前田日記(写真集)
ブログトップ
タグ:写真 : その他 ( 42 ) タグの人気記事
昌己少年~日本昔話
☆ふんばろう東日本支援プロジェクト☆

♪~
坊~や~よい子だ寝んねしな~
い~まも昔もかわりなく~
は~はのめぐみの~子守唄~ぁ
遠~い~むかしの~も~の~がたり~ぃ~~


むかしむかし、調布というところに、大きくて元気な男の子が生まれました。
男の子は「昌己」という名を受けて、
すくすくと育ち、やがて強い男の子になりました。

小学生になると神代山へ柴刈りに、多摩川へ洗濯に行きました。
昌己少年が川で洗濯をしていると、
ドンブラコ、ドンブラコと、野球ボールが流れてきました。

「おや、これは良いおみやげになるわ!」

昌己少年は野球ボールを拾いあげて、
匍匐前進をしながら家に持ち帰りました。

そして、野球ボールをじっと見ていると・・・
いつの間にか!セットポジションをしていました。
e0089732_10453931.jpg

「これはきっと、神様がそうさせたにちがいない!」
と思った昌己少年は、
来る日も来る日もセットポジションの練習を続け、
その厳しい練習をのり越えようと、中学生になっても、高校生になっても、
いつも、どんな時でも、セットポジションを欠かしませんでした。

その努力が実り、昌己少年はプロ野球選手になることができました。
そして、活躍するようになり、
あの!星野仙一氏!やランディ・バース氏をはじめ、
多くの仲間達と共に野球をすることができました。
e0089732_10465298.jpg


e0089732_1047135.jpg

そして、昌己様は今!
これまでの経験を活かし、
野球少年達に心を込めた指導をしながら、
ホッピーを片手に幸せに暮らしているとさ。
・・・おしまい(^_^)

おまけ写真(3号とアリンコ)
e0089732_10494497.jpg


☆第3回昌己爽やか写真展☆
■本日5月5日は初勝利記念日
e0089732_20491026.jpg

■人生初のお立ち台
e0089732_20491862.jpg

■かわい~ぃ
e0089732_20492777.jpg


☆昌己アジェンダ23☆
■1号救出
e0089732_13314790.jpg

■2号救出
e0089732_13315492.jpg

■3号救出
e0089732_1334135.jpg

■ツバメの向こうに三宅精一氏が見える
e0089732_17422293.jpg

■アイガー救助隊やっくん
e0089732_17423050.jpg

■どや顔のつば九郎
e0089732_1592349.jpg

■どや顔の宮九郎
e0089732_1593221.jpg

■背番号1の1号
e0089732_1237119.jpg

■背番号1の打席
e0089732_16325279.jpg

■暑いから黒い手袋を外そう
e0089732_1633576.jpg

■寒いから白い手袋にしました
e0089732_1633156.jpg

■働いた後の一服
e0089732_18484794.jpg

■左瞼が腫れていますか?!
e0089732_184926.jpg

■「そらき」のマスコットガール
e0089732_19463625.jpg

■2年生救助隊の小町くん!
e0089732_1801247.jpg

■救助隊長は何処を見ているのだろうか?
e0089732_18583579.jpg

■サイン!楽しそうな信長様
e0089732_168374.jpg

■何のマーク?
e0089732_200199.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-29 10:50 | 【前田日記】
Facebook と Twitter
皆様ご存知のFacebook(フェイスブック)。

日本語版は2008年の公開後、急速にユーザー数を増やし、
2010年には、サイトのアクセス数がgoogleを抜いたとして話題になった。

2011年現在、
世界中に6億人を超えるユーザーを持つ世界最大のSNSになり、
そのうち、日本国内のユーザー数は約300万人を突破しているようだ。

私も遅ればせながら登録をしていて、
画面のイメージは、このような感じである。
e0089732_18123464.jpg

検索をしてみると、なんと!明宏と大季のサイトを見つけることができた。
敢えて、友達リクエストはしていないが・・・
(^_^)

そもそも、Twitterとfacebookとは、どんな違いがあるのだろうか?
それぞれの利用方法は下記にアクセスすれば解るのだが、

◎facebook
◎twitter

簡単に言えば、
Twitterは、気軽に立ち寄れるスーパーで、
Facebookは、何でも揃えているデパートとでも云おうか・・・!?
良い例えが見つからないが、
Twitterは、140文字と限定された低繋がりに対し、
facebookは、高機能で何でもできる高繋がりのサービスといった感じだ。
勿論、前田日記とも連動している!

