前田日記(写真集)
ブログトップ
タグ:写真 : 風景 ( 36 ) タグの人気記事
This is the time to focus.
It has been getting warmer and it’s feeling more and more like spring, but it is cloudy sky today. I watched cherry blossoms this morning today in a neighboring park. It was flowering of the 30% degree, but still felt strength on the flower and bud.
e0089732_1153040.jpg


e0089732_11534935.jpg


e0089732_11535714.jpg

It is the season of parting and the encounter, but thinks that it is the season when a heart is connected in spring even if I make whichever.

I feel that the finals of the spring National High School Baseball Championship game are carried out glad today. And I think that I want you to show the last game that is splendid in the summer. I look forward to a trip to watch a game of baseball.

Baseball of the heart!
The world that was connected by the heart!
Let's do its best now!


Sorry, wrong words and sentences. m(_ _)m
I'm hardly aware of what I'm writing any more.
So I must close. (^_^;)

ということで、前田日記初の試みとして、片言の英語で記しました。
間違いだらけの英文だと思いますが、
なんとなく解っていただけたと思います。
勿論、皆様からのコメントも英語、または外国語で
お願い頂ければと思っております。

・・・Takashi Maeda(^_^)

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-03 11:54 | 【前田日記】
桜~開花予想
3月に入り、いよいよ桜の季節が到来する。

今年の桜は平年並みか、少し早く咲くところが多いと聞くが、
昨年と比較すると遅くなるところが多いようだ。
e0089732_14482865.jpg

【開花予想】
・札幌 5月1日
・仙台 4月13日
・東京 3月29日
・名古屋 3月26日
・新潟 4月11日
・大阪 3月30日
・広島 3月28日
・福岡 3月24日
・鹿児島 3月27日
e0089732_14485186.jpg

桜の花芽が順調に生長し、開花するのが待ち遠しいこの季節なのだが、
開花から満開までの日数は短い!
また、風雨などの天候にもよるが満開から散るまでも早い!
1本の木全体では、開花から散るまでは2週間くらいだろうか・・・
さぁ!今年の花見はどこにしようか!
e0089732_144991.jpg

