「ほっ」と。キャンペーン
前田日記(写真集)
ブログトップ
タグ:写真 : MAEDA ( 67 ) タグの人気記事
野球旅~将平
さぁ、旅に出よう!

今日の野球旅は将平!

私は将平が公式戦のユニフォームを着た姿を一度も見たことがない。
出逢うことができたのに、その姿を一度も見ていない。

私の記憶の中では、
小学生の将平が練習用のユニフォームを着たままとなっている。

だから今日、
高校3年生になった将平のユニフォーム姿を、
この目で見ることができるかと思うだけで胸がいっぱいだ。

私が指導をすることを続けていたならば、
将平に、どんな言葉をかけてやれたのだろうか・・・
将平は、私のことをどう思ったのだろうか・・・

高校生となり、
体も逞しく、表情も凛々しくなった将平の写真を見た時は、
胸の奥深くから嬉しさが込み上げてきた。

『早く見たい!将平を見たい!
春になったら、将平の姿を見に行こう!』

そう決めていた春・・・

あの震災が起こった。
大地震と津波、そして放射能・・・

被災された方々のことを思うと、
何をどう考えていいのか分からなくなった。

震災から4ヶ月が経ち、
今、人と人とが想いやり、祈り合い、心の糸で結ばれている。

「野球がしたい・・・でも、野球どころではない・・・」

球児達にとって、そんな日々を送ることが辛くて悲しい時間だったと思う。
時が経つにつれ、少しずつ、少しずつ、
自分が生かされていることを知り、感謝した。
将平も私達も。


今日、グラウンドに立つ将平は、
野球をすることができる喜びを心の底から感じていると思う。
開会式では通常の入場行進もなく、
球場内の放射線量を測定して、試合を行わない場合もあるというが、
夢を持って、その場所に立っていることを幸せに思っているだろう。
そして、その姿を見ることができる私も幸せだ。

私は思う。
今日の試合、この大会が、「がんばろう!日本!」の試合の一つであり、
被災された方々の心を元気付けてくれる野球であると・・・

被災された方々は前に踏み出している。
ほんの少しかもしれないが前に進みだしている。
球児達もまた、野球というスポーツの中で、
強い気持ちと優しい心を持ち、前に進んでいる。

精一杯な姿が・・・
頑張っている姿が・・・
彼らのその想いが・・・

観客の皆様に何かを伝え、心を繋げてゆくだろう。

今日の試合を見終えたとき、
将平に、そして、グラウンドに立っている球児達や観客の皆様に、
これまでよりも心を込めた、『ありがとう』と『がんばろう』
という言葉と共に、『心の野球』というものが胸に刻み込まれる。


将平!

すべての気持ちを・・・
すべての想いを・・・
すべての心を・・・

どこまででも届けようぜ!
仲間達、そして同じ高校球児達と共に・・・

・・・前田隆



・・・野球旅から戻ってきました!

グラウンドに立つ将平の姿を見た時、胸が熱くなりました。
そして、将平の声が聞こえてきたとき、涙がこぼれてきました。

将平父様と母様に見つからないように、
外野のほうで、ひとり離れて泣きました。

涙をふき取り、将平父様と母様のいる席に戻りましたが、
再び溢れ出る涙を止めることはできませんでした。


その分、将平と会うことができた時、
笑顔で握手をすることが出来ました。
すべてが素晴らしい旅でした!


■将平と私
e0089732_6365768.jpg

■将平と鷹也君と私
e0089732_6362868.jpg

■男の背中
e0089732_6363918.jpg

■将平と私2
e0089732_6361786.jpg

■応援へのお礼
e0089732_637191.jpg

その他の写真は、前田日記(写真集)に数ページに亘って掲載しています。

前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-07-16 04:26 | 【前田日記】
野球旅~智希
智希やその仲間達との中学生最後の夏が始まる。

私が智樹と出会ったのは、彼が小学2年生の頃だったと思う。
3年生の時には3期生達と一緒にマザー牧場へトレーニングに行って、
先輩達と一緒に元気に牧場を走り回っていた。