当初、mixiに比べて、日本人の登録数が伸び悩んでいたのは、
実名登録が基本だからだとも考えられており、登録者は、
生年月日や住所、電話番号までも記載している方が殆どである。
しかし、細かなプライバシー設定が可能なので問題はないだろう。


と、そんなことで、
私と、facebook友達になってくれる方をお待ちしております。
(^_^)

因みに、Twitterにも登録していますが、
ツイートは、「365日分のつぶやき」で、完結です。
^_^
勿論、ツイート数は365!フォロー、フォローワー、リストは共に0!
e0089732_124488.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-02-27 16:52 | 【前田日記】
朝飯と晩飯 どっちが良い?
「前田コーチ!時間をとってほしいのですが・・・!」
いつも、私のことを”まえちん”と呼ぶ男が今日は自棄に丁寧だ。
(^_^)

『おぅ、そうか!じゃぁ、飯でも喰うか?!』

「はい!」

『朝飯と晩飯、どっちがいい?(笑)』

「(笑)できれば・・・晩飯で!」

『それじゃぁ、26日、板橋、4時な!』

そんな一本の電話により決定した食事会を本日、
板橋の”大衆酒場 かぶら屋”で行う。

かぶら屋と云えば過日、
宮下商店の配達完了後に宮さんと乾杯をした店である。
開店が午後4時ということもあり、夕食には少し早いのだが、
一年間の慰労ということで乾杯をしようと思う。

また、一時間半後には女性一名が合流する予定なので、
店を替えようと思っている。

鋭い方は、この内容だけで、
この男性と女性が誰なのか?想像がつくのでしょうね。
(^_^)
2010年最後の日曜日を食事と会話で楽しもうと思う。


また、好評の”振らなきゃ ヒットは 生まれない”ジョッキの
購入依頼が私に殺到しており、今月は20本を購入した。
私も一本購入しているのだが、特別にボトルのほうを頂くことができた。
(^_^)v
e0089732_18281591.jpg

現在、ジョッキの在庫は38本しかないようですので、
購入したい方は、お早めに!

ということで、皆様!
2011年!良いお年をお迎え下さい。

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-12-26 07:27 | 【前田日記】
振らなきゃ ヒットは 生まれない!~大乃
今日も「大乃」で食事をする。
今回は先日、教え子達が持ち帰ったジョッキを購入しようと思っている。

少年野球の指導者が見逃し三振をした選手に対して、
「バットは振らなきゃ当たらない」と言っている光景をよく見かける。
私も少年の頃に監督からそう言われたことがあるのだが、
内心、「そんなことは分かっている!」と思ったものだ。
(笑)

そんな、野球の言葉ではなく、
このジョッキに書かれてある「振らなきゃヒットは生まれない!」
という言葉は、
人生に於いての大切な精神のようなものだと感じる。

とにかくやってみる!!
e0089732_15304930.jpg

人間は夢や目的を達成しようと決めた時、
何をしたらいいのか・・・
何から始めたらいいのか・・・
と考えたり悩んだりすることがある。

また、努力している途中でも、
本当にこれでいいのか・・・
大丈夫だろうか・・・
と不安になることもある。

しかし、いくら考えても、何もしなければ何にもならない。
そんな時に、

やってみなければわからない!
やってみてわかることがある!
だから、とにかくやってみる!

という強い気持ちと強い意志を自分に刻み、
そして、信念をもって先に進むことで答えにむすびつく!