■桜の名所100選

【北海道】
 ・松前郡松前町(松前公園)
 ・日高郡新ひだか町(二十間道路桜並木)
【青森県】
 ・弘前市(弘前公園)
 ・五所川原市(芦野池沼群県立自然公園)
【岩手県】
 ・盛岡市(高松公園)
 ・北上市(北上市立公園展勝地)
【宮城県】
 ・柴田郡大河原町(船岡城址公園/柴田町白石川堤)
【秋田県】
 ・秋田市(千秋公園)
 ・横手市(真人公園)
 ・仙北市(桧木内川堤/角館武家屋敷)
【山形県】
 ・鶴岡市(鶴岡公園)
 ・南陽市(烏帽子山公園)
【福島県】
 ・会津若松市(鶴ヶ城公園)
 ・二本松市(霞ヶ城公園)
 ・田村郡三春町(三春町のシダレザクラ)
【茨城県】
 ・日立市(日立市かみね公園/平和通り)
 ・那珂市(静峰公園)
【栃木県】
 ・宇都宮市(日光街道桜並木)
 ・栃木市(太平山県立自然公園)
【群馬県】
 ・前橋市(赤城南面千本桜)
 ・藤岡市(桜山公園)
【埼玉県】
 ・さいたま市(大宮公園)
 ・熊谷市(熊谷桜堤)
 ・秩父郡(長瀞町長瀞)
【千葉県】
 ・千葉市(泉自然公園)
 ・野田市(清水公園)
 ・茂原市(茂原公園)
【東京都】
 ・新宿区(新宿御苑)
 ・台東区(上野恩賜公園)
 ・墨田区(隅田公園)
 ・武蔵野市(井の頭恩賜公園)
 ・小金井市(小金井公園)
【神奈川県】
 ・横浜市(神奈川県立三ツ池公園)
 ・横須賀市(衣笠山公園)
 ・小田原市(小田原城址公園/城山公園)
【新潟県】
 ・燕市(大河津分水)
 ・五泉市(村松公園)
 ・上越市(高田公園)
【富山県】
 ・富山市(松川公園)
 ・高岡市(高岡古城公園)
【石川県】
 ・金沢市(兼六園)
【福井県】
 ・福井市(足羽川/足羽山公園)
 ・坂井市(霞ヶ城公園)
【山梨県】
 ・南巨摩郡富士川町(大法師公園)
【長野県】
 ・須坂市(臥竜公園)
 ・小諸市(小諸城趾懐古園)
 ・伊那市(高遠城址公園)
【岐阜県】
 ・各務原市(新境川堤/百十郎桜)
 ・本巣市(根尾谷・淡墨公園)
 ・揖斐郡池田町(霞間ヶ渓)
【静岡県】
 ・伊東市(さくらの里)
 ・駿東郡小山町(冨士霊園)
【愛知県】
 ・名古屋市(山崎川四季の道/鶴舞公園)
 ・岡崎市(岡崎公園)
 ・岩倉市・江南市丹羽郡大口町(五条川)
【三重県】
 ・津市(三多気)
 ・伊勢市(宮川堤)
【滋賀県】
 ・長浜市(豊公園)
 ・高島市(海津大崎)
【京都府】
 ・京都市(嵐山/御室桜/醍醐寺)
 ・相楽郡笠置町(笠置山自然公園)
【大阪府】
 ・大阪市(造幣局/大阪城公園)
 ・吹田市(万博記念公園)
【兵庫県】
 ・姫路市(姫路城)
 ・明石市(明石公園)
 ・西宮市(夙川公園/夙川河川敷緑地)
【奈良県】
 ・奈良市(奈良公園)
 ・大和郡山市(郡山城址公園)
 ・吉野郡吉野町(吉野山)
【和歌山県】
 ・和歌山市(紀三井寺)
 ・岩出市(根来寺)
 ・東牟婁郡古座川町(七川ダム湖畔)
【鳥取県】
 ・鳥取市(久松公園)
 ・倉吉市(打吹公園)
【島根県】
 ・松江市(松江城山公園)
 ・雲南市(斐伊川堤防桜並木)
【岡山県】
 ・津山市(鶴山公園)
【広島県】
 ・尾道市(千光寺公園)
 ・庄原市(上野公園)
【山口県】
 ・宇部市(常盤公園)
 ・岩国市(吉香公園/錦帯橋)
【徳島県】
 ・徳島市(西部公園)
【香川県】
 ・観音寺市(琴弾公園)
【愛媛県】
 ・松山市(城山公園)
【高知県】
 ・香美市(鏡野公園)
 ・高岡郡佐川町(牧野公園)
【福岡県】
 ・福岡市(西公園)
【佐賀県】
 ・小城市(小城公園)
【長崎県】
 ・大村市(大村公園)
【熊本県】
 ・熊本市(熊本城)
 ・水俣市(水俣市チェリーライン)
 ・球磨郡水上村(市房ダム湖畔)
【大分県】
 ・竹田市(岡城公園)
【宮崎県】
 ・都城市(母智丘関之尾公園)
【鹿児島県】
 ・伊佐市(忠元公園)
【沖縄県】
 ・名護市(名護城公園)


それと!
桜の名所には城が多い(^_^)

城跡に桜が多いのは、
明治4年の廃城令の後に桜の木が植えられたからである。
e0089732_14504257.jpg

なお、学校や公園にも植えられた理由は、
大正天皇の御成婚時に桜を植樹したことが後々、
一般にも普及していったからである。
e0089732_14505160.jpg

その他、戦国時代の城内には、杉や竹、梅、樫などを植樹していた。
その理由は、常に戦に対する準備をしていたということは云うまでもない。

・・・と、
そんなことはさて置き、今年も愉快な花見を楽しみましょう!

