前田日記(写真集)
ブログトップ
卒団式~11期生
11期生!卒団、おめでとう。

君達と出逢えたことを心から嬉しく思う。
君達と過ごせた期間は、あまりにも短く、長い者でも10ヶ月間しか指導をすることができなかった。『わずか数か月の付き合いであろうと、数年以上の心の触れ合いを生み出すことはできる!』と自分に言い聞かせながら、毎週、君達と接することを楽しみにしていた。その結果、少しずつではあったが、君達と共感を覚えるようになれたことが私の英気を持続させてくれたように思う。ときには厳しい言葉を掛けたこともあったが、みんなが私に理解を示してくれたことを何よりも嬉しく思っている。

卒団式では同級生達に向けて、「みんな、ありがとう!」という御互いの言葉を聞くことができ、過去を知らない私でも、やっと胸を撫で下ろすことができたように思えた。友人との温かい関係は人間としての情を育み、思いやりの心と共に御互いに希望を与え、支え合って、励まし合って、心を豊かにしてくれるものだ。

皆が口を揃えて、「野球ができる喜びを知った・・・知ることができた」と言っていたが、その喜びを、そのまま持ち続け、新しい目標を設定し、達成の度に次の目標に向かって、諦めることなく頑張り続けてほしい。決して、自分で限界を決めてはならない。苦しい、難しいからといって逃げ出さないでほしい。
いつの日か、苦しみを乗り越えた本当の喜びを心と体で掴んでほしいと願っている。

高校へ入学すると自分のことを自分で判断しなければならない場面が増えてくる。逆に云えば、自分で判断をすることができる!と、前向きに考えてほしい。それは自分への責任感を生み、強い男になるための大きな経験となるからだ。だから、この先どんなに辛いことがあっても、この仲間達のことを忘れず、高校でも新しい友達と助け合って、協力し合って、喜び合いながら素晴らしい経験を積み重ねてほしいと思う。そして、人の為に汗と涙を流せる男になってくれると信じている。

みんな!
がんばっていこうぜ!

大吉!
所用で式に参加できず残念だったが、卒団、おめでとう!


保護者の皆様!
おめでとうございました。
皆様と同じように私も彼らのことを、いつまでも応援しています。

・・・前田隆

【子供達から私への言葉】

■約1年間、ありがとうございました。自分達の野球の技術や精神的な成長は前田コーチのおかげです。本当にありがとうございました。高校での自分に期待してください。

■一年間、ありがとうございました。前田コーチには短い間でしたが、毎週、ためになることを教えて頂き、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

■短い間ですが、前田コーチからは色んなことを学びました。高校へ行っても青山で学んだことを活かし頑張ります。

■いつも優しく指導をしていただき、ありがとうございました。前田コーチ大好きです。甲子園に出るので見ていてください❤️今まで、ありがとうございました。

■短い間でしたが、本当にお世話になりました。前田コーチの厳しい指導で、より良い技術を手に入れることができました。本当にありがとうございました。

■短い間、ありがとうございました。前田コーチには本当に、たくさんのことを教えていただきました。本当に感謝の気持ちしかないです。ありがとうございました。

■前田コーチには優しく、ときには厳しく、色々なことを教えていただきました。高校で悔いのないようにがんばります。短い間でしたが、ありがとうございました。

■熱心な指導ありがとうございました。自分は前田コーチに野球を教わることができ、とても良かったです。できれば三年間教えてもらいたかったです。今まで、ありがとうございました。

■前田コーチには野球に関することから様々なことをたくさん学びました。ありがとうございました。

■前田コーチは一言でいうと「良いコーチ」です。優しくて、野球を知っていて、分かりやすくて、時に厳しくて、最高のコーチです。一年間でしたがありがとうございました。

■いつも優しく接して下さりありがとうございました。短い間でしたが、お世話になりました。またバッティングフォームを見てください。

■前田コーチは大人として、男としても尊敬できます。かっこいいです。約1年ですが色々な事を教えて頂きありがとうございます!!技術でも、男としてでも、いつか必ず結果を出し証明します。大人になったら飲みましょう!!