再度、自分自身にも言い聞かせたいという思いもあり、
このジョッキを購入し、友人にもプレゼントをしようと思っている。

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-12-07 19:30 | 【前田日記】
メヴァギッセイ~芸術の秋
10年ほど前、
一枚の絵を見て、今までに感じたことのない心地良さを覚えた。

その絵には一瞬で心を癒してくれる力があり、
15年前に旅行したハミルトン島の風景も想い出させてくれた。

その作品名は、“メヴァギッセイ
画家の名は“笹倉鉄平”である。

兵庫県生まれの画家で、旅情と優しい光あふれるその情景画は、
“心に安らぎをもたらす絵”として絶大な人気を誇っており、
カレンダーやポスターでも見かけることが多い。

先日、図書館で借りてきた“さわやかな季節のなかで”
という詩画集では、画のみならず、詩の言葉にも心を惹かれた。


意思あるところに出来る道

無理をした“出来る自分”
忘れていた自分
まだ知らないこれからの自分

朱夏の片陰を歩く 
同じ歩くなら楽しく歩いてゆこう

幸運は笑顔の門からやって来る

春はまた必ず巡って来る
「だいじょうぶ。」
e0089732_13513492.jpg


e0089732_13514859.jpg


e0089732_13522493.jpg

また、”ムーンライトプリズム(月光浴)”も好きな一枚だ。
e0089732_1352242.jpg

ということで、台風接近中ではあるが、
昨日から新宿エルタワーで開催されている、
“笹倉鉄平 新作展 ~夏と冬の季節のあいだに~”
に行ってみることにしよう。

■笹倉鉄平 オフィシャルサイト
■笹倉鉄平 作品集

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-10-30 09:45 | 【前田日記】
宮下日記
(原文)

さて、救出のかいあって
無事に巣立っていったツバメハウスに新たな家族が入居した。
e0089732_18263966.jpg

近所に空室有りって看板があったからそれ見て来たんだろうなあ。
慣れてないせいか、
ここ最近は1羽どころか3羽4羽と屋上出口に迷い込んでしまうことがある。
e0089732_18265465.jpg

1階ではヒナ達が今か今かと親ツバメの帰りを待ちわびる。
まだまだ救出劇は続きそうだ。
e0089732_1827990.jpg

ビルの大家さんに屋上扉の鍵を開けとくようにお願いしたが、
今だに未だに締めてやがる!
e0089732_18272699.jpg

どうもおいらとはアジェンダが合わないようだ!

・・・宮下昌己


上記の通り、ツバメ救出隊から救出結果報告書が届いた。
仕事をしながら、動物の命を救う!
流石である!
これを機に、この政策課題と行動を”昌己アジェンダ22”と名付けよう!

宮下様!
もう一度、ビルの大家さんには、
ツバメの夢の扉を開けて頂くよう、お願いしてみては如何でしょうか。

昌己様!勝ってください!大家さんに。
柾海は今日、勝ちました!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-07-14 20:06 | 【前田日記】
心呼吸
衣替えの時期である。

学生や企業の制服は夏服へと変更され、
世間では収納の入れ替えをする。

このような節目は、
新たな決意や気持ちの切り替えをする絶好のチャンスでもあるし、
更に意識を高めて、気持ちを高ぶらせる時でもある。

私の6月は、高校生最後の夏を迎える彼らの姿と気持ちを応援する!
と決意する時である。
甲子園に向けて彼らは、今日もどこかで燃えているだろう。


昨日は佳蓮と将平が練習試合で再会した。
東京で出会って、チームメイトとなった者同士が、
こうして、あらゆる場所で会うことができる。
これには、同じ夢をもった者同士ということに大きな意味がある。

チームメイトだった仲間が後々の宿敵となったり、
またその逆になったりすることもあるが、
敵であろうと味方であろうと、御互いを称え合う心が生まれるということだ。
また、その再会で更にライバル意識に火がつくこともある。

それでいい・・・
それがいい・・・

こうして意識し合ってきた相手は必ず
“友“となる。

良き出逢いと良き友を!
e0089732_11324823.jpg

Photo by 将平母様

将平母様!
佳蓮と将平の写真をありがとうございます。


ところで、
先日は、京都ADが初勝利!

昨日は、和幸が今シーズン初勝利!

今日は、蛍の初勝利を願う!


世間は、6月11日に開幕するW杯を前に盛り上がっているが、
私は専ら野球旅!