そして、待ちに待った球春の到来!
春を駆け抜け、最後の夏を迎え、感動を受取ったとき、
・・・今年の桜を想い出したい。

・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-03-07 19:01 | 【前田日記】
謹賀新年
野球旅の結びの年となった。

野球旅を始めた2006年4月から約5年、
小学生や中学生の頃に知り合った少年少女達が高校生となり、
逞しく成長したその姿を見ることができ、心に沁み入る旅であった。
また、野球を通じて多くの方々と出会うことができた幸せな時間でもあった。

想えば、初代主将である悟の姿を真っ先に見にゆこうと決め、
可能な限り、全ての子供達を見にゆこうと決意した。
しかし、私の努力が足らず、
全員の姿を見ることができなかったことを今でも悔やんでいる。

あの春...
あの夏...

この目で姿を見ることができなかった子供達に対しては一層、
想いを募らせた。

頑張っている子供達の姿を目の前で見て、応援をして、
そして、感動を受け取ることもできた。

嬉しくて喜び合ったり、
辛くて涙したり、
握手をしたり、
抱き合ったり・・・

旅の帰り道では、追想にふけりながら顔をほころばせていた。

この野球旅を振り返ると、
たとえ負けた試合だったとしても、
たとえ試合に出場していなくても、
子供達の姿を見ることができたことだけで、
心の底から本当に素晴らしい“野球旅”であったと云える。

そして今年!
「前田日記を見て、このチームに決めました!」
と言ってくれた最後の選手を応援に行く!

まだ、小学生だった彼が中学生になるその3ヶ月前、
ちょうど5年前の今日、私はシニアの指導から離れた。

彼に対して、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
今も変わらず、そのときの胸苦しさが残っている。

その少年は今、
親元を離れて、高校野球を、そして高校生活を元気に頑張っている。
その姿を一目見ることができたとき、
申し訳なかったという気持ちなどというものではなく、
これまでの野球旅と同じように、
『私と知り合ってくれた少年が今、目の前でこうして頑張っている!』と、
純粋に心を打たれて感動することだろう。


また、これまでの野球旅では、
実際に指導をすることはできなかった子供達や
父母の方々との出逢いもあり、
私と知り合ってくれた父母の方々にも感謝すると共に、
その子供達のことも応援したいと思っている。


2011年の春!
そして、最後の夏!

今年も何回行けるのか分からない野球旅!
その日を楽しみにしていたいと思う。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。
e0089732_1744910.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-01-01 00:55 | 【前田日記】
強制旅(^_^)~京都
今日の旅は古都京都。

京都と云えば見所満載!
その中でも秋の京都といえば紅葉!
昼間も綺麗なのだが、夜にライトアップされている紅葉は、とても幻想的だ。
時期的に少し早いが、是非とも夜の紅葉を見てみたいと思っている。


今日は京都駅から貸し切りバスに乗り、二日間の観光を楽しむ。
行く先の要所は西本願寺、嵐山、金閣寺、平安神宮、南禅寺、清水寺、
三十三間堂といったところか。

西本願寺とは、
正式名称を”龍谷山 本願寺”といい、浄土真宗本願寺派の本山と
真宗大谷派の本山である”東本願寺”と区別するために通称で呼ばれている。
境内は国指定の史跡で、文化財として世界遺産にも登録されている。
e0089732_169014.jpg

嵐山とは、
国の史跡および名勝に指定されている桜や紅葉の名所である。
平安時代に貴族の別荘地となって以来、京都の代表的な観光地となっていて、
桂川にかかる渡月橋は嵐山の象徴になっている。
e0089732_169178.jpg

金閣寺とは、
正式名称を鹿苑寺といい、臨済宗相国寺派の寺で古都京都の文化財として
世界遺産に登録されている。
中心となる建築物である舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称している。
e0089732_169267.jpg

平安神宮とは、
平安遷都1100年を記念して、1895年に創建された神社で、
平安京遷都を行った桓武天皇と、
平安京最後の天皇、孝明天皇が祀られている。
e0089732_1693687.jpg

南禅寺とは、
臨済宗南禅寺派大本山の寺院で、日本最初の勅願禅寺であり、
日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもっている。
また、三門は、知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、
京都三大門の一つに数えられていて、方丈は国宝に指定されている。
e0089732_1694698.jpg