“まえちんと遊ぼう”では、「ぼくも、やりたい!」と言って、
積極的に私にアピールをしてきた。
そんな智希が新チームになり、キャプテンとなったことを嬉しく思う。

キャプテンになったことで、ときには辛い思いをしただろう。
しかし、
誰もが得ることのできない貴重な経験をさせてもらったと考えてほしい。


今日、野球旅に向かうが、実をいうと何と言っていいのか分からない。

先日、智希が学校で指を骨折したと聞いた・・・
最後の夏に・・・茫然となった。

打席に立つことはできないのだろうか・・・
守備も走塁も無理なのだろうか・・・
試合出場は無理なのだろうか・・・

昨日まで思い沈んでいたが、考えても仕方がない。
智希自身が今日出来ることに全力を注ぐだけだ。

智希が試合に出場することがなくても、
あの頃の健気な表情を想い出しながら応援をしたいと思う。
e0089732_1312591.jpg


e0089732_1313863.jpg

智希よ!
キャプテンとしての在り方を示す時だ!
チームに勇気を与える時だ!

どんな状況であっても自分自身が盛り上がれ!
一球で盛り上がれ!
ワンプレイで盛り上がれ!
ミスをしても盛り上がれ!
「盛り上がろう!」という言葉はいらない。

勝っている試合でも、同点でも、負けていても、
その時の一球と一心に集中すれば良い!

どんどん前に出ろ!
気持ちを!心を!前に進ませろ!
それが野球というものだ。

そして、監督やコーチの言葉と共に仲間を勇気づけ、
みんなで支え合っていこうぜ!

同級生16人と後輩達に幸あれ!


・・・
試合開始
e0089732_11121671.jpg

ベンチからの声援1
e0089732_11123366.jpg

ベンチからの声援2
e0089732_11223554.jpg

ランナーコーチ
e0089732_11281848.jpg

智希と私
e0089732_11225346.jpg

智希と母様
e0089732_1123286.jpg

智希の指
e0089732_11231076.jpg

救助隊員・凛太郎君
e0089732_14364220.jpg

救助隊員・義希君
e0089732_14365214.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-06-05 05:50 | 【前田日記】
野球旅~大志 順基
さぁ、出発!
昨日、雨で順延となった大志と順基の野球旅。
昨年の夏に剛志、慶太、健人、元鳳を応援に行ったとき以来の再会となる。

2年数か月前、
高校入学前の大志とは神宮第二球場で言葉を交わしたことがあるのだが、
私の質問に、ニコニコ顔で答えてくれた大志に、大志父様は、
「ニヤニヤせずにシャキッと答えろ!」なんて仰っていた。
(^_^)

大志母様とは、昨年の夏に、
神宮球場で偶然にもお会いすることができ、
龍之介や優輝父様と一緒に柾海の応援をしてくれた。

今朝も4時半に起床し、爽快な青空の下を散歩してきた。
野球旅に行く時に毎回思うことだが、
私は野球を見に行くわけでも、試合を見に行くわけでもない。
彼らの元気な姿を見たいから旅に出るのだ。

彼らの中学時代に指導をすることができなかったが、
縁あって知り合うことができた大志と順基。
今日も元気な姿を見せてくれるだろう。

彼らが中学生の頃にも、
あの素晴らしい合宿を経験したのだろうなぁ・・・

あの早朝特守や特打をやってきたのだろう・・・

夜間練習もやってきたのだろう・・・

宿舎の寝床では、
選手同士で楽しい話をしながら眠りについたことだろう・・・

また、高校へ入学した後も努力を積み重ねて、
更により深く、心と体を成長させてきたのだろう・・・
そんなことを想像しながら球場へと向かう。

今日も、がんばろう!大志!
今日も、がんばろう!順基!


