前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
幸せの原点
野球に関する話ではないのだが、感動するニュースを見た。

その前に皆様は、自分が生まれたときの体重を覚えていますか?
私は、ちょうど3000グラムでした。

また、娘が生まれるときに出産に立ち会った。
生まれてきた瞬間から産声を聞くまでに3秒ほどの時間があったと思うが、
私にとってその時間が、とても長く...というか時間が止まり
『1分は60秒』という定義が全く無視された時間だった。
そんなことを思い出しながら、このようなニュースを見た。

イギリス(ロンドン)の病院で、ある日、女の赤ちゃんが生まれた。
しかし、産声は聞かれなかった。
早産だったため体重は、わずかに770グラムしかなかった。
医師たちが母親に告げた言葉は
「赤ちゃんの命は、あと20分持つかどうか...」
「さようならを言ってあげてください...」
そう言って医師たちが母親に赤ちゃんを手渡した。

この世に生を受けたばかりなのに
残り20分の命と宣告された赤ちゃんを抱きしめた瞬間、
我が子を愛おしく思う気持ちが母親の中に溢れだしてきた。

すると、それまで呼吸をしていなかった赤ちゃんが
息を吸おうと苦しげに喘ぎ始めた。
それに気づいた母親は、赤ちゃんをくるんでいた毛布をはがし、
自分の胸を肌蹴て自分の肌と我が子の肌を直接触れ合わせた。

それは、母と子の最初で最後のスキンシップになるかと思われた。
だが、このスキンシップは、
医師たちが予想もしていなかった奇跡を起こすこととなる。


赤ちゃんが産声を上げ始めたのだ。
母親と付き添った父親の心に希望の光が灯った瞬間だった。
とはいえ、妊娠24週目で産声を上げずに生まれてきた赤ちゃんである。
医師たちは、赤ちゃんが産声を上げてから1時間が経過しても
確信をまだ持てなかったが、
赤ちゃんに人工呼吸器を取り付けて様子を見ることにした。

赤ちゃんの名は、レイチェルと名づけられ、その後順調に育ち、
やがて呼吸器も不要となった。
生後17週間の現在では体重が2700グラムを超えており、
今後は定期的に医師の診察を受ける必要があるものの、
既に退院を済ませている。

母親は言う。
「生まれた娘をすぐに抱きしめたこと、肌と肌を直接触れ合わせたからこそ、彼女は助かった」

レイチェルちゃんのケアを担当した医師によれば、
「生まれた直後のレイチェルちゃんの“バイタル・サイン”は生存できるとは考えらないほど弱かった。でも、レイチェルちゃんは見事にそれを乗り越えました。そもそも24週目で生まれた未熟児が無事に生存できる見込みは、かなり低いのです。私自身、レイチェルちゃんの容態が改善したことに衝撃を受けました。お母さんがレイチェルちゃんを抱きしめたことが非常に大きな影響をもたらしたのだと思います。そして、お母さんの肌の温もりもまた非常に大きな影響を与えたに違いありません」

親子に限らず人間同士にとって、
抱きしめ会うこと、肌と肌を触れ合わせること、
この全てに心を通わせ合うことが、最も大切な、
そして幸せの原点なのだと思う。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-09-23 15:02 | 【番外編】
ドラフト会議
高校生ドラフト会議まで残り10日となった。
19年前に私がドラフト指名を受けてからこれまでの間、
何度もドラフト制度の改定が行われてきたので、
今回の高校生のみを対象としたドラフト会議について説明してみよう。

まず、対象選手の条件は、
①過去、プロ野球の球団に入団したことがない選手の内、日本国籍を持っている者。
②又は日本の中学校、高校と、これに準ずる団体のいずれかに在学した経験をもつ者。
③これらの学校に在学中の場合には、ドラフト会議の翌年3月に卒業する見込みである者。
④日本高等学校野球連盟にプロ志望届を提出している者。

次に抽選方法は
【1巡目】
①指名権は全球団(指名を回避する球団は事前申請の上、公示)
②指名希望選手を提出
③重複があれば抽選
④外れた場合は下位球団より指名

【2巡目】
①指名権は大学生・社会人ドラフトで希望入団枠を回避する球団
 (事前申請の上、公示)
②ウェーバー方式(下位球団より順に指名)
※2008年から希望入団枠撤廃

【3巡目】
①指名権は全球団
②ウェーバー方式(下位球団より順に指名)

【4巡目】
①指名権は全球団
②逆ウェーバー方式(上位球団より順に指名)

【5巡目以降】
指名順序が各巡で繰り返し(奇数回はウェーバー、偶数回は逆ウェーバー)

次にウェーバーの決定方法で
リーグ間の指名順位は
下記①→②→③の順で、どちらのリーグから指名を開始するのかを決定する。
①オールスターゲームで勝ち越したリーグ
②フレッシュオールスターゲームで勝利したリーグ
③オールスターゲーム全試合の得失点差

リーグ内での指名順は
高校生ドラフト会議の場合、9月下旬時点の暫定順位で決定する。

以上をまとめてみると
1巡目は参加する全球団が同時に選手を指名して、
指名が重複した場合には抽選を行い、抽選に外れた球団のみで
ウェーバーによる代替選手の指名を行う。1巡目の指名を行わなくてもよく、
その場合は事前に申請する。
2巡目は希望入団枠を使わないことを事前に申請した球団のみが参加でき、
ウェーバー方式で指名選手を確定する。
3巡目以降はウェーバー方式と逆ウェーバー方式を交互に行い、
すべての球団が選択の終了を宣言するまで続ける。
各球団は、通常の指名に続き、育成選手を指名することができ、
各球団は獲得を希望する選手がいなくなった段階で選択の終了を宣言し、
それ以後の指名に参加することはできない。