清水寺とは、
法相宗系の寺院で、平安京遷都以前からの歴史をもつ寺院であり、
文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。
思い切って物事を決断することを
「清水の舞台から飛び降りるつもりで!」
と言うが、清水寺の古文書調査によれば、
実際に飛び降りた人が1694年から1864年の間に234件に上り、
生存率は85.4パーセントであったという。
e0089732_10122062.jpg

三十三間堂とは、
天台宗妙法院の境外仏堂であり、
元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂である。
本堂や千手観音坐像、風神・雷神像、二十八部衆立像は国宝に、
南大門や太閤塀、千手観音立像は重要文化財に指定されている。
e0089732_1610610.jpg

さて、雑情報はこれくらいにしておき、宿泊先はというと、
鴨川と高瀬川に挟まれた京の風情が漂う路地を四条から少し下った所にある
京料理専門の旅館だ。
今晩は美味しい料理と鴨川を臨む自慢の展望風呂に浸かって、
旅の疲れを取りたいと思う。


ところで、京都が794年に日本の首都に定められた千年の都ということは
周知の通りなのだが、
現代の子供達が歴史年号を暗記する時の語呂合わせは
昔と今とでは変わりはないのだろうか?

「鳴くよ鶯平安京?」
「泣くよ坊さん平安京?」

では出発!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-11-13 05:01 | 【前田日記】
メヴァギッセイ~芸術の秋
10年ほど前、
一枚の絵を見て、今までに感じたことのない心地良さを覚えた。

その絵には一瞬で心を癒してくれる力があり、
15年前に旅行したハミルトン島の風景も想い出させてくれた。

その作品名は、“メヴァギッセイ
画家の名は“笹倉鉄平”である。

兵庫県生まれの画家で、旅情と優しい光あふれるその情景画は、
“心に安らぎをもたらす絵”として絶大な人気を誇っており、
カレンダーやポスターでも見かけることが多い。

先日、図書館で借りてきた“さわやかな季節のなかで”
という詩画集では、画のみならず、詩の言葉にも心を惹かれた。


意思あるところに出来る道

無理をした“出来る自分”
忘れていた自分
まだ知らないこれからの自分

朱夏の片陰を歩く 
同じ歩くなら楽しく歩いてゆこう

幸運は笑顔の門からやって来る

春はまた必ず巡って来る
「だいじょうぶ。」
e0089732_13513492.jpg


e0089732_13514859.jpg


e0089732_13522493.jpg

また、”ムーンライトプリズム(月光浴)”も好きな一枚だ。
e0089732_1352242.jpg

ということで、台風接近中ではあるが、
昨日から新宿エルタワーで開催されている、
“笹倉鉄平 新作展 ~夏と冬の季節のあいだに~”
に行ってみることにしよう。

■笹倉鉄平 オフィシャルサイト
■笹倉鉄平 作品集

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-10-30 09:45 | 【前田日記】
感激と感動
昨日は、偶然にも2人のコーチから連絡をいただいた。

両者とも、プロ野球独立リーグのコーチをされており、
今年から“愛媛マンダリンパイレーツ”
投手コーチに就任された原田賢治さんと、
“富山サンダーバーズ”にコーチとして在籍中の小牧雄一さんからである。

原田さんは、ブレーブス、ホークスで投手としてプレーし、
引退後にジャイアンツの打撃投手を務められた。

私が現役の頃、何度も原田さんに投げていただき、
投手側から見た打者へのアドバイスもしていただいた。
真夏の一時間を休むことなく投げ続けていただいたことに感謝し、
打撃練習終了時には深々と頭を下げたことを思い出す。

原田さんとは家が近所いということもあり度々、食事に出かけた。
時には突然、私の家に来て、
パーッと飲んでドーッと話してサーッと帰っていくこともあった(笑)

一方、小牧さんは、
ファイターズ、ライオンズで捕手、外野手としてプレーした。
小牧さんとは、倉敷で3年間を共にした同僚で、
あえて“さん付け”しているが、彼とは同級生である。