・・・ということで、野球旅に行ってきた。
大志と順基は二人とも、生き生きとした表情をしていた。

彼らのゴツゴツした手を握りながら、『がんばるんだぞ!』と声をかけた。
大志は、
センスのよい守備とコンパクトで鋭いスイングをしていて、
力強い打球を飛ばしていた。
順基は、
試合には出場しなかったが、怪我もなく、体も心も大丈夫だと言っていた。
その気合いの入った表情が嬉しかった。
e0089732_17294626.jpg


e0089732_17295650.jpg


e0089732_17311029.jpg

二人共、この春を大切にして、胸を張って最後の夏に挑むことだろう。

頑張れ!大志!
頑張れ!順基!
e0089732_1730241.jpg


e0089732_17303426.jpg


e0089732_17304235.jpg


e0089732_17305157.jpg

また、大志父様と母様、
そして、優輝父様や荻野様ともお会いすることができて楽しい旅だった。
大志母様!お茶をありがとうございました。
大志父様!優輝父様!荻野様!荻野様の友人様!
一緒に観戦させていただき、ありがとうございました。

・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-04-24 08:59 | 【前田日記】
野球旅~憲太
今日は憲太を応援に行く。

私は6期生のほとんどと話をしたことがないのだが、
憲太とは挨拶くらいは交わしたことがあると記憶している。

今回の野球旅には憲太父様を誘ってみた。
というのも、
これまでの野球旅に憲太父様が私に付き合ってくれたこともあり、
是非とも憲太の応援に行きたいという気持ちがあった。また、
高校野球をしていた頃の兄、竣亮の姿を見に行けなかったこととも重なり、
野球旅の同行を依頼させてもらった。

すると、二つ返事で返ってきた。
(^_^)

“旅は道連れ、世は情け”の通り、旅には連れがいると心強い。
また、この世を渡っていくには互いに支え合う人情が大切ということもある。

話は逸れるが、
『将来は二人で串焼き屋を始めよう!』という計画も進行中である?
(笑)

ということで、藤枝市までは東京から約200km。
車では3時間、新幹線を利用すれば1時間強で到着するのだが、
今日は普通列車の旅といこう!

東海道線の車窓からの風景を見ながら、
旅人同士で食べる駅弁は格別な味に違いない。

ところで、そもそもこの計画は5人での車旅であった。
運転は佑樹で、ガイドは大季!
しかし、今回はタイミングが悪く、
大学生の本分とやらで、道連れにできなかった。
(^_^;)
また、昌己様も指導者としての任務とやらで参加できず、
東京からエールを送ってくれるらしい!?

今回、二人旅となったことは寂しい気もするが・・・
“寂しさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮れ”

そうなんです!寂しくはないのです。
二人旅には二人旅の楽しさが待っているのです!
(^_^)

では、今年最初の野球旅!憲太のもとへ行って来ます!

憲太の姿を見た後は、憲太父様と廉価な宿泊先で、
ひと風呂浴びて、酒でも酌み交わそうと思っている。


今回の旅に先立ち、計画した、
この”旅の栞”通りにゆくのだろうか!?・・・(^_^)
e0089732_753234.jpg


・・・
憲太に会えた野球旅は、とても楽しく、嬉しい二日間であった。
学生服、私服、そして、ユニフォームを着た憲太を見ることができた。

また、野球のグランドやブルペンが懐かしく感じ、
球児達の声とボールが奏でるバットやグラブの音が、とても心地良かった。

実際に指導をしたことがなかった私に何度も、
「前田コーチ!」と呼んでくれた憲太の気持と姿を心に焼き付けて、
グランドを後にした。

■憲太に会えた
e0089732_11205618.jpg

■身長が私よりも1cm高い憲太
e0089732_11213994.jpg

■汗と涙と喜びがつまった憲太のグランド
e0089732_11221624.jpg

■憲太が猛勉強をする校舎
e0089732_11224115.jpg

■憲太と夕食
e0089732_1126052.jpg

■憲太と平沢君
e0089732_1127093.jpg


・・・前田隆

前田日記(写真集)
前田日記(twitter)
前田 隆(facebook)
[PR]
by maeda_takashi | 2011-02-19 05:16 | 【前田日記】
野球旅~柾海
神宮球場のスタンドから、グランドに立つ柾海の姿を追い、
その姿をこの目にしっかりと焼付け、心の底から応援したいと思う。

■西東京大会 準決勝
神宮球場

早大学院 VS 早稲田実(12:30)

がんばれ!柾海!