今週末は旅立とう!

旅先では愛用の手帳に言葉を記し、“深呼吸”

・・・そして、“心呼吸”
e0089732_11332630.jpg


・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-05-30 11:33 | 【前田日記】
江戸しぐさ
今年は、東京に限らず全国的に雨が多い。

春になると雨が多くなるのは普通なのだが、
今年は、2月から雨が降り続くことが多かった。

私は雨が降りそうな天気でも傘を持ち歩こうとしない。
億劫なだけなのだが・・・
そのため、都度購入することが多く、
自宅の傘立ては、ぎっしりと詰まっている。

雨が多い曜日は金曜日、少ない曜日は水曜日という統計結果がでているが、
今日は快晴である。
真夏日になるかもしれない。


ところで、
最近、雨の日によく気付くことがある。
それは、
すれ違う相手が傘を外側に傾けて、
こちらが濡れないようにしくれる。
傘同士が、ぶつからないという配慮もあると思うのだが、
私も、いつ頃からか覚えていないが自然にそうしている。

昨日は、すれ違った全ての人が傘を傾けてくれた。
江戸しぐさ用語では、これを“傘かしげ”というのだが、
なんとなく気持ちがいいすれ違い方である。
e0089732_20592210.jpg

[イラスト 伊藤美樹]

“江戸しぐさ”とは、
江戸商人の築き上げた行動哲学で、
良き商人として、いかに生きるべきかという商人道だ。
また、人間関係を円滑にするための人づきあいや共生の知恵でもあった。

”しぐさ”は、“仕草”ではなく“思草”と表記する。

江戸人の知恵を今に生かそうという観点から
教育界などで注目され始めており、
小中学校の道徳の時間にも取りあげられている。

その他、江戸しぐさの代表的なものは、

■肩引き
・・・道を歩いて、人とすれ違うとき左肩を路肩に寄せて歩くこと。

■時泥棒
・・・断りなく相手を訪問し、または、
約束の時間に遅れるなどで相手の時間を奪うのは重い罪にあたるということ。

■うかつあやまり
・・・たとえば相手に自分の足が踏まれたときに、
「すみません、こちらがうかつでした」と自分が謝ることで、
その場の雰囲気をよく保つこと。

■七三の道
・・・道のど真ん中を歩くのではなく、自分が歩くのは道の3割にして、
残りの7割は他の人のためにあけておくこと。

■喫煙しぐさ
・・・野暮な「喫煙禁止」などと張り紙がなくとも、
非喫煙者が同席する場では喫煙をしない。
灰皿も無い所で喫煙をしない。

■逆らいしぐさ
・・・「しかし」、「でも」と文句を並べ立てて逆らうことをしない。
年長者からの配慮ある言葉に従うことが、人間の成長にもつながる。

■こぶし腰浮かせ
・・・乗合船などで、後から来る人のために、
こぶし一つ分腰を浮かせて席を作ること。

なるほど!
思いやりの心がもてるし、豊かな人間関係が保てる。
そして、その時の表情にも優しさを感じられる。


“しぐさ“ではないが、
「ありがとう」と言われたとき、人は最も人間らしい表情になるという。

“ありがとう”は、有り難いから転じた言葉で、「有り」が「難し」

即ち、

“有ることがむつかしい”

“あることがない”

“滅多にない”

“貴重だ”

だから、大事にして感謝する!
というのが語源のようだ。
e0089732_21204981.jpg

[癒しの泉 楽山の書 より]

やはり、“感謝”という気持ちが人を成長させると共に
人間には、なくてはならない根底にあるものだと思う。


この日記を御覧頂いている方々へ

『ありがとうございます』

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-05-21 06:06 | 【前田日記】
指導者とツバメ
GW休暇の最終日に、PCフォルダを整理していると、
”シニアリーグ指導内容”という膨大なデータファイルがあった。

学年毎の練習内容や強化内容がギッシリ書いてあり、
全てを見きれる量ではないので、少しだけを見てみた。
特に、選手達の現状や心境、精神状態を書いているものが多い。
子供達は野球のみならず多くの悩みを抱えていたことがわかる。