お互い18歳で出会って25年の付き合いだ。
負けず嫌いではあるが、とても優しい男だった。
同じく負けず嫌いであり、逆に厳しい私は、
何度も彼の優しさに救われたことを思い出す。

鹿児島県出身の彼は、先日初めてスキーをしたと言って喜んでいた。

スキーと云えば、
二十歳の冬、彼が新車を購入した。

『よし!ドライブじゃ!』
と言って、3人で鳥取県の大山に向かった。
e0089732_1394766.jpg

大山の頂は真っ白にそまっていて、途中では吹雪になってきたが、
スタッドレスでも四駆でもない、ましてやチェーンは積んでいない。
しかし、引き返すような言葉は、お互いに発しない。

あの時、お互いに誰かが
「無理やで!引き返そうや!」
とでも言ったならば、

『なにを言っとるんじゃ!情けないのぅー』
と答えたに違いない。

九州男児とはそんな性格であるとともに、
度々、面白い行動を起こす人種である。

途中の河川敷でコンビニ弁当を食べて再出発。
到着する頃には、ピカピカの新車は雪と土で汚れていた。
そして、スキー未経験の九州男児達は、雄大な大山を見上げ、
スキー客で賑わう銀世界を小さなプラスチックのソリに跨って
喜んでいた。

1時間程度で満足した男達は、
大山を後ろに西日を右に見ながら倉敷へと向かった。

出発して10秒!
その新車は、もはや車ではなくスキー板と化していた。
下り坂にさしかかったその新車のハンドルは利かず、
ブレーキを掛けてもタイヤが止まるだけで、
新車は勝手に倉敷へと進んでいる。

『うぉー!小牧!どうにかせー!』

「どうにもならん!」

『落ちるぞ!』

「・・・」

右側は谷・・・
左側は溝・・・

運良く、その新車は左側へ向かってくれた。
大惨事は免れると確信した運転手以外は、

『もっと行け!滑れー!アクセル全開じゃー!』

名運転手である小牧さんも、

「こりゃーおえんわ」

と言ってハンドルから手を離した。

新車は溝から手招きをされるかのごとく、
自然に、そしてスムースに落ちていった。

ザザッ!ゴゴッ!ゴゴンッ!
右側から射していた西日が後ろ側からキラキラと降り注いでいた。

その一部始終を見ていたスキー客が集まってくれ、
力を合わせて車を引き上げてくれたお陰で、
事故車となったその新車は、道路を走るという本来の姿に戻ってくれた。
こんな時、九州男児たるは多少の傷を気にしてはいけない。
盛り上がった帰りの車内は、何事も無かったかのようであった。

ソリ滑りよりも、新車滑りのほうが断然、楽しかったのは云うまでもない。

小牧さん!
スキーは人生で2回目だったのかもしれません。
(笑)
こうして、九州男児3人の旅は無事に終わった。


・・・という野球以外の思い出でした(笑)

話は戻るが、
愛媛マンダリンパイレーツは
四国・九州アイランドリーグに所属する愛媛県の野球チームで、
富山サンダーバーズは
ベースボール・チャレンジ・リーグに所属する富山県の野球チームである。

両チームに限らず、チーム指針や役割は共通している。
第一に、野球界の底辺拡大。
第二に、地域活性化と地域貢献。
第三に、人材育成。
また、独立リーグから
NPBやMLBで活躍できる選手の育成も大きな目的である。

こうして野球を通じて信頼関係を築いてきた仲間が、
今でも、野球に携わっていることが嬉しい。
可能ならば一生、野球と共に歩んでゆけたらと思う人は少なくない。

指導してきた子供達の夢は、
プロ野球選手や高校野球の監督、教師、スポーツトレーナー、医学療法士、
飲食店経営、デザイナー、政治家、社長など様々であるが、
スポーツと携わっていきたいと思っている子供達も多い。

