前田日記(写真集)
ブログトップ
<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
城旅~天空の城

日本の三名城と云えば、江戸城は別格として日本国内に於いて
名城とされる城の上位3つを挙げたものであるが、
選定基準は時代や定義により諸説がある。

城郭の規模でいうと周知の通り、江戸城・名古屋城・大坂城。
江戸時代の天守で選定すると、名古屋城・姫路城・熊本城となる。
これは、落雷で焼失していた大坂城を外して、姫路城を選んでいる。
また、設計者の技術でいうと、名古屋城・大坂城・熊本城となる。
これは、城造りの名手である藤堂高虎と加藤清正が普請した城の中で
最も優れた城を選んでおり、池田輝政が築城した姫路城を外したようである。
その他のベスト3は以下の通りである。

・日本名城・・・松本城(長野県)/姫路城(兵庫県)/熊本城(熊本県)
・三大山城・・・岩村城(岐阜県)/高取城(奈良県)/備中松山城(岡山県)
・三大平山城・・・津山城(岡山県)/姫路城/松山城(愛媛県)
・三大水城・・・高松城(香川県)/今治城(愛媛県)/中津城(大分県)
・三大湖城・・・松江城(島根県)/膳所城(滋賀県)/高島城(長野県)
・三大連立式平山城・・・姫路城/松山城/和歌山城(和歌山県)

私の中の三名城はというと、
犬山城、安土城、竹田城である。

1.犬山城(日本の白帝城:最古の木造天守閣)
何と云っても室町時代に建てられた城で、
天守は現存する日本最古の様式である。
木曽川を見下ろすように佇むこの天守閣からの眺めは、まさに絶景だ。
逆に、犬山橋やライン大橋や岐阜県側から見る犬山城の風景は幻想的で、
まさに白帝城のようである。
また、周辺の城下町の古い町並みには情緒と風情が感じられる。

2.安土城(幻の城:天下布武の夢跡)
本能寺の変の13日後、天主は炎上焼失してしまったが、
城郭そのものの偉大さが伝わってくる。
戦国時代や城郭好きな人にとっては必ず行ってみたい場所である。

3.竹田城(日本のマチュピチュ:天空の城)
秋から冬にかけての晴れた早朝に朝霧が発生し、雲海に包まれると、
まさに天空に浮かぶ城を思わせる。
また、縄張りが「虎が臥せているように見える」ことから別名、
虎臥城とも呼ばれている。
e0089732_15405991.jpg

ということで、竹田城に行ってみようと思う。
二十歳の頃、姫路から舞鶴へ向かう電車の車窓から虎臥山を見上げたことがあるのだが、
実際には登ってみたことがないので楽しみである。

・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-29 23:46 | 【前田日記】
昌己少年~日本昔話
☆ふんばろう東日本支援プロジェクト☆

♪~
坊~や~よい子だ寝んねしな~
い~まも昔もかわりなく~
は~はのめぐみの~子守唄~ぁ
遠~い~むかしの~も~の~がたり~ぃ~~


むかしむかし、調布というところに、大きくて元気な男の子が生まれました。
男の子は「昌己」という名を受けて、
すくすくと育ち、やがて強い男の子になりました。

小学生になると神代山へ柴刈りに、多摩川へ洗濯に行きました。
昌己少年が川で洗濯をしていると、
ドンブラコ、ドンブラコと、野球ボールが流れてきました。

「おや、これは良いおみやげになるわ!」

昌己少年は野球ボールを拾いあげて、
匍匐前進をしながら家に持ち帰りました。

そして、野球ボールをじっと見ていると・・・
いつの間にか!セットポジションをしていました。
e0089732_10453931.jpg

「これはきっと、神様がそうさせたにちがいない!」
と思った昌己少年は、
来る日も来る日もセットポジションの練習を続け、
その厳しい練習をのり越えようと、中学生になっても、高校生になっても、
いつも、どんな時でも、セットポジションを欠かしませんでした。

