前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2008年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧
フレッシュオールスターゲーム
フレッシュオールスターに出場することになった和幸!

元気な声で電話をくれた。
出場するからには、MVPを目指して頑張ってほしい。

日程は、
8月2日(土)
試合開始 18:00
イースタン・リーグ選抜(1塁側) VS ウエスタン・リーグ選抜(3塁側)
球場 : 山形蔵王タカミヤホテルズスタジアム(山形県野球場)


因みに、最優秀選手賞(MVP)として100万円、
優秀選手賞として4名に50万円が授与される。

試合よりも、他球団の選手やスタッフと交流できることが素晴らしい。

この試合を機に更なる活躍を願っている。


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-31 22:09 | 【前田日記】
組合せ ~ 第90回 全国高校野球選手権記念大会 
【第1日目】1回戦
① 1 駒大岩見沢 (北北海道) VS 2 下関工 (山口)
② 3 済美 (愛媛) VS  4 智弁和歌山 (和歌山)
③ 5 鳥取西 (鳥取) VS 6 木更津総合 (東千葉)

【第2日目】
① 7 日大鶴ケ丘 (西東京) VS 8 鹿児島実 (鹿児島)
② 9 城北 (熊本) VS 10 宮崎商 (宮崎)
③ 11 智弁学園 (奈良) VS 12 近江 (滋賀)
④ 13 新潟県央工 (新潟) VS 14 報徳学園 (東兵庫)

【第3日目】
① 15 常総学院 (茨城) VS 16 関東一 (東東京)
② 17 本荘 (秋田) VS 18 鳴門工 (徳島)
③ 19 浦添商 (沖縄) VS 20 飯塚 (福岡)
④ 21 千葉経大付 (西千葉) VS 22 近大付 (南大阪)

【第4日目】
① 23 本庄一 (北埼玉) VS 24 開星 (島根)
② 25 青森山田 (青森) VS 26 日本航空 (山梨)
③ 27 慶応 (北神奈川) VS 28 松商学園 (長野)
④ 29 大府 (東愛知) VS 30 高岡商 (富山)

【第5日目】
① 31 白鴎大足利 (栃木) VS 32 清峰 (長崎)
② 33 東邦 (西愛知) VS 34 北海 (南北海道)
③ 35 大阪桐蔭 (北大阪) VS 36 日田林工 (大分)

【第6日目】
① 37 桐生第一 (群馬) VS 38 金沢 (石川)
② 39 広陵 (広島) VS 40 高知 (高知)
③ 41 浦和学院 (南埼玉) VS 42 横浜 (南神奈川)
④ 43 菰野 (三重) VS 44 仙台育英 (宮城)

【第7日目】
① 45 福井商 (福井) VS 46 酒田南 (山形)
2回戦
② 47 聖光学院 (福島) VS 48 加古川北 (西兵庫)
③ 49 市岐阜商 (岐阜) VS 50 香川西 (香川)
④ 51 福知山成美 (京都) VS 52 常葉菊川 (静岡)

【8日目】
① 53 佐賀商 (佐賀) VS 54 倉敷商 (岡山)
② 55 盛岡大付 (岩手) VS 1と2の勝者


・ベンチは数字が小さいチームが一塁側、大きいチームが三塁側

大会は、8月2日(土)から開催されるため、試合日程は、
千葉経済大付が、8月4日(月)、日本航空が、8月5日(火)となる。

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-27 18:39 | 【前田日記】
信頼に応えた激走 重谷祐弥選手 ~ 東京新聞より
信頼に応えた激走 重谷祐弥選手
千葉経大付3年


狙っていた初球を狙い通りに上からたたいた。
三回裏二死二塁、
今大会打率が4割7分を超える千葉経大付のリードオフマン
重谷祐弥選手の打球は痛烈に右へ。
二塁打でチームに貴重な先制点をもたらした。

重谷選手は3回戦から右太もも裏に違和感を抱えていた。
準決勝で違和感が痛みに変わり途中交代。
肉離れだった。この日も試合途中から足を引きずっていた。
それでも六回の第3打席では敵失の間に三塁まで激走。
「チームのために」。責任感の強い重谷選手らしい好プレーだった。

春の選抜甲子園大会で4強入りした後、急激に調子を落とした。
10試合以上無安打の時期もあったが、松本吉啓監督は
「1番、ショート」から一度も外さなかった。
信頼度はピカ一だ。

七回、けがの治療をする重谷選手に松本監督が
「おまえは代えられないぞ」とげきを飛ばす。
重谷選手は
「監督の期待に応えたい」と最後までグラウンドに立ち続けた。

今春に続き自身2度目の甲子園出場を
自らのバットでたぐり寄せた重谷選手。
「甲子園に忘れ物を取りに行く」と照準を優勝に合わせた。 


・・・東京新聞 武田雄介
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-27 07:11
祐弥!優勝! 甲子園出場!!
【西千葉大会】決勝戦

沼南
1=000000010
2=00100100×
千葉経大付

やったな!\(^o^)/
祐弥!
乃基!
裕太!