合宿メニューに於いては、
夏季は、投内連係やバントシフト、牽制といったチームプレー、
冬季は、強化メニューと学業が中心の個別プレー。
投手、捕手、内野手、外野手、赤帽組に分けられているものもあり、
午前午後のサービスや夜間練習、自主学習などで
無駄なく一日を過ごしていた。

練習・強化メニューは、3年間を月毎に分けて、
自分自身の指導日程に目標を掲げていた。

食事は殆ど各家庭に任せていたものの、
一日の必要摂取量の基準を高校1年生として設定した一覧表もあった。
また、清掃係や食器洗い係、洗濯物係といったものまで書かれてある。
(笑)

練習内容の”多捕”や”IB・PP”、
”サーキット”や”サービス”は特に懐かしく、
書いてある子供達の名前を見ていると、
その時の表情までもが浮かんでくる。

このデータは、
前田日記が終わった時、消去したいと思う。

データ№1107と1108には、
”励ましの言葉”と”たかが野球、されど野球”というものがあった。
e0089732_23433038.jpg

日付は、2004 年10月1日。

[励ましの言葉]

人生というものには、あらゆる苦難が付きものだ。
しかし、それは、より良い人生を送るための準備に他ならない。
苦労をした分だけ、誰でも、いつか必ず幸せになれるものだ。

山登りを想像してみると、
何のために、あんなに苦労をして、
ゼェゼェ言って山を登ったりするのだろうか?
それは、頂上に辿り着いた時の爽快感を味わうためである。

人間の人生も同じ。
ただ苦しんで、それで終わりではない。

ただし、頂上へ辿り着く前に、努力を投げ出してしまったら、
その人生は苦しんだままで終わってしまう。
苦しみのある人ない人、人それぞれだが、
苦しみの少ない人ほど進歩も少なく、心からの喜びも少ないもの。
そういう人は、5合目辺りで満足しているのと同じこと。
頂上まで登ることが、山登りとしては最高の喜びなのだから。

苦労したら苦労した分だけ、”人生の功績”となり報われるのです。

何度転んでも、そのことを信じて立ち上がる勇気と根性。
それが人生の山登りには必要な杖。
杖を忘れないように持って行くには、私達の言葉が必要となる。

そんな言葉とは、

「はりきっていこう」
「幸あれ」
「精一杯生きよう」
「がんばりすぎるなよ」
「good luck」
「keep it up!」=「その調子」
「やれるだけやってみよう」
「できる限りやってみようぜ」
「結果は気にせずやってみよう」
「自信持って」
「勇気出して」
「ぼちぼちいこうぜ」
「ぼちぼちいこうよ」
「応援しているよ」
「みんなで応援しているからな」
「しっかりな」
「気をつけて」
「きっとうまくいくよ」
「うまくいくといいね」
「気楽に行こう」
「あなたならやれる」
「成功を祈る」
「ふんばれ」
「ふんばろう」
「精進」
「いけー」
「いけるいける」
「オマエは一人じゃない」
「いつも通りに」
「うまくやれよ」
「いっちょやってこい」
「待っているから」

最後に書かれている言葉は、
「がんばれ!」である。

この言葉は好きではなかった。しかし、
この言葉に深い意味が隠されていることに気づかせてもらったし、
使い分けが必要だということも学んだ。
e0089732_23442174.jpg

[たかが野球、されど野球]
日付は、2003 年11月2日。

・ 一球感動、一球青春
・ 球は一球
・ 夢一球
・ 勝負心は君心
・ その時のボールが一生を決めることがある
・ 自分との約束は果たせ
・ 頑張りはグランドの神様が決めてくれる
・ 「たら」「れば」はプラス思考のときに使うもの
・ 一つを片付け多くを得る
・ 縁の上の力は縁の下から
・ 今、グランドにいるのは何故?
・ ダイヤモンドは君を照らす
・ バットだけでは・・・
・ グラブだけでは・・・
・ 一度に沢山のことは考えられない、しかし体は準備できる
・ 古いものを大切にすると、新しいものから大切にされる
・ マウンドと打席は孤独なところ、助けてくれる自分を
・ 丸いボール、四角いベース
・ 一球を捨てる勇気が一球を貰う
・ 一球を捨てることが活き球を導く
・ 自分を樹に譬えたり、自分を花に譬えたり
・ 野球だよ
・ 失敗しなければ野球ではない
・ 一所懸命は楽しい、一生懸命はもっと楽しい
・ 野球にも裏表、君にも裏表
・ 逃げた、刺せ、殺せ。この国の野球用語は怖い
・ 一球勝負
・ 一球感動
・ 一球燃焼
・ 君の体が得点
・ 勝つという欲は、みんなの意欲から始まる