その努力が実り、昌己少年はプロ野球選手になることができました。
そして、活躍するようになり、
あの!星野仙一氏!やランディ・バース氏をはじめ、
多くの仲間達と共に野球をすることができました。
e0089732_10465298.jpg


e0089732_1047135.jpg

そして、昌己様は今!
これまでの経験を活かし、
野球少年達に心を込めた指導をしながら、
ホッピーを片手に幸せに暮らしているとさ。
・・・おしまい(^_^)

おまけ写真(3号とアリンコ)
e0089732_10494497.jpg


☆第3回昌己爽やか写真展☆
■本日5月5日は初勝利記念日
e0089732_20491026.jpg

■人生初のお立ち台
e0089732_20491862.jpg

■かわい~ぃ
e0089732_20492777.jpg


☆昌己アジェンダ23☆
■1号救出
e0089732_13314790.jpg

■2号救出
e0089732_13315492.jpg

■3号救出
e0089732_1334135.jpg

■ツバメの向こうに三宅精一氏が見える
e0089732_17422293.jpg

■アイガー救助隊やっくん
e0089732_17423050.jpg

■どや顔のつば九郎
e0089732_1592349.jpg

■どや顔の宮九郎
e0089732_1593221.jpg

■背番号1の1号
e0089732_1237119.jpg

■背番号1の打席
e0089732_16325279.jpg

■暑いから黒い手袋を外そう
e0089732_1633576.jpg

■寒いから白い手袋にしました
e0089732_1633156.jpg

■働いた後の一服
e0089732_18484794.jpg

■左瞼が腫れていますか?!
e0089732_184926.jpg

■「そらき」のマスコットガール
e0089732_19463625.jpg

■2年生救助隊の小町くん!
e0089732_1801247.jpg

■救助隊長は何処を見ているのだろうか?
e0089732_18583579.jpg

■サイン!楽しそうな信長様
e0089732_168374.jpg

■何のマーク?
e0089732_200199.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-29 10:50 | 【前田日記】
野球旅~大志 順基
さぁ、出発!
昨日、雨で順延となった大志と順基の野球旅。
昨年の夏に剛志、慶太、健人、元鳳を応援に行ったとき以来の再会となる。

2年数か月前、
高校入学前の大志とは神宮第二球場で言葉を交わしたことがあるのだが、
私の質問に、ニコニコ顔で答えてくれた大志に、大志父様は、
「ニヤニヤせずにシャキッと答えろ!」なんて仰っていた。
(^_^)

大志母様とは、昨年の夏に、
神宮球場で偶然にもお会いすることができ、
龍之介や優輝父様と一緒に柾海の応援をしてくれた。

今朝も4時半に起床し、爽快な青空の下を散歩してきた。
野球旅に行く時に毎回思うことだが、
私は野球を見に行くわけでも、試合を見に行くわけでもない。
彼らの元気な姿を見たいから旅に出るのだ。

彼らの中学時代に指導をすることができなかったが、
縁あって知り合うことができた大志と順基。
今日も元気な姿を見せてくれるだろう。

彼らが中学生の頃にも、
あの素晴らしい合宿を経験したのだろうなぁ・・・

あの早朝特守や特打をやってきたのだろう・・・

夜間練習もやってきたのだろう・・・

宿舎の寝床では、
選手同士で楽しい話をしながら眠りについたことだろう・・・

また、高校へ入学した後も努力を積み重ねて、
更により深く、心と体を成長させてきたのだろう・・・
そんなことを想像しながら球場へと向かう。

今日も、がんばろう!大志!
今日も、がんばろう!順基!


・・・ということで、野球旅に行ってきた。
大志と順基は二人とも、生き生きとした表情をしていた。

彼らのゴツゴツした手を握りながら、『がんばるんだぞ!』と声をかけた。
大志は、
センスのよい守備とコンパクトで鋭いスイングをしていて、
力強い打球を飛ばしていた。
順基は、
試合には出場しなかったが、怪我もなく、体も心も大丈夫だと言っていた。
その気合いの入った表情が嬉しかった。
e0089732_17294626.jpg


e0089732_17295650.jpg


e0089732_17311029.jpg

二人共、この春を大切にして、胸を張って最後の夏に挑むことだろう。

頑張れ!大志!
頑張れ!順基!
e0089732_1730241.jpg


e0089732_17303426.jpg


e0089732_17304235.jpg


e0089732_17305157.jpg

また、大志父様と母様、
そして、優輝父様や荻野様ともお会いすることができて楽しい旅だった。
大志母様!お茶をありがとうございました。
大志父様!優輝父様!荻野様!荻野様の友人様!
一緒に観戦させていただき、ありがとうございました。