春夏連続甲子園だ!!!!!
おめでとう!


海浜幕張駅を降り、
『祐弥!がんばろうぜ!』と思いながら、
久しぶりに千葉マリンスタジアムにやってきた。
e0089732_2246214.jpg

スタジアムに着くと、乃基父様と母様が迎えに来てくれて、
一塁側応援席に案内してくれた。
スタンドに着くと勇吾母様も応援に来てくれていたので嬉しい気持になった。
e0089732_22463766.jpg

そして、祐弥父様、母様とも会うことができた。
e0089732_2247938.jpg

皆様と久しぶりに再会でき”今日も勝つ!”と気合が入った。
e0089732_22483252.jpg


e0089732_22492917.jpg

試合は祐弥のタイムリーツベースで1点を先制し、
2点目も祐弥のスリーベースを次打者が犠飛で返した。
そして8回表、1点を返され尚も2死満塁。

強烈な打球は、祐弥の守るショートへ。
祐弥は、人工芝ならではの打球に対応し、
素晴らしいステップワークで見事にピンチを切り抜けた。

疲労と人工芝での影響なのか、祐弥は準決勝戦で大腿部を痛めていた。
シートノックの状態を見る限りでは、欠場の可能性もあった。

そんな中、今日の勝利!優勝は祐弥無しでは成し得なかったと思う。
本当によくがんばった!
そして、痛みを堪えてプレーしている姿が嬉しかった。
先制のタイムリーと三塁への果敢な走塁の時は、ガッツポーズで喜んだ。
e0089732_22503627.jpg

スタンドでは、祐弥をみんなが応援してくれていた。
智博父様、蛍父様、蛍母様もスタンドに駆けつけていた。
また、テレビで応援していた方も多かったようだ。
e0089732_005870.jpg


e0089732_22515655.jpg

Photo:祐弥父様・勇吾母様・智博父様・乃基母様・乃基父様

e0089732_22523659.jpg

Photo:祐弥と祐弥父様

e0089732_22525687.jpg

Photo:祐弥と

試合後、祐弥と抱き合って喜んだ。
脚のほうは「大丈夫です!」と言っていたが心配である。
『甲子園で、もうひと暴れしてこいよ!』と言って握手をした。
がんばれ!祐弥!
祐弥父様!祐弥母様!2号!3号!おめでとう!


また、乃基の姿を見ることができた。
遠くからではあったが私に気付いてくれて挨拶をしてくれた。
身長が、180センチ以上になっていて驚いた。

私に気付かずに前を通り過ぎた裕太をカシャ!(笑)
e0089732_2364821.jpg

二人とも来年に向け、最高の努力を期待している。
がんばれ!乃基!
がんばれ!裕太!

祐弥母様!乃基母様!千葉経の方!
お茶やタオルをありがとうございました。


帰りに私と智博父様は、
祐弥父様に駅まで送ってもらい、再度、祝福の握手をした。
そして、智博父様と今日の勝利祝いと
五季連続、延べ人数14名の甲子園出場を乾杯した。
e0089732_23243380.jpg

その時、智博と電話で話すことが出来た。
私は智博に、『応援に行けなくてごめん』と謝った。

智博は私に、
「この三年間で、一つだけ後悔していることがあります。
それは、途中で一度だけ野球を辞めようと思ったことです。」
そんな時、多くの人たちは、
今までやってきた智博の頑張りを知っていた。

「よくがんばっている!君達の頑張りを俺達は知っている」
辛いときに支えてくれた人たちへの感謝を智博は深く感じ取っていた。
「最後まで野球を続けてきて良かったと思っています」
私は胸を打たれた。
相手の気持を理解し、率先して行動に移すことができる男になってくれた。

智博!次の夢に向かってがんばれ!
応援している。


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-26 15:00 | 【前田日記】
野球旅 ~ 祐弥 乃基 裕太 決勝戦
【西千葉大会】決勝戦
千葉マリンスタジアム 13:00

千葉経大付 VS 沼南

祐弥! がんばれ!
乃基! がんばれ!
裕太! ばんばれ!


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-26 06:57 | 【前田日記】
来年を見据える「2番手」 ~ 朝日新聞より
2008年夏 来年を見据える「2番手」
二松学舎大付 小野田祐樹投手


2点差まで追い上げた7回、二松学舎大付の2番手、
小野田祐樹投手(2年)は肩で何度も息をし、間をとった。
「ここは自分しか踏ん張るヤツはいないんだ」。心の中で繰り返した。

今大会は、
エースの京屋陽投手(2年)と2人で6試合を10点に抑えてきた。
なかなか調子が上がらない京屋投手の救援として、
何度もピンチを救い、2試合は1人で投げきった。

この日も4回で3点をリードされ、マウンドを引き継いだ。
「頼ってばかりでごめん」と言われ、「おう、任せとけ」と答えた。
「うちのエースは京屋。尊敬すらしている。
だから、調子が悪いときは助けるのがオレの役目」とこれまでやってきた。