■いつも練習などで声をかけていただき、ありがとうございます。とても話していて楽しかったです。ありがとうございました。

■いつも選手の体調を気づかっていただき、ありがとうございました。短い間でしたが、お世話になりました。

■前田コーチと野球をしている時間、とても楽しくて幸せでした。海の思い出、とても楽しかったです。他にも色々と自分達の事を考えてくれて、ありがとうございました。高校、ガンバリます。

■前田コーチは、いつも優しくて憧れのコーチでした。。しかし、その優しい分、怒るととても怖く、怒られるかと、いつもビクビクしていました。これからも高校で頑張ります。ありがとうございました。

■バッティング、色々と改造してもらい、ありがとうございました。このフォームでホームランを打ちまくります!!

■青山で学んだことを忘れず、高校でもがんばります。

e0089732_13521369.jpg
e0089732_13522649.jpg
e0089732_13524259.jpg
e0089732_13525456.jpg
e0089732_1353449.jpg
e0089732_13531531.jpg
e0089732_13532670.jpg
e0089732_13533836.jpg
e0089732_13534867.jpg
e0089732_13535853.jpg
e0089732_13543188.jpg
e0089732_13544092.jpg
e0089732_13545194.jpg
e0089732_1355161.jpg
e0089732_13551286.jpg
e0089732_13552261.jpg
e0089732_13553153.jpg

追伸:
南の帝王様!西の横綱様!北の最終兵器様!
私の無茶振りに、ご対応を頂き誠に有り難うございました。
和駿父様!そして・・・颯亮父様!(^_^)有り難うございました。
また、二年生、一年生、六年生の保護者の皆様もお疲れ様でした。

高校野球ドットコム
社会人野球ドットコム
ベースボールドットコム
東京青山リトルシニア(公式ウェブサイト)
東京青山リトルシニア(facebook)
前田 隆(facebook)
前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
[PR]
# by maeda_takashi | 2014-02-09 23:20 | 【前田日記】
オーシャンカップ優勝 & 三年生達の美声
二年生はオーシャンカップで茨城県へ遠征。同行した一年生は試合の見学とトレーニングに励んだ。

【オーシャンカップ】 
■決勝
常総シニア 000001=1
青山シニア 021203=8

■準決勝
前橋シニア 000001=1
青山シニア 101012=5

■予選リーグ
宇都宮シニア 000000=0
青山シニア  011113=7

■予選リーグ
千葉北シニア 011000001=3
青山シニア  100010000=2

二年生!優勝!おめでとう!
この優勝が春季大会に向けての良い足がかりになってほしいと思う。
千葉北シニアさん!横須賀シニアさん!前橋シニアさん!宇都宮シニアさん!三島田方シニアさん!常総シニアさん!さいたま市中央シニアさん!山梨都留シニアさん!
オーシャンカップに参加頂き、誠に有り難うございました。今後ともどうぞ宜しく御願い致します。


私はというとATAで三年生達と体を動かし、夕食は焼き肉、その後はカラオケとコンサートで楽しんだ(^_^)/男らしい声、低い声、甘い声、優しい声など様々な歌声で私達大人を楽しませてくれた。
三年生!ありがとう!

