前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
第1号
オープン戦第1号!

私が社会人野球のキャンプに
初めて参加した時と同じように、
投球のキレに、レベルの高さを感じたようだ。

それを感じながらも、
センターへのホームランを放ったヒロ!
「やったな!ヒロ!」

打ったこと。
電話をくれたこと。
なにより、頑張っていることが嬉しい。

ガンガンいけー!ヒロ!

こっそり?応援にいくからな!

俺も気合入れてがんばろう。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-02-27 22:16 | 【前田日記】
氣力 ... 最後の授業
昨年の10月、この日記で紹介したドラマ
”フルスイング”の最終回が昨日放送された。


入院前日の卒業式の後、最後のホームルームで、
高畠さんは問いかけた。
『氣力とは何だと思う?』

「がんばること」
「根性」
「生きる」
「精神力」
と生徒達は答えた。

『ワシが思う氣力の話をしようか。

ワシはなぁ、

諦めん気持こそ氣力じゃといいたい。

諦めちゃいかん!!

ワシも!

みんなもじゃ!

九回裏、ツーアウトランナー無しでも、

何点離されとっても、

諦めん気持、これが氣力じゃ!

氣力は人を想うことで強くなる!

想われることでもっと強くなる!』


生徒達へ贈る最後のエールは、
身体の痛みを堪えて、教室で無言のバットスイングを繰り返すことだった。
諦めない気持、その気持を伝える心のフルスイングだった。
e0089732_1138226.jpg

高畠さんの奥様と電話で話をしたとき、
私は、このドラマの感動を上手く伝えることは出来なかった。
逆にドラマを見てくれたことへのお礼の言葉をいただいた。
奥様の言葉からも高畠さんと同じような、
人間の強さと優しさを感じた。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-02-24 11:26 | 【番外編】
5期生 おめでとう!
剛志!
慶太!
勝輝!
一至!
将太!
健人!
駿介!
佳蓮!
孝至!
翔太!
元鳳!
柾海!
太陽!
雄太郎!
卒団おめでとう!

私が知らない他の選手達も、おめでとう!
また、卒団はしていないが、
私と一緒にグランドに立った選手達、おめでとう!
このみんなが、彼らの素晴らしい未来に向けて、
努力し、苦しいときも歯を食いしばり、頑張って頑張りぬいて、
将来、幸せになってくれると願っている。

願うことしかできない私に、
卒団記念のタオルとDVDを贈ってくれたことを
本当に嬉しく思う。
e0089732_1935082.jpg

彼らとは少しの時間しか野球をすることができなかったが、
今でも多くのことを覚えている。
色紙に書いてあった彼らの言葉を一つひとつ読みながら
彼らの表情を思い浮かべた。
今はもう、あの頃とは違って心も身体も逞しい男達になっているだろう。
e0089732_1942169.jpg

初めて彼らに対し日記でコメントをしたのは、
中学入学から半年経った10月だった。
全員に『がんばれ!』と書いた。
今でも、その気持ちは変わっていない。

みんな!がんばれ!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-02-18 19:05 | 【前田日記】
やっぱり野球!
久しぶりに西東京へ出張?した。

チーム・マイナス6%のチーム員(№20339014)である私ですから、
議題は勿論、環境問題についてだ。
e0089732_1983255.jpg

...と思ったら、そのような話は一切なく、
議題は勿論、野球のことや子供達のことだった。

二人とも野球馬鹿であるため、
話が弾み、久しぶりに美味しい酒を飲むことができた。
宮さんも、あの頃の私と同じように、
熱く優しい目をして、嬉しそうに子供達の話をしていた。

青山シニアというチームは、
2002年、みんなの熱い情熱と御互いの信頼感、
そして、今から創りあげていく伝統が、
永遠に受継がれていくことを信じて立ち上げてきた。

その頃の想い出を語り合う二人は、
周りのお客様から見れば、”中年野球小僧”に思えたに違いない(笑)
それにしても楽しい一日だった。

今日の場所は千歳烏山だったが、
次回は是非とも東東京で会議を開催していただきたい!!
e0089732_19123871.jpg


また、宮さんから貴重なプレゼントをいただいた。
やっぱり”夢”という言葉やその字体には、
心を動かす力がある!とあらためて感じた。

”夢 - 星野仙一”
e0089732_1913373.jpg


私も夢に向かって頑張っていこう!
みんなの夢に乾杯!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-02-14 20:10 | 【前田日記】
さくら咲く!!
嬉しいー!

「合格しました!テンションやばいです(笑)」
電話の声からも嬉しさや表情が伝わり、
その声は、達成感と新しい夢に向けての希望に満ち溢れてた。

私も嬉しくて、興奮して話をしていたので、
娘から
「父ちゃんどうしたの?何か嬉しそうだね」と聞かれ、
「牛窪のお兄ちゃん、覚えている?
千葉で子守唄を歌ってくれたお兄ちゃん。
陽夏と手をつないで降りてきたのは、大島のお兄ちゃんで、
爽と手をつないで降りてきたのが、牛窪のお兄ちゃん」
「うん。覚えてる」
「牛窪のお兄ちゃん、大学に合格したよ」
「すごいねー。頑張ったんだね」

電話を切った後、更に嬉しさが込み上げてきて
今までのギューとの日々を思い出した。

目をキラキラさせて入部してきて、とても可愛かった。
何にでもトコトンやり通す性格で、
私も妥協をさせてもらえなかった(笑)
2年生になると、自分に厳しいながらもユーモアもあり、
優しさもあって楽しい男だった。
あの当時から、『とても人間らしい人間だなー』と感じていた。

そして、最後の高校野球では、
素晴らしい活躍をこの目で見ることが出来た。
厳しい練習を続けていくなかで、
こうして勉強も頑張ることが出来た。
よく頑張った。

ギュー!
合格、おめでとう!
そして、ありがとう。


また、スマイリー母様から葉書をいただいた。
葉書には、現在と10年前の写真があった。
小さなスマイリーは大きくなり、
小さなスマイリー母様はそのままである(笑)
e0089732_12391529.jpg

スマイリーは、
中学の頃から親への感謝を忘れない男だった。
勿論、今もその気持ちは同じであろう。
心の優しい彼ならば、
必ず立派な男になてくれるだろう。

スマイリー母様
こちらこそ、ありがとうございました。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-02-09 12:39 | 【前田日記】