4回戦の朝、「2番手」の意識が変わった。
合宿所で市原勝人監督に怒られた。
連投の疲れか食欲がわかず、
「朝はごはん3杯」のルールを守らなかった。
「おまえは今日の一つの試合しか考えていないのか。
この先も、優勝すれば甲子園も、そして来年もある選手なんだぞ」

はっとした。
自分が試合を引き受ける気持を持たなければだめだと思った。
つらくてもしっかり食べるようにし、練習も率先して取り組んだ。
だが、連投の疲れから抜け出せなかった。

7回、1点とられて3点差。なをも2死三塁。
「もう1点も渡せない」。
気を引き締めたが3球目のスライダーが甘く入った。
「ふと気持が抜けた球を投げてしまった」。
打球は風に乗って左翼スタンドに。2点本塁打を放たれ、突き放された。

「オレはまだまだだ。この借り来年、京屋と一緒に絶対に返す」。
力尽きた2番手は、試合後、そう誓った。

・・・川崎紀夫(朝日新聞)
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-26 05:57 | 【前田日記】
地方大会試合結果 ~ 第90回 全国高校野球選手権大会
【東東京大会】準決勝
神宮球場 10:00

祐樹! がんばれ!
直人! がんばれ!

「前田コーチ、神宮にいますか?」
淳!電話ありがとう!
すまんな!今日は神宮に行けなくて。
同級生の応援、頼むよ!


二松学舎大付
2=000000200
7=11010130×
関東一

祐樹、4回2死から登板!

昼休みにテレビで応援していた。
リードされていても、ピンチになっても、味方のエラーがあっても、
爽やかな表情をしていた。

よくがんばった。
祐樹! 来年がんばれ!
直人! 来年がんばれ!


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-25 06:41 | 【前田日記】
地方大会試合結果 ~ 第90回 全国高校野球選手権大会
祐弥! がんばれ!
乃基! がんばれ!
裕太! がんばれ!

【西千葉大会】準決勝
千葉マリンスタジアム 10:00

東京学館船橋
0=0000000
7=032200×
千葉経大付
7回コールド
(決勝戦 7月26日 千葉マリンスタジアム 13:00 VS 沼南)


明後日は決勝戦だ!
必ず応援に行く!
そして、乃基や裕太と同じように
スタンドから心を込めて祐弥を応援しよう。


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-24 06:02 | 【前田日記】
地方大会試合結果 ~ 第90回 全国高校野球選手権大会
【東東京大会】準々決勝
神宮第二 12:30

世田谷学園
4=000040000
5=00220001×
二松学舎大付
(準決勝 7月25日 神宮球場 10:00 VS 関東一)


祐樹は、8回表、4対4、同点の場面で
先発投手を引き継ぎ、1アウト3塁のピンチを切り抜けた。

その裏、先頭打者の祐樹は
期待に応え見事にセンターオーバーのツベースでチャンスをつくり、
その後、勝ち越しの生還!
そして、そのまま逃げ切った。

勝利投手と勝利得点で大活躍の祐樹は、取材を受けた。
e0089732_17324338.jpg

勝利に結びついた直人の伝令も良かったのだろう!!


祐樹! 次もがんばれ!
直人! 次もがんばれ!


また、5期生の一至と雄太郎も世田谷学園のスタンドで応援していたようだ。

一至! 来年がんばれ!
雄太郎! 来年がんばれ!


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-23 06:24 | 【前田日記】
地方大会試合結果 ~ 第90回 全国高校野球選手権大会
祐弥! がんばれ!
勇吾! がんばれ!
乃基! がんばれ!
裕太! がんばれ!

【西千葉大会】準々決勝
県営球場 9:00

西武台千葉
5=000003110
6=000100401×
千葉経大付
(準決勝 7月24日 千葉マリンスタジアム 10:00 VS 東京学館船橋) 

祐弥! 次もがんばれ!
乃基! 次もがんばれ!
裕太! 次もがんばれ!



【西東京大会】準々決勝
神宮第二球場 10:00

堀越
5=000100201
6=00011004×
日大鶴ケ丘


勇吾!
三年間よくがんばった!
何度も挫けそうになったが最後まで高校野球を続けることができた。
本当にがんばった。

あの頃、体力的に限界がきても「大丈夫です!]と言い張って、
絶対に途中で諦めることをしなかった。
指導する私は、冷や冷やしながら見守っていたことを思い出す。

練習終了後、病院に運ばれた時は本当に心配した。
医師は私のことを
「お父様は・・・・」なんて話しかけてきたのでみんなで笑った。

あっという間の三年間だったと思う。
勇吾にとって、実のある高校野球だったと信じている。
一本杉球場での笑顔がそう思わせてくれた。

その時その時を一所懸命に行動するところが勇吾の魅力だ。

これからも、どんなときも、
一所懸命に!そして、将来の夢に向かって
一生懸命に!

がんばれ! 勇吾!
いつまでも応援している。


・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2008-07-22 06:05 | 【前田日記】