・・・前田隆

☆汗を出した後の焼肉は旨い
e0089732_1438750.jpg

☆凌大が写っていないのでもう一枚
e0089732_14383525.jpg

☆寛人母様、凌大母様、海雄母様、敬太郎・裕次郎母様、桂将母様と三年生の弟、妹達
e0089732_14385382.jpg

☆将暉父様、遼母様、颯母様・・・慎太郎と海雄も楽しそう
e0089732_14391097.jpg

☆寛人父様と私
e0089732_14392727.jpg

☆将暉父様、寛人父様、敬太郎・裕次郎母様と私・・・凌大母様も少し(^_^)
e0089732_14394547.jpg

☆ATAコンサートホール
e0089732_144027.jpg

☆スペシャルゲスト
e0089732_14402143.jpg

☆私達は親に感謝し、孝行することを誓います!
e0089732_14403970.jpg

高校野球ドットコム
社会人野球ドットコム
ベースボールドットコム
東京青山リトルシニア(公式ウェブサイト)
東京青山リトルシニア(facebook)
前田 隆(facebook)
前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
[PR]
# by maeda_takashi | 2014-01-27 21:50 | 【前田日記】
平常心を保つために
時期的に少し早いが、この三連休から紅白戦を開始した。紅白戦とはいっても通常の紅白戦ではなく、攻撃紅白戦と守備紅白戦である。

今回はトレーニングを賭けて、多少の緊張感を持たせたが、実戦では勝ちを引き寄せるための自分自身に対する緊張状態が続くことを子供達には強く認識してほしい。
その緊張感を伴うプレッシャーというものは、元々マイナス思考から生まれるものではあるが、プレッシャーに打ち勝つことは決して難しいことではない。なぜならば、プレッシャーを跳ね返すこととは、能力を超えた結果を求めることではなく、平常に修正するための能力だからである。では、平常に修正できる能力、所謂、平常心を保つために何をすべきか?
それは...出来ることはする!出来たことを継続する!の繰り返しだけなのである。

勝敗を左右する最も重要な場面で送りバントを成功させるプレッシャーは、練習では体験できない凄まじいほどの緊張を伴う。その猛烈な緊張感の中で成功できたときの達成感は努力し続けてきた者ほど大きい。子供達には、そんな喜びを味わってほしいと思う。
「試合で成功させたい!」と心底思っている選手は何度も何度も練習を繰り返す。その繰り返しこそが、緊張状態の中で平常心を保つための精神的支柱となる。俗に云うバックボーンである。

なお、送りバントは成功して当たり前だと思っている人も多いが、野球の技術の中で最も練習を積み重ねなければ成功率を高めることはできないということと、バントも他の技術と同じように下半身の力を必要とするプレーであることを忘れてはならない。

少し話は変わるが、彼らにプレッシャーを与える方法を一つ思いついた!
チャンスがあれば、彼らの学校の友人を招いて紅白戦をしてみたい。更に、居るか居ないかは分からないが、できれば彼らの彼女が練習や試合を見てくれると有り難い(^_^)
懸命に練習している者にとっては、そんなことでプレッシャーを感じることなど無いと思うが・・・(^_-)


子供達よ!
人生に無駄な努力など一つもない!努力ができることを幸せだと思い、頑張り続けよう!

「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆、努力している」
・・・ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン


また、三年生達は、「馬跳び祭り」でヘトヘトになり、翌日は全身筋肉痛だったため、起床時刻を遅らせて、野球はせずにプールと銭湯で癒しの時を過ごしてもらった。馬跳びで頑張った分、25、26日のミニ合宿は、「打撃祭り」にしたいと思っている(^_^)/

卒団式が近づくにつれて一抹の寂しさを感じる今日この頃...
三年生達との残り僅かな日々を大切に過ごしていきたいと思う。

・・・前田隆
☆千葉市若葉区原産のスイカ...遠くに落武者が見える
e0089732_0164296.jpg

☆カールおじさんと子供達...と将暉父様
e0089732_13483242.jpg

☆みんな一緒に
e0089732_13485410.jpg

☆海が似合う男達
e0089732_13492846.jpg

☆おまけ
e0089732_13495434.jpg

高校野球ドットコム
社会人野球ドットコム
ベースボールドットコム
東京青山リトルシニア(公式ウェブサイト)
東京青山リトルシニア(facebook)
前田 隆(facebook)
前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
[PR]
# by maeda_takashi | 2014-01-13 23:40 | 【前田日記】