私もそんな時期があった。
日本人の男性寿命は79歳、女性は85歳。
人生の中間地点である40代をどう生きるかで、
これからの半生が大きく変わってくる。

私の夢は残り3つ。
そのために今、やらなければならないことがある。
「~しなければならないこと」と表現すると語弊があるので、
「今一番やりたいこと」と言い換えたほうが良い。
その為に、毎日心掛けていることは、“感激と感動”である。

感激・感動も様々で、
涙を流すことに限らず、跳び上がるような喜び、食事、音楽、
絵画、空気、植物、自然などを自分の五感と心で感じることだ。

毎日の小さな感激や感動に気付くこと。
それが、私の夢への第一歩、いわゆる“準備“となっている。


子供達に“野球は準備のスポーツだ!”と言ってきたが、
“人生は準備の毎日だ!”

フランスの細菌学者、ルイ・パスツールが残した
“チャンスは備えある人にだけ微笑む”という名言にも表れている。

さぁ、今日はどんなことに気付くだろうか。

・・・前田隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-02-20 13:10 | 【前田日記】
謹賀新年
明けまして、
おめでとうございます。

初夢は今年も富士、鷹、茄子を見ることができなかった。
というか、まだ夢を見ていない。

”一富士二鷹三茄子”とは、
夢に見るものの中で、めでたいものの順番を指す昔からのことわざで、
特に正月の初夢で、これらを見ると大変縁起が良いと云われている。

一番の富士山は日本最高峰の霊山。
二番の鷹は、鷲とともに鳥の王者。
では、なぜ三番目が茄子なのだろうか?
e0089732_1445480.jpg


e0089732_145650.jpg


e0089732_1452081.jpg

定かではないが、
1.駿河国の名物を順にあげた?
2.徳川家康が、自分の住んだ駿河国の高いものを順にあげた。
  鷹は鳥ではなく、富士山の近くにある愛鷹山のこと。
  茄子は初物の値段の高さをいう?
3.富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る。
  茄子は「成す」に通じて縁起が良い?

まっ、理由はともかく、
今日は、この3つの夢を見られるよう、意識して眠りにつこうと思う。

ということで先程、初詣に行ってきた。
初詣ともなれば、日頃、神や仏を信じない人達も参拝して、
一年の無事や幸福を祈るのだが、神社に行くと必ず入り口に鳥居がある。
これはニワトリの止まり木を表している。

昔の人達は災いを引き起こす悪霊や悪い神は夜に活躍し、
夜が明けるとともに去っていくと信じていた。
夜明けを告げる鶏の鳴き声は悪霊や災いを追い払うと考えたわけだ。
そこで、
神様の先導役として鶏の止まり木を神社の入り口に立てるようになった。

と書いてはみたが、私は未だに鶏が止まっていたのを見たことがない...
e0089732_1453275.jpg


さぁ、今年は寅年。
寅年は、
理想に向かって行動し、夢を実現に向かわせる年と云われている。
私も、永遠に夢を追い続けてゆこうと思う。
e0089732_1475833.jpg


今日は元日!
明日も365日分の1日!
一日一日を大切に、そして楽しく過ごしてゆこう!
e0089732_1651578.jpg

・・・前田隆
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-01-01 16:37 | 【前田日記】
野球旅~庸多、直人、祐樹
e0089732_10364549.jpg

やって来ました神宮の杜。3人ともがグランドにいる…

どちらが勝ってもよいのだ。嬉しい気持ちだ。

…前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-04-18 10:36 | 【前田日記】
(笑)名古屋~
を発車しました。

ここは京都
e0089732_20513559.jpg

♪あぁ~日本のどこかで~♪

今日も新幹線を御利用いただきまして、ありがとうございます。

この電車は、のぞみ398号ー東京行きです。次は新横浜に停まります!

あっ!
和幸が居た!
あっ!
セミ父様からメールが届いた!
あっ!
鯖寿司食べよう!
e0089732_20513554.jpg


あっ!

…前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-04-11 20:51 | 【前田日記】
金閣寺
いい輝きだった。
e0089732_1844227.jpg

e0089732_18442282.jpg


さっ、帰ろう。

…前田 隆
[PR]
by maeda_takashi | 2009-04-11 18:44 | 【前田日記】