・・・昨日の夜から悩んでいたことが、2つあった。
それは、今日の準決勝戦終了後に柾海に会うか会わないかということと、
どの場所から柾海を応援しようかということだった。

応援する場所は昨日の夜、寝る前に決めることができた。
外野スタンドからにしようと・・・

それは、スタジアム全体を見渡せる場所から
敢えて柾海一人だけの姿を見つめてみよう。
背番号6を後ろからじっと応援してみよう。という思いからだった。
e0089732_8552880.jpg


e0089732_8553954.jpg


e0089732_8555327.jpg

試合前のアップやキャッチボール、ペッパー、
そして、試合を外野席から見ていると、
柾海の後方に映る満員の内野スタンドが、
これまでの柾海の頑張りを見守ってくれているような気がした。

柾海の打席・・・
柾海の守備・・・
柾海の走塁・・・
柾海の心・・・

その全てを追いかけた。
e0089732_858958.jpg


e0089732_8582078.jpg

一打席目を見て、今日も柾海は絶対に打てる!と思った。
毎打席、『柾海!打てー!ここまで打てー!』と言葉に発した。
最終打席、『頼む!打ってくれ!』と願った・・・

ファーストベースへと走る姿を見ながら、柾海の気持ちを察した。

悔しい・・・
情けない・・・
高校生最後の打席になるかもしれないこの打席で・・・

私も悔しかった。

『私の悔しさは、柾海を応援している者としての悔しさだ。
柾海自身の悔しさは、これからの人生の支えだ』
そう自分に言い聞かせた。


試合終了後、
両校のエール交換を見届けながらも、
昨日のもうひとつの悩みは自分の中で結論が出ていなかった。

今日の試合に勝って、
決勝戦進出が決定した場合には、会わないでいよう。
ということだけは決めていた。
しかし、負けた場合のことで迷っていた。

今、柾海に会ったら私は涙を流してしまうだろう・・・
一緒に頑張ってきた仲間達と涙を流してほしい・・・

そう思って、柾海に会いたくてたまらない気持ちを抑えた。


柾海!
かっこよかったぞ!
モニター画面に映ったアップの表情も、凛々しかったぞ!

時間が経ち、
今日の試合のことを話せるようになった時、色々な話をしような!

がんばったな!
柾海!
e0089732_8585734.jpg

今日の試合に駆けつけてくれた大志母様のお陰で
炎天下の中、楽しく応援をすることができた。

大志も来年の春と夏に向けて頑張っているようですね。
今日は本当にありがとうございました。
e0089732_8591058.jpg

外野スタンドで応援をしていると、龍之介からの電話が鳴った。
電話にでるとすぐに、同じ神宮球場にいることがわかった。

『おぅ、龍之介!』
「こんにちは!」
『こんにちは!どこだ?』
「内野席の一番上のところです」
『そうか!
バックスクリーン右横のキリンの看板下で手を振っているのが見えるか?』
「・・・あっ!わかりました!」
『そうか!じゃぁ待ってる』
「はい!行きます!」

龍之介と合流し、久しぶりの再会に握手を交わした。

「柾海、巧くなっていますね」
『そうだな!巧いなー。でも、龍之介先輩ほどではないだろ(笑)』

「高校野球に戻りたい」という龍之介は今、新しい目標に向かっている。
しっかり者の龍之介だから、必ず目標を達成することだろう。

龍之介!
これからも、がんばろうぜ!

P.S:
髪の毛は、あまり陽に焼かないように!
(^_-)-☆
e0089732_8593688.jpg

突然、「前田さん!」と後ろから声がかかった。

それは、聖望学園戦で投打に活躍した山内優輝選手の父様だった。

ここまで会いに来てくださったんだ・・・
驚きと嬉しさで胸がいっぱいになり感動した。
そして、何度も握手をして、お礼を言わせていただいた。
e0089732_8595821.jpg

優輝父様は、あの頃の優輝と私の写真をプレゼントしてくださった。

こんなに小さかった少年が、
あんな立派な高校球児になってくれていることが夢のようで嬉しかった。

また、その中に健人と優輝の写真や
私のユニフォーム姿の写真もあった!
e0089732_935391.jpg


e0089732_94535.jpg


e0089732_941226.jpg

私の教え子と私を応援してくれた子供同士が試合終了後、
お互いの健闘を称え合いながら握手をしている・・・

あの頃、未来で、こんなことがあるなんて予想も出来なかったことだ。
e0089732_944579.jpg


e0089732_945981.jpg

しかも、今日は優輝の18歳の誕生日だ。

優輝が少年の頃、私を応援してくれた。
これからは私が優輝を応援してゆこうと思う。


今日、柾海が私に感動を与えてくれた。

小学生だった柾海と知り合い、
中学、高校と頑張ってきて、最後の夏に準決勝まで勝ち上がり、
たくさんの観客の前でプレーする姿、テレビに映る姿、
何もかも成長したその姿を見て、感動した。

