前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
手紙
祥月命日

榊原康造様とは、
私の尊敬する人物であり、目標としている方である。
一年前の今日、午前5時37分、天国へと旅立った。

知り合った瞬間にオーラを感じた唯一の人物である。
株式会社ヤナセの常務取締役をされていて、
私が財界をはじめ芸能界や球界、角界の方々と知り合うことができたのも
榊原さんの御蔭である。
常に私に対し厳しく接してくれて、
その中には必ず優しさが滲み出ていた。

飛行機での移動が多く、何度も機内ハガキに手紙を書いて送ってくれた。
手紙を読むとき、私はその途中で目を閉じて
手紙を書いてくれている姿を想像しながら読むようにしている。
そうすることで、より深く心に刻まれるからだ。
今まで沢山の方から受け取った手紙は私の大切な宝となっている。

榊原さんが入院して初めて神戸に行った時、
御見舞の花の多さに驚いた。
個室の部屋でも置ききれず、廊下まで花の道が続いている。
榊原さんの人柄、そして慕われてきたことの表れだった。

最後に会った日は、穴が開いた喉に器具が装着されてあった。
以前も、この日記に書いたとおり、筆談で会話をする姿で胸が苦しくなった。
別れ際、
「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」と
何度も何度も手を合わせて心の言葉で言ってくれた。
私は、
『また会いに来ます!楽しみに待っていてください』

もう会えないかもしれない...
榊原さんもそう思っていたのだと思う。
私は、お礼と感謝の気持ちを伝えたかった。

エレベーターを降り、
『戻って気持ちを伝えよう』と何度も足を止めた。
でも、
戻ってしまうと...
伝えてしまうと...
本当に今日が最後のような気がして戻ることができなかった。

数週間後、形見分けに同封されていた最後の手紙には、

「良き想い出に...」
「有難とう...」

と書かれてあった。

今までも、これからも私の心の支えである。
将来、私も榊原さんのように慕われて尊敬される人間になりたいと思う。


少し別の話になるが、
数か月前から話題になっている詩(曲)がある。
それは、“認知症の歌”、“介護の歌”と呼ばれる一曲で、
静かな共感の輪を広げている。

高齢の親から語りかける“手紙~親愛なる子供たちへ~”と題した詩で、
老いの現実を見つめ、親子の絆を考えさせる曲である。
歌うのは、樋口了一という、シンガー・ソングライターだ。

現在、日本には寝たきり、痴呆、虚弱などのため介護の必要な高齢者が
約200万人もいるといわれ、日本社会の高齢化が急速に進む中、
この数は15年後に、520万人にもなるといわれている。
そうした中、介護に行き詰まり命を絶つ人も多いという。
近い将来、私にも起こりうることとして考えなくてはならない。


勇気付けてくれる詩...

幸せを思い出させてくれる詩...

今、大切にしたいと思わせる詩...


“ 手紙~親愛なる子供たちへ~ “

年老いた私がある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい
あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように
見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の
準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して 支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ 愛する子供たちへ


「親を大切に想う」ということ...
しっかりと心に刻んでいたい。

・・・前田隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-27 00:00 | 【前田日記】
母の日
東京青山リトルシニア父母一同様!

きれいな花が届きました。
本当にありがとうございます。

いよいよ3年生にとっての最後の夏ですね。
父母の方々は、野球、家庭、仕事と大変だと思いますが
お体を大切にされて、この季節を皆様で乗り切ってください。

また、2年生、1年生の父母の方々も、いつかやってくる中学最後の季節。
同じ思いで取り組む事によって我が子の代での達成感が変わります。
これは、その姿を見ている我が子自身の達成感にも大きな影響を与えます。
頑張ってみてください。同じ気持ちで。

最後の夏、そして卒団する時、
我が子の成長を肌で、心で感じ取ることができます。

追伸:
来年の母の日は、これまでのお気持ちだけで充分です。
e0089732_1152137.jpg

子供達にとっての中学最後の夏は一度だけ。
御父兄にとっても一度だけ。
指導者にとっての夏は毎年やってくる。
毎年だからといって、
指導者にとって、やってくるこの夏は決して生易しいものではない。