・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-24 08:59 | 【前田日記】
野球を通じての想い
東北地区の春季高等学校野球大会が中止となったことに伴い、
福島県大会も、その支部予選も中止となってしまった。

復旧・復興に向けて、
被災者でもある自分自信がボランティアに参加し続けた日々、
炊き出しを行ったり、配給を手伝ったりした選手達がいた。
彼らには、その行動を”苦労”とは思わない素晴らしい心が生まれた。

「野球の練習ができるだけで有り難い・・・」
今、彼らの心の中には、新しい強さと感謝の気持ちが込められている。

残す公式戦は夏の甲子園代表校を決める県大会だけとなってしまったが、
私は、その大会が甲子園大会よりも、
大きな感動と勇気を与えてくれる大会になってくれると思っている。
被災地のチームの選手達が、
被災した人々に野球を通してメッセージを発してくれるだろう。
また、東北地方だけではなく、日本全国の気持ちが集まる大会になるだろう。

夏に向かって!
未来に向かって!
自分の精一杯を出し切った毎日を送ってほしい。
そして、頑張ってほしい!・・・そう、心の底から思っている。

今日も、私と知り合ってくれた多くの子供達が明るく元気に頑張っている。
青山卒の高校三年生で云えば、
将平、大志、順基、憲太、輝久君たちの試合や練習が各地で行われており、
それぞれが、それぞれの想いで今、
その場所に立っていることに感謝しているだろう。
e0089732_11124833.jpg

あの日から約一ヶ月、いろいろなことを考えさせてもらった。
そして今、『自分自身が元気でいること!』という気持ちで結論付けた。
この日記を読んで頂いている皆様も同じように、
明るく、元気に、そして晴れやかに毎日を過ごしてほしいと思っている。


話は変わるが、
先日、蛍からポスターが送られてきた。
日本女子プロ野球リーグでも、
『心はひとつ。がんばろう日本!』をスローガンとして、
東日本大震災の救援・復興活動を支援し、応援している。
e0089732_1114247.jpg

蛍!
ポスターを送ってくれて、ありがとう!
将平母様!
無理を言って、将平の写真を送っていただき、ありがとうございました。
男らしく逞しくなった将平の表情が私を元気付けてくれます。

さて、来週は埼玉への野球旅にゆく!
大志!順基!
今日も勝ってくれー!(^_^)
e0089732_18273834.jpg

私は思う・・・
私にとって、応援できることが幸せであると。

・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-17 12:34 | 【前田日記】
This is the time to focus.
It has been getting warmer and it’s feeling more and more like spring, but it is cloudy sky today. I watched cherry blossoms this morning today in a neighboring park. It was flowering of the 30% degree, but still felt strength on the flower and bud.
e0089732_1153040.jpg


e0089732_11534935.jpg


e0089732_11535714.jpg

It is the season of parting and the encounter, but thinks that it is the season when a heart is connected in spring even if I make whichever.

I feel that the finals of the spring National High School Baseball Championship game are carried out glad today. And I think that I want you to show the last game that is splendid in the summer. I look forward to a trip to watch a game of baseball.

Baseball of the heart!
The world that was connected by the heart!
Let's do its best now!


Sorry, wrong words and sentences. m(_ _)m
I'm hardly aware of what I'm writing any more.
So I must close. (^_^;)

ということで、前田日記初の試みとして、片言の英語で記しました。
間違いだらけの英文だと思いますが、
なんとなく解っていただけたと思います。
勿論、皆様からのコメントも英語、または外国語で
お願い頂ければと思っております。

・・・Takashi Maeda(^_^)

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-03 11:54 | 【前田日記】