また、今日、この神宮球場で試合をしてくれたお陰で、
今日という日を私の忘れられない日にしてくれた。

柾海!
感動をありがとう!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-07-24 07:20 | 【前田日記】
野球旅~柾海
昨日に続き、今日も野球旅!
渋滞なし!
駐車場に到着!

リニューアルした新しい球場は、
一昨年の夏に匡輔を応援に来たときとは全く違っていてた。

球場に到着すると、直ぐに柾海と会話をすることができたのだが、
試合前ということもあって、私は多くを語らず、
『がんばれよ!』と言ってスタンドに向かった。

さぁ!試合開始!
先頭バッターの柾海は、いきなり鋭いスイングを見せてくれた。
中学生の頃から、身体能力の高さには素晴らしいものがあったのだが、
体が小さかったこともあり、スイング力は決して高くはなかった。
しかし、今日のスイングは私の想像をはるかに超えていた。
今や、ホームランが打てるトップバッターとなっている。
e0089732_1651132.jpg


e0089732_16513642.jpg


e0089732_16514875.jpg

守備の機敏さや肩の強さとコントロールも抜群である。
何より、体全体のバランスとセンスに磨きがかかっている。

今日は、柾海の打席や守備機会、走塁など全てを見逃さずに観戦した。
ファウルグランドが狭いため、スタンドからショートまでの距離が近く、
声もよく聞こえてくる。
e0089732_1652753.jpg


e0089732_16521695.jpg


e0089732_16522668.jpg


e0089732_16534650.jpg

相手打者の打順やタイプ、カウント、球種などで
守備位置を変えることもしていて、
打球に対する一歩目の集中力やヒットを打った後の初球に
スチールを成功させる積極性も素晴らしかった。
三盗も決めたし、ツーベースヒットも放った。
e0089732_16535674.jpg

試合は大差となり、安心して柾海のプレーを観戦することができた。
時には外野の芝生席に座ったり、相手側スタンドに移動したり、
球場散歩もなかなか楽しいものだ。
e0089732_1655524.jpg

試合終了後、柾海父様と母様を見つけた。
ミーティングを終えるタイミングを見計らって
柾海との記念撮影をお願いした。

柾海自身は、今日のプレー内容に満足していないようだったが、
私から見れば、まったく問題ない内容だった。

「力が空回りしました!」と言う柾海に
『すべて何も問題ないぞ!』と答えた。

ヘッドスライディングで真っ黒になった手とユニフォーム、
そして、壊れてしまったベルトが柾海の元気さを物語っていた。

試合前に私が声を掛けてしまったので、
柾海は、ついつい力が入り過ぎていたのかもしれない?!
御免!(^_^)
e0089732_16555768.jpg


e0089732_1656774.jpg

とにかく、次の勝利を目指してがんばってほしい。

また、7期生の滉君とも会うことができた。
『勉強と野球はどうだ?』と訊くと、
「なんとか大丈夫です!」と言っていた。

少し緊張気味の滉君は私の問い掛けに、
「ハイ!」と気持ちの良い返事をしてくれた。
e0089732_16562462.jpg

今日も高校球児と会うことができ本当に良かった。
そして、元気にグランドを走り回る姿を見ることができ、
嬉しい気持ちである。

3年生にとっての高校最後の夏!
みんな!思いっきり全力で楽しもう!

・・・前田 隆

前田日記写真集はこちら
[PR]
by maeda_takashi | 2010-07-11 09:17 | 【前田日記】
野球旅~太陽
今日の野球旅は東名高速大井松田IC。

あの頃、
クリッとした目をして私のミーティングをよく聞いてくれた。
あれから、4年半。
大きくなっているだろうな~。

曇り空ではあるが、太陽に会いに行く。

では、出発!