・・・
今、改めて読んでみると、
こんな想いや言葉が、くすぐったく感じる。

情熱だったのだな~
(^_^)


話は変わるが昨日、
ある人から写真が送られてきた。

[原文]
今年もまた迷いこんでしまった親燕を救出しました。

つばめに罪はありません。
野生動物たちは自分達にはどうにもできない環境の中で
進化しきれない対応力をフルに発揮して懸命に生きています。

自分ができることは毎回毎回、気にしてやることです。
そして放してやる際に
『もう迷いこんじゃいかんぞ!
子供たちが腹空かしてまっとるからなあ!』
と語りかけてやることです。

指導者たる者、日々勉強ですなあ。
e0089732_1425399.jpg


e0089732_143329.jpg

・・・昨年の春、
私が米の配達で一肌ぬいだ時、
(笑)
ある配達先で、ビル内に迷い込んだ親ツバメを助けた一人の男が、
今年も親ツバメの命を救った。
それは雛ツバメを救ったことにもなる。

写真を見る限りでは、命を救われたツバメは母親であろう。
父親ツバメは、
「チュビチュビチュビチュルルルル」
と、お礼を言っていたに違いない。
e0089732_23452381.jpg

仕事中も球児達の指導を考えられていることに脱帽である!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-05-06 06:59 | 【前田日記】
謹賀新年
明けまして、
おめでとうございます。

初夢は今年も富士、鷹、茄子を見ることができなかった。
というか、まだ夢を見ていない。

”一富士二鷹三茄子”とは、
夢に見るものの中で、めでたいものの順番を指す昔からのことわざで、
特に正月の初夢で、これらを見ると大変縁起が良いと云われている。

一番の富士山は日本最高峰の霊山。
二番の鷹は、鷲とともに鳥の王者。
では、なぜ三番目が茄子なのだろうか?
e0089732_1445480.jpg


e0089732_145650.jpg


e0089732_1452081.jpg

定かではないが、
1.駿河国の名物を順にあげた?
2.徳川家康が、自分の住んだ駿河国の高いものを順にあげた。
  鷹は鳥ではなく、富士山の近くにある愛鷹山のこと。
  茄子は初物の値段の高さをいう?
3.富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る。
  茄子は「成す」に通じて縁起が良い?

まっ、理由はともかく、
今日は、この3つの夢を見られるよう、意識して眠りにつこうと思う。

ということで先程、初詣に行ってきた。
初詣ともなれば、日頃、神や仏を信じない人達も参拝して、
一年の無事や幸福を祈るのだが、神社に行くと必ず入り口に鳥居がある。
これはニワトリの止まり木を表している。

昔の人達は災いを引き起こす悪霊や悪い神は夜に活躍し、
夜が明けるとともに去っていくと信じていた。
夜明けを告げる鶏の鳴き声は悪霊や災いを追い払うと考えたわけだ。
そこで、
神様の先導役として鶏の止まり木を神社の入り口に立てるようになった。

と書いてはみたが、私は未だに鶏が止まっていたのを見たことがない...
e0089732_1453275.jpg


さぁ、今年は寅年。
寅年は、
理想に向かって行動し、夢を実現に向かわせる年と云われている。
私も、永遠に夢を追い続けてゆこうと思う。
e0089732_1475833.jpg


今日は元日!
明日も365日分の1日!
一日一日を大切に、そして楽しく過ごしてゆこう!
e0089732_1651578.jpg

・・・前田隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-01-01 16:37 | 【前田日記】