小学生を卒業した子供達は皆、
様々な夢、希望、心、技術、体力をもって入団してくる。
二年後、中学三年生になった春には、その様々さがより広がり深くなる。
深くなればなるほど気持ちを同じ方向に向けることは難しい。
毎年同じ方法が通用しないから尚更難しいのである。
しかし、指導者は一生懸命に子供達と接することで、
子供達からヒントを得ることができる。

そして、選手達は指導者の一つの言葉や姿を感じ取り、
彼らは自らの力で心を一つにすることができるようになる。
そう感じた時、指導者はホットするものである。

そんな想いを持ち続けている青山の指導者。
林さん、宮下さん、若林さん、望は素晴らしい指導者である。
私がいた頃、仲が良い皆と何度も喧嘩をした。
それは、全員が子供達のことで一生懸命だったからであり、
子供、野球が好きだったからである。

子供達も親も指導者も人間であり、
全ての子供達の性格や感受性、考え方を
100%把握することは不可能である。
だから人間同士は面白いし、惹かれあうし、難しいし、間違う事もある。
しかし、指導というものに間違いはあっても嘘はない。
”間違い”といっても取り返しがつかない間違いではない。
何度でもやり直せる間違いであるからこそ、指導者も永久に勉強をする。

嘘がない指導を心掛ける者にとって何より力となってくれるもの。
それは、
”信じてくれる者がいる!”ということ。


下手な選手ほど、心を込めた。
上手い選手ほど、厳しさを込めた。
相手の気持ちを考えない選手には、拳を込めた。
がんばる選手には、気合と魂を込めた。
最後の季節には全員に全てを込めた。

そして、選手たちから感動をもらった。
それが”青山”というチームである。

東京青山リトルシニアの活躍を願っている。

・・・前田 隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-10 11:52 | 【前田日記】
青柳さんと副団長の野球旅
青柳さんと副団長が、
専修大学と東京農大との東都大学春季リーグ戦を観戦したようだ。

副団長は農大出身ではあるが、
勿論、直樹と泰成がいる専大を応援するために旅に出たのだろう!?

直樹はオープン戦から調子が良く、試合に出場していた。
しかし、不運な怪我により2回目の手術を終えたばかりだ。

このような辛さ、悔しさ、苦しみは、経験した本人でしか分からない。
逆に本人でしか分からないほうが良い。

人生、過去はすべて経験となる。
どんなに辛い過去であっても、どんなに楽しい過去であっても、
それは全て過ぎ去った出来事、経験である。
その経験したという事実を生かすも殺すも本人の意思一つで決まる!
どうせなら、辛い経験ほど生かすべきだし、生かさなければならない。
その結果、
耐え抜いて生かしたことが更に良き大きな素晴らしい経験となってゆく。
e0089732_14315794.jpg

先日、電話で話をした時、
直樹が、それを生かそうとしている気持ちを
私は十分に感じ取ることができた。

過ぎ去った辛い出来事は将来、喜びを与えてくれる。
その時にその出来事を振り返ってみよう。
そうすれば決して後悔とはならない。
がんばろうぜ!直樹!

副団長と青柳さんは、泰成には会うことができなかったようだが、
先日の泰成との電話では、
爽やかでもあり、ハキハキとしたキレのある声を聞かせてくれた。
充実した日々を送っていると感じさせてくれる声でもあった。
中学時代とはまた違った先輩後輩の関係を築き上げてゆくことだろう。
がんばれ!泰成!