・・・中学生の頃は基本を大切にしている選手で、
決して弱音を吐かず、コツコツと努力する男であった。

今は、どんな感じになっているだろう?
そんなことを想いうかべながら、東名高速を西に向かっていると!
逆走してくる車が私の目の前に!
正面衝突は免れたが・・・(^-^)
e0089732_23123082.jpg

無事にグランドに到着。

まずは、いくら大声を出そうとも
決して近所迷惑にはならない素晴らしい環境に驚かされた。
寮と室内練習場がメイン球場に併設されてあり、サブグランドも照明もある。
しかも通学は専用バスを使用している。
最高の野球環境だ。
e0089732_23125141.jpg


e0089732_2313625.jpg

と感心していると、
「おはようございます!」
と後ろから大きく爽やかな声が聞こえてきた。

振り向くと、
「横山太陽です!」

そこには、あの頃とは全く違った太陽が立っていた。
『おぉー太陽!大きくなったなー。誰だか分からん!(笑)』

178cmになった身長もそうだが、
凛々しくなった顔つきにびっくりした!
逆走車のことを忘れるくらいの驚きだった。

驚きも覚めないまま、太陽と握手を交わし、
思わず、手や頭や顔を触ってみた。
よく見ると、俳優になれそうなほど、男前になっていた。
e0089732_23134086.jpg

監督とコーチ、部長と挨拶をさせてもらうと、監督からは
「太陽は真面目にやっていますよ。助かっています」
と言っていただいた。

現在、90名近い部員の中でレギュラーを取り、
1番や3番バッターを任せられる選手になっている。
高校生になっても努力し続けてきたのだろう。
e0089732_23251482.jpg

試合中に見る集中した表情や走る姿、打つ姿、投げる姿が、
あの頃を想い出させてくれて、今のこの姿が嬉しかった。
来月に開幕する高校生最後の夏を精一杯、駆け抜けることだろう。

がんばれ!
太陽!
e0089732_23142481.jpg


e0089732_23144917.jpg

ところで、古代エジプトでは太陽を神として崇拝していた。
日本では太陽を神格化した天照大神を崇めていた。
そもそも“日本”という国号は中国やインドなどの大陸側から見て、
東にあることから“日出づる国”と呼ばれていて、
国旗も太陽をモチーフとしたデザインである。
e0089732_23154440.jpg

それにしても太陽父様は良い名を命名したものだ。
将来、太陽の子供は、
「おてんとう様が見ているから悪いことをしてはいけない!」
と思うことだろう。
(^_-)

今日は太陽で日焼けしつつも、太陽に元気をもらった。

太陽父様!
今日はいろいろと有り難うございました。
太陽が成長した姿を見ることができましたし、話をすることもできました。
e0089732_23162316.jpg

高校生最後の夏に向けて、今!

太陽は燃えている!

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-06-05 05:55 | 【前田日記】
野球旅~蛍 日本女子プロ野球開幕戦
西京極駅に到着すると、大先輩とお会いすることができた。

荻野さん(元巨人)、平田さん(元阪急)、西岡さん(元南海)、
そして、日本女子プロ野球機構のスーパーバイザー太田幸司さんとも。

荻野さんからは、
私が京都まで応援に来ていることを
「素晴らしいことだ!良いことをしている!」と言って褒めいただき、
蛍にも多くのアドバイスをしてくれて、本当に感謝の気持ちだ。

また、私が現役当時にお世話になった記者、中村さん(現:神戸新聞社)とも
お会いすることができて、野球の繋がりに感謝した一日だった。

わかさスタジアムに着くと直ぐに、一塁側ベンチで蛍と会うことができた!
また、京都ADの大熊監督とも話をさせていただくこともできた。
大熊監督が
「良い選手ですよ!」
と仰っていただいたことが自分のことのように嬉しかった。
e0089732_13124474.jpg