私が生まれた頃のドラフト会議では指名人数に制限は無かったが、
私のドラフト会議の時は順位毎に指名希望選手を提出し重複があれば抽選。
外れた場合は下位球団より指名をする。
最大指名人数は、1球団6人以内というルールだった。
今回のドラフト会議では高校生ドラフトと大学生・社会人ドラフトの合計が
12球団全体で120人以内 となっている。


尚、10月3日(水)の高校生ドラフト会議の開始時間は
授業時間を外してほしいという高校野球連盟の要望をプロ側が受け入れ、
午後3時からに決まった。

ドラフト会議の司会者といえばパンチョ伊東さん。
『読売 桑田真澄 17歳 投手 PL学園高校』
の独特な声がとても懐かしい。

今回の司会者が、どなたなのか分からないがテレビ中継が楽しみだ。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-09-23 07:02 | 【前田日記】
脳内メーカー(笑)
みなさま、ご存知の脳内メーカー!

本当のあなた、
あなたの本性を明らかにする脳内メーカーを試してみた(笑)

【前田隆の脳内】
e0089732_16831.jpg


【前田隆の前世の脳内】
e0089732_1619669.jpg


【前田隆の脳内フェチ】
e0089732_16192478.jpg


【前田隆の能力】 たいした能力はないと思うが?

【前田隆Tシャツ】 値段はいくらだろうか?

【前田隆市】 どんな街だろうか?

【前田隆部屋】 朝青龍のような関取はいるのだろうか?

【前田隆高校】 どんな高校だろうか?

名字と名前の間にスペースを入れるか否かによっても全く違ってくる。
みなさま、暇つぶしに試してみてはいかがですか(笑)

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-09-04 23:05 | 【番外編】
プロ志願届(大島 寛之)
昨日、ヒロが“プロ野球志願届“を提出した。

指導してきた子供達の中で、
プロ志願届を出せるような選手がいることが嬉しい。
ドラフトに指名されても、されなくても
本人が『プロ野球選手になる!』という夢を持ち続けていたことが嬉しい。

この二人以外にも、
この先、プロ野球選手の候補となる者も出てくると思う。
目標がプロ野球選手ではなくとも、

『教師になりたい!』
『漫才師になりたい!』
『歌手になりたい!』
『政治家になりたい!』
『社長になりたい』
『幸せな家庭をつくりたい!』

何でもいいのだ。
自分が目指すものは自分で決めるものだ。
自分が目指すものを、しっかりと追い求めることが大事である。

大人も子供も夢をもっていきたいものだ。

・・・前田 隆

”高校生 プロ野球志願届提出者一覧”
[PR]
by maeda_takashi | 2007-09-04 07:00 | 【前田日記】
ストライクゾーン
佐賀北の初優勝で幕を閉じた今年の全国高校野球選手権大会。
佐賀北と広陵の決勝戦は5対4という接戦であった。
その時、問題視されたあの1球。

考えなければならないことは、
高校野球連盟や、その審判員ではなく私は、
日本のプロ野球審判員だと感じている。

日本のプロ野球審判員で、トップクラスの年収は
2,000~3,000万円である。
お金の問題ではないが、プロとアマチュアの審判員を比較すると、
大きく2つに分けた場合、
プロは“責任の審判”で、
アマチュアは“心の審判”ではないかと思う。

少年野球からプロ野球に至る審判員のレベルは当然高い。
勿論、野球自体のレベルも違う。
そのなかで、ストライクゾーンがプロになるほど狭くなっている。
これは、少年野球でストライクゾーンを広くとらなければ、
試合進行が遅くなってしまうことから始まっている。

日本の公認野球規則では、ストライクゾーンを次のように定めている。
『打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間』

規定はあるにせよ、
パ・リーグのほうがセ・リーグに比べてストライクゾーンが狭いとか、
アメリカではアウトコースが広いという傾向があり、
アマチュア野球では低めに関して、
ボール全てがストライクゾーンを通過しないとストライクにはならない。

結局、上手い球審とは
常に一定したコールができる審判である。


ところで、皆さんは打席の立つ位置を考えたことがありますか?

指導してきた子供達は知っていますが、
まず、立つ位置を変えるのは
球種の投球パターン傾向や変化球が変化し始める位置など、
その他さまざまな状況によって変えることがあります。

そこで、打席の前(投手側)と後ろ(捕手側)では、
打者からするストライクゾーンが、どのように違ってくるか分かりますか?
これをすぐに答えられない指導者はモグリですよ(笑)

とにかく、前田日記の“格言“に書いているように
アマチュアの審判へは感謝しなければならない。
そのアマチュア野球審判員の在り方を理解してもらう為にはまず、
同じ野球審判員のスペシャリストとして
プロの審判員が努力しなければならない。
明確な努力の方法は彼らが考えるとして、
子供達から『将来、プロ野球の審判員になりたい!』
という声が聞こえるようにすることだ。

将来、カリスマ審判員が出てくることを期待している。

そんなことよりも、岸さんの母校優勝をお祝いしよう!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2007-09-01 08:15 | 【番外編】