また、もう一人。
久しぶりに友と会うことができたようだ。
副団長から写真が送られてきたのだが、
あの頃からは想像がつかないくらいに凛々しい大人の顔になっていた。
友といっても友達の友ではない(笑)
重松友である。

当時、友は頻繁に私に質問をしてくれていた。
そして、アドバイスしたことをすぐに実行する選手だった。
目がクリっとしていて優しい顔をしていたが、
確りとした目標を持ち、積極性もあり、いつも前向きな少年だった。
e0089732_14322387.jpg

残念ながらその先、指導することができなかったが、
今、こうして元気でいることが何より嬉しい。

逞しくなった友の姿を一度は見に行きたいと思う。
がんばれよ!友!

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-06 14:29 | 【前田日記】
3期生父母殿! ありがとうございました。 
配達終了後、3期生父母の飲み会?(^_-)-☆に参加させてもらった。

功平、勇吾、匡輔、泰成、竣亮、祐弥、勇斗、剛暉、智博の父母の皆様!
ありがとうございました。

昨日は、
宮さんの青山復帰祝いなのか?
望の誕生日遠隔祝いなのか?
伸浩の〇〇祝いなのか?
私の配達お疲れさん会なのか?何の集まりか分からなかったが、
皆で、たわいもない話をすることだけでも楽しい一日であった。

“楽しむ時もいつも今!”(笑)
3期生の父母に感謝!です。
e0089732_1741849.jpg


e0089732_1743075.jpg


e0089732_1743917.jpg


e0089732_1744815.jpg

青山シニアというチームは、
1期生父母の力で立ち上げた草創期。
2期生父母の力で基礎を作った成長期。
3期生父母の力で流れに乗せた発展期。
そして、
4期生から現在の9期生へと受け継がれ、躍動してゆく時期を迎えている。

我が子が卒団して3年が経過した今でも、
青山というチームを見守っている3期生父母。
また、その団結力に驚かされた。
この先、こうして全員が集まることは滅多にない事だろうが、
これからも私たちと同じように青山シニアを見守ってもらい、
そして将来、卒団生が青山の指導者となって帰って来てくれると願う。
e0089732_1745814.jpg


e0089732_175882.jpg


e0089732_1751660.jpg


e0089732_1752577.jpg


e0089732_175346.jpg


e0089732_1754216.jpg


e0089732_1755291.jpg

3期生達も大人になってゆく。
親にとっては、我が子が大人になってゆくことへの寂しさもあるだろう。
私にとっては、これから更に成長してゆく彼らの姿が楽しみである。
みんな、これから先も自分が目指す夢をもち、追い求め続けてほしい。
がんばろうぜ!

追伸、酔っ払いの電話応対をしてくれた泰成、剛暉、智博。
ありがとう(笑)

・・・前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-03 17:01 | 【前田日記】
空港で昼食
e0089732_15373934.jpg


e0089732_15374035.jpg


e0089732_15374011.jpg

一区切りつき、調布空港で腹ごしらえ。
少食な私は、大盛オムライスで腹一杯。
宮さんはプラス、大盛ミートソースとポテトを5分で平らげた。
スパゲッティは、なぜかスプーンと箸で食べていた。
さて次は、桜上水、目黒、秋葉原だ。
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-02 15:37 | 【前田日記】
やらかしたー(((^^;)
e0089732_12232554.jpg

調布、府中、立川、八王子と順調にきた配達も山場をむかえた南大沢で台車に載せた240キロの米袋が壁と衝突!(^-^)v

ガムテープで難を逃れたが、今までと違った汗が出てきた。

ということで、バービー100回の前ちんでした(笑)
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-02 12:23 | 【前田日記】
京王線?京王新線?
e0089732_8564335.jpg

新宿駅で乗り換え、京王線への案内表示通りに進むと、いつの間にか京王新線の表示に変わっていた。間違えたー!
笹塚と明大前で2回も乗り換えなければならない。
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-02 08:56 | 【前田日記】
今日は配達日
e0089732_8175154.jpg

e0089732_8175132.jpg

いざ!聖地調布!
板橋駅のホーム前にあるアパホテルの女性社長が私に、「今日1日頑張って!」と言っているようだ。
[PR]
by maeda_takashi | 2009-05-02 08:17 | 【前田日記】