e0089732_1313024.jpg

多くの球団関係者と挨拶を交わし、
蛍から預かった弟へのプレゼントと私へのプレゼントを持って、
スタンドに向かった。

スタンドでは、
蛍ファミリー様と侑希母様、剛暉母様、脇本母様と観戦をすることができた。
e0089732_13141370.jpg


e0089732_13142957.jpg

母様達3名が京都まで応援に来ていることに本当に感動した。

私が応援していることは普通の事なのかもしれないが、
こうして、応援に駆けつけた母様方の姿に
“心”を感じずにはいられない。

また、“終わりなき様”もスタンドで応援されていたということを知り、
感謝と感動で胸がいっぱいになった。

野球の繋がりによる久しぶりの再会や心温まる応援団の気持ちが
野球旅の意味を深めてくれる。

私も含めて応援団同士が、
お互いの心を感じ合える!
その時を共有できる!
野球旅とは、そんな関係を築いてくれる旅でもある。

蛍母様から頂いた“荒井蛍物語”を読んでいると、
がんばっていた蛍の姿や伝えてきた言葉の一つ一つが甦ってきて、
あの頃が懐かしくて、あの時に戻りたいとも思った。
e0089732_13153034.jpg

少し冷え込む気温ではあったが、蛍父様からお借りした上着と
蛍母様から頂いた“北欧ドッグ”が寒さを和らげてくれた。
e0089732_13155070.jpg

試合は、開幕セレモニーや抽選会などで開幕戦を盛り上げていた。
勝ち負けではなく、“女子プロ野球の始まり!”というこのグランドで、
選手達の意気込みや球団関係者の想い、お客様からの温かい応援と拍手、
そして、蛍の姿をこの目に焼き付けることができたことが嬉しい。
e0089732_13323086.jpg


e0089732_13165692.jpg

試合終了後には、
蛍を始めとして両チームの選手達が
取材や写真撮影、サイン攻めに追われていた。

私もこんな時があったな~(笑)と思いながら、
蛍をプロ野球選手として再認識する光景でもあった。
e0089732_1318202.jpg


e0089732_13183480.jpg


e0089732_1319119.jpg

蛍の妹と弟である香穂と大輝の二人は、とても面白く、
『蛍が家に居ないと寂しくないか?』と聞くと、
「蛍が居ないから家の中が静かで良いです!(笑)」
と口を揃えて言っていた。

香穂に、
『姉妹喧嘩はしなかった?』と聞くと、
「蛍と喧嘩しても力が強くて負けるので喧嘩はしませんでした(笑)」
と言っていた。
e0089732_13193262.jpg

球場を後にして、四条河原町で今日の開幕と蛍の未来に乾杯をした。
やはり、一緒に応援した方達との乾杯は格別に美味い!
(^_^)
e0089732_13195312.jpg

ホテルに着くと早速、
「今日は、ありがとうございました!」
と蛍から電話をもらった。
『体を大切にして、がんばって!』
と言って電話をきった。

気合の入った髪形!
プロ選手としての顔つき!
ファンサービスをする和かな表情!
感謝とお礼の言葉!
今日は本当に良い一日だった。

蛍は投手として先発ローテーションが組まれていると思う。
次は先発して、勝利投手となることを祈っている。
e0089732_13204967.jpg

京都ADと兵庫SS、
日本女子プロ野球機構の発展を祈って京都を後にした。


翌日は、いつもの如く城巡り。
(^_^.)
候補は清洲城、彦根城、安土城などいくつかあったのだが、
安土城に行くことにした。
京都駅から40分程度で安土駅に着くと、信長像が出迎えてくれた。
e0089732_132379.jpg

安土城とは言わずと知れた織田信長の城である。

1576年(天正4年)1月17日に築城を開始し、
1579年5月に天主(天守)が完成した。

大手道と呼ばれる真っ直ぐな石段の両側には、
信長の近臣たちの屋敷跡が並んでおり、
定かではないが、
羽柴秀吉邸や前田利家邸、徳川家康邸だったと云われている。
e0089732_13258100.jpg


e0089732_13252116.jpg

大手道から続く急な石段を登り、黒金門から信長公本廟や本丸跡と、
汗だくになりながら天主跡を目指した。
行き交う人々の殆どが、貸出をしている杖を使用しているほど
不安定で傾斜があり、スーツ姿は私一人だった。
(^_^;)
e0089732_1326429.jpg

