標はエースになることです。
早く先輩達に追いつき、追い越したいです。
自分に妥協せず、自分が満足するくらい努力して甲子園に出場したいです。

ダイ(矢口大樹)
高校では三年間野球を続けます。
そして甲子園に出場してテレビに出たいです。

カズ(赤坂和幸)
高校に行けば今まで以上に
練習やレギュラー争いが相当きびしくなると思います。
青山シニアで学んだ事や経験したことをいかして頑張ります。

ミッキー(山田京介)
これから高校に行ってつらい事もあると思うけど、
それだけ自分のためになっているし、楽しいこともあるので
くじけず頑張りたいです。
目標はまず1年からレギュラーになり、
3年間の中でなるべく多く甲子園に出場して、
甲子園を見ている人たちをくぎづけにし、目立ち、
感動させられるようなプレイヤーになります。
この青山にいた3年全員の高校と戦いたたきのめしたいです。
いつか監督、コーチにすばらしい選手になったと言われるよう努力します。

ヒロ(大島寛之)
オレはこの青山にいてとても良かったと思っています。
コーチはほとんどがプロでチームメイトも非常にレベルが高く
切磋琢磨できました。
合宿はとてもつらく死にそうになったけど
友達のおかげでともに助け合ってのりこえて強くなったと思いました。
精神てきにもとても強くなり
合宿が終わると一皮二皮もむけていったと思います。
話は変わるけどコーチ、監督に叱られた事がいっぱいあった、
その時、いつもコーチ、監督は
本当に選手の事をよく考えてくれて、
本気で思ってくれてとてもいいコーチ監督だと思った。
最後に青山の人と最高野球ができて本当よかった。

デラ(小野寺良介)
一年エースを目指し甲子園に行く!!


彼らが高校へ入学してから、色々なことがあったと聞いた。
怪我や挫折、そして努力、自信、達成感。
そこには悔しさや嬉しさが幾度と無く繰り返されてきたと思う。

中学でも同じような経験をして乗り越えてきたが、
あの頃は、多くの人達に助けられていた。
しかし、高校では乗り越えるための方法に違いがあることを実感したはずだ。
そう、高いレベルの経験を積むことにより
自分自信の力で、克服する術を考え、行動にうつしたに違いない。
これは、彼らが大人に近づいてきたことの証である。

高校野球とは?

野球が好きだ!
甲子園に出場したい!
プロ野球選手になりたい!
将来、野球を指導したい!
自分を磨きたい!
人間関係を作り上げたい!など、
子供其々が考えた未来への可能性の集まりであり、
自由であり、やはり最終的には楽しむものである。

大切なことは、
目標に向かってどのように歩んできたか!
目標は勉強でも、野球でもなんでも良い。

しっかりと自分を見つめ一歩一歩を、どう歩んでいくか!
目標に向け、目的をもってどのように過ごしていくか!ということだ。

一期生は今月から大学生、社会人になる。
二期生は高校三年生になる。
三期生は後輩が入部してくる。
四期生は高校生になる。

二期生にとっては
残り一年の高校生活と、残り僅かな高校野球を
悔いなく、自分らしく、毎日を一所懸命に過ごして欲しい。

”今日という日は、あなたの残りの人生の第一日目だ!”

がんばれ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-04 18:57 | 【前田日記】
嬉しさ
e0089732_0545774.jpg

e0089732_0545786.jpg

嬉しさが込み上げてきた
みんなと分かち合った。

たくさんの思い出を語り合った。

嬉しい。
自分のことより嬉しい。
みんな、そんな想いだ。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-04 00:54 | 【前田日記】
日本一!ミッキー
大垣日大(岐阜)
5=220000100
6=11100012×
常葉菊川(ミッキー)

おめでとう!甲子園優勝!

チームの努力、ミッキーの努力が実ったな。
今、副団長と電話で話をしたが、
お互いに電話では嬉しさを表現できなかった。

今日も乾杯だ。

・・・前田 隆

今、ミッキー父様と話をした。
とても嬉しそうな声で「夢のようだ」とおっしゃっていた。
私も嬉しい。
青山出身の高校球児が、
こんなに早く、甲子園で優勝するとは・・・

ミッキーのみならず、すべての青山球児達の昔を思い出して胸が熱くなる。
[PR]
by maeda_takashi | 2007-04-03 14:33 | 【前田日記】