やっとのことで天主跡に到着!
e0089732_14592899.jpg

天主跡から見上げた空と琵琶湖を見下ろす景観が何度も独り言を言わせた。
(笑)
この山頂に
“天下布武”を象徴する地上6階、地下1階の天主があったのかと思うと、
感嘆のため息と感動を覚えずにはいられなかった。
e0089732_13265837.jpg


e0089732_13272170.jpg

信長が触れたであろうと決め込んで、その石や木に触ったりもした。
(^_^)
この場を離れたくない!
という思いを振り切り、三重塔や二王門を通り下山した。
e0089732_14551191.jpg

安土駅へ向かう農道からは、何度も後ろを振り返り、
安土山の風景や信長の夢と家臣達、
築城に関わった延べ100万人以上の人々のことを思った。

昔も今も変わらないこと!
それは、誰もが”夢をもち続けている!”
ということだろう。

東海道本線琵琶湖線を米原方面に向かいながら、
左側に見える彦根城も心に残る姿であった。

先週、東京から始まった旅は福岡、京都、滋賀と移り、
その時々での出来事や風景を心に刻むことができた。

その中でもやはり、6年半前に知り合った少女が今、
プロ野球選手として、グランドに立っている姿が一番嬉しい!

これからの女子野球界全体を応援してゆこう!
そして、
蛍の新しい夢を、いつまでも応援してゆきたいと思う。
e0089732_13393398.jpg

侑希母様!
侑希のスーツ姿の写真を送って下さい。

剛暉母様!
剛暉のユニフォーム姿の写真を送って下さい。

脇本母様!
またどこかでお会いしましょう。

終わりなき様!
次回は是非とも、お目に掛かりたいと思っています。

皆様!本当にお疲れ様でした。
m(__)m

蛍父様!
蛍母様!
皆様と一緒に応援することができて本当に嬉しく思います。
蛍の初勝利の日を私も祈っています。

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-04-25 12:34 | 【前田日記】
開幕戦チケット
今週、開幕を迎える日本女子プロ野球。

先日、前売引換券の予約をした。
引換券は当日券が1500円のところ、1000円で購入できる。

そうしたところに、蛍から電話があった。

「チケット送ります!何枚、必要ですか?」との問いに、
『1万枚!(笑)』と答えたかったが、
『1枚!』と、お願いした。

仕事で行けないと言っていた知人たちは、とても残念がっていた。
皆、口を揃えて、
「東京ドームで試合をしてほしい」と言っていた。
(笑)


昨日は雨のため中止となった野球旅を変更することとなり、
南アルプスの山々や桃の花、甲府城、ハイジの村を観光した。
e0089732_842668.jpg


e0089732_8434455.jpg


e0089732_8451256.jpg

観光の前に、試合を予定していた小瀬球場に寄った。

『このグランドコンディションだったら試合ができたな!』
「今からすればいいのにね」
と娘と会話をしながら、
『この球場で彼らは甲子園を目指し、青春したんだな~』と、
佑樹、季之、直樹、功平、勇斗、正児のことを思い浮べた。
e0089732_8464973.jpg

よく待ち合わせをした駐車場横の
このベンチで一休みをして、甲府城へ向かった。
e0089732_850596.jpg

彼には会えなかったが、
甲府の知人6人と会うことができて、楽しい旅だった。

帰りの車では、
運転する私を気遣って、眠たさを我慢している娘の目が面白い。
(笑)
『寝ていいんだよ』
「父ちゃんが運転頑張っているから寝ないよ」
と言った娘は大月JCくらいまで頑張ってくれた。

無事に旅を終えて帰宅すると、
蛍から贈られてきたチケットと手紙が届いていた。
e0089732_8525353.jpg

ありがとう!蛍!
開幕戦が近づくに連れて、ワクワクさが増してくる。
プレーボールが待ち遠しい。

さぁ、明後日から福岡。
そして、京都。

日本女子プロ野球の新たな1ページが始まる。

・・・前田隆

前田日記写真集はこちら
エキサイトリーダーに登録
[PR]
by maeda_takashi | 2010-04-18 08:33 | 【前田日記】
合流!(^-^)
e0089732_2154478.jpg

優しい悪魔様との合流達成!
なぜ?
この二人が、ここ博多にいるのだろうか!
(笑)

縁だ!
楽しむ!
みんな集合!
(^-^)
[PR]
by maeda_takashi | 2010-04-09 21:54